• 不動産クラウドファンディング, 不動産投資
  • 2022/4/19 (更新日:)

クリアルのクチコミ・評判は?不動産投資クラウドファンディング

クリアル

ここ数年かなり浸透した不動産投資クラウドファンディング

国土交通省が発表している不動産特定共同事業法に基づく許可事業者の数も150を超えています。

しかしクラウドファンディングやソーシャルレンディングは、個人がネットで資金を調達するもので、しかも匿名性が高く少し怪しいのでは?…などのイメージも残っていると思います。

多くの事業者からどこを選べばいいかも分かりにくいものです。

今回は、毎月不動産に興味ある方が数万人訪問するメディアである不動産投資の教科書が、不動産投資クラウドファンディング事業者の中でも「手堅い」「透明性が高い」と言われている企業「CREAL(クリアル)」に注目してみたいと思います。

  • 不動産投資クラウドファンディングとは?REITとの違い
  • 投資初心者でもやりたくなる「クリアル」3つの特徴
  • 投資にはつきもの!リスクと注意点
  • クリアルの評判・口コミは?

この記事をお読みの方は、以下の記事も併せてお読みください。

不動産のクラウドファンディングとは?選び方やおすすめを紹介

不動産投資型
クラウドファンディングの選び方

目次を一部公開!
  1. 不動産投資型クラウドファンディングの概要
  2. 不動産投資型クラウドファンディングの
    メリットデメリット
  3. 不動産投資型クラウドファンディングの選び方
  4. おすすめのクラウドファンディングサービス


1、不動産投資クラウドファンディングとは?REITとの違い

不動産投資クラウドファンディングとは、インターネットで資金を募集し、その資金でマンションや商業施設などの特定の不動産に投資、運用や売買までおこない、収益を投資家に分配するものです。

REITは不動産自体を証券化しその証券を売買するもので、投資信託の部類に入ります。様々な投資家から資金を集め、複数の不動産に投資します。証券化しているので金融市場に影響され、値動きが激しくなることもあります。

2、投資初心者でもやりたくなる「クリアル」3つの特徴

本章では、投資初心者でも始めやすい「クリアル」の特徴を3つ解説します。

  • 不動産投資物件の詳細情報が分かる透明性
  • 手堅い運用と毎月配当
  • 1万円からの少額投資可能、口座開設・維持手数料は無料

(1)不動産投資物件の詳細情報が分かる透明性

いわゆるソーシャルレンディングサービスは、貸金業法によって投資先の情報を開示しない事で「怪しい」「信用できない」というハードルがありました。

しかしクリアルは貸金業法ではなく不動産特定共同事業法が適用されているため、投資家が投資物件の詳細な情報を見る事ができます。

ファンドの概要、物件の住所、設備状況などが詳細に公表されているため、投資家にとって安心できるポイントになっています。

(2)手堅い運用と毎月配当

クリアルを運営している株式会社ブリッジ・シー・キャピタル(2021年3月に社名をクリアル株式会社に変更)は元々不動産ファンドの事業を行っていました。

不動産運用のプロあり、億単位での案件も得意としているため、そこが強みでもあります。

コロナ禍では、すでに運用中だったホテル案件をオフィスに用途変更し安定収益を確保するなど、強みを発揮しています。

クリアルのファンド一覧をみてみると、想定利回り(年利)は3〜8%のミドルリターンと手堅く、投資した物件についての配当金が毎月分配されます。株のように配当があるのは嬉しいですね。

(3)1万円からの少額投資可能、口座開設・維持手数料は無料

不動産投資というとハードルが高いイメージですが、クリアルは1万円からのいわゆる少額投資が可能です。

また、口座開設や開設後の維持手数料はかかりません(口座に入金・出金する際に金融機関に支払う手数料は発生します)

1万円から始められる投資なら少しずつ開始出来ますし、配当もあるのでまずは勉強として挑戦してみるのも良いでしょう。

3、投資にはつきもの!リスクと注意点

1万円から始められ、配当もあり、物件の詳細も開示されると言ったメリットがとても大きいクリアルですが、リスクも投資にはつきものです。

本章では、リスクや注意すべき点を2つ解説します。

  • 元本保証ではない
  • 出金手数料がかかる 

(1)元本保証ではない

クリアルのファンド詳細ページには想定利回り(年利)が記載されていますが、これは元本保証ではありません。

またこれはクリアルだけではありませんが、クラウドファンディングやソーシャルレンディングは途中解約ができず、お金が引き出せません。

運用中に市況に大きな変化が起きて不動産価値が下がったり、不況になると影響を受けます。このようなリスクを頭に入れておくべきでしょう。

(2)出金手数料がかかる 

少額から投資できて配当が毎月あるクリアルですが、口座から配当金を出金する際には手数料がかかります。

楽天銀行口座利用の場合52円(税込)、その他の銀行であれば3万円未満は168円(税込)、3万円以上は262円(税込)なので、注意しておきましょう。

4、クリアルの評判・口コミは?

Twitterでクリアルの評判や口コミをみると、投資家に好評のようです。

>>累計調達額100億円突破!クラウドファンディング「クリアル」はこちらから

不動産クラウドファンディングはどう選ぶ?
  • 不動産クラウドファンディングには2種類ある?
  • 不動産クラウドファンディングのメリットデメリット
  • 比較すべき4つのポイント
etc...

まとめ|口座開設しておくのがおすすめ

クリアルは常に投資を募集しているわけではありません。応募金額が目標に達すると受付終了となります。人気の募集物件は、応募が殺到し数時間ですぐに受付が終わってしまうものもあります。

クラウドファンディングは初めてでちょっと不安な場合や、不動産投資に興味があるけれど予算的に難しいなど、「ちょっとやってみたい」初心者のかたに面白いサービスであるクリアル。

会員登録から口座開設・口座維持手数料は無料でできる上、会員登録・本人確認は3日程度とスピーディなので、まずは口座だけでも作っておき、気になる物件の投資が募集されるのにそなえておくことをおすすめします。クリアル

お申し込みサイトはこちら

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう