• ニュース
  • 2022/6/21

【投資をしたいけど始められない】世帯年収と資産形成の密接な関係とは

株式会社Wizleapは、20代〜50代の男女1000名を対象に、Webアンケートにて「資産形成についての意識調査」を実施しました。

質問内容は、次の2つです。

  • ①資産形成(※)に危機感があるか
  • ②資産形成をしているか

※本調査における「資産形成」の定義

株式・投資信託・預貯金・生命保険・不動産・お勤め先企業での積立・仮想通貨などで、運用・貯蓄を行なっていること。

株式会社Wizleapはお金に関する悩みを解決する、マネーキャリアを運営している企業です。

今回は、本調査の結果と、本調査の結果から見えた世帯年収と資産形成の関係について紹介します。

調査①資産形成に危機感があるか~約8割の人が危機を抱えている

引用:マネーキャリアPRtimes

世帯年収300万円未満の人のうち、なんと86.9%が「資産形成に危機感がある」と回答しています。

全体的にみても、それぞれの世帯年収ごとの約8割の人が、「資産形成に危機感がある」と回答していることがわかりました。

では、実際に資産形成をしている人はどれくらいいるのでしょうか。次章でみていきましょう。

調査②資産形成をしているか〜実際に資産形成をしているのはどれくらい?

引用:マネーキャリアPRtimes

前章でみたように、世帯年収300万円未満の人の8割以上が「資産形成に危機感がある」と回答しましたが、同じく世帯年収300万円未満で実際に資産形成しているのは50.5%のみ。

この結果から、36.4%の世帯が「危機感はあるが実際に資産形成ができていない」状況にあると判明しました。

この一連の調査からわかることは、世帯年収が低下するほど実際に資産形成できておらず、「資産形成と世帯年収は密接な関係にある」ということです。

調査概要

【調査対象者】 1,000名(世帯年収1500万円以上はカウントせず、949人で算出)

【調査期間】2022年5月10日(火)~2022年5月12日(木)

【対象者条件】

性 別:男女
年 齢:20歳~59歳
地 域:全国
割付条件:各年代男女別で125名の均一回収
調査方法:Webアンケート
調査会社:株式会社ネオマーケティング

 

会社概要

「マネーキャリア」は「資産形成をしていない」「何から手をつけていいかわからない」人でも気軽に資産形成を始められるきっかけを作るサービスです。

ライフプランに関して、情報をわかりやすくユーザーに届け、最適な解決策を提供することによって、ユーザーの意思決定をサポートする事業を展開します。

将来の資産形成に不安があるけどなかなか投資ができない…とお悩みの方は、ぜひマネーキャリアを利用してみてはいかがでしょうか。

お金の相談プラットフォーム「マネーキャリア」

URL:https://money-career.com/

  • 株式会社Wizleap
  • 【代表取締役】谷川昌平
  • 【所在地】〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ606号室
  • 【お問い合わせ】株式会社Wizleap 広報部
  • E-MAIL:info@money-career.com

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。