• 不動産投資, 不動産投資会社
  • 2022/2/3

不動産投資会社の選び方!失敗しない7つのポイント【保存版】

不動産投資会社選びは、不動産投資を行う上で最も重要といっても過言ではありません。
なぜならば、不動産投資会社によって回ってくる物件・地域が異なるほか、価格が異なる場合もあるからです。
営業力のある不動産投資会社であれば、立地のよい物件や今後値上がりする可能性のある物件の紹介も得やすくなります。
そこで、この記事では、7つのポイントから、失敗しない不動産投資会社の選び方について解説していきます。

当社「不動産投資の教科書」では、おすすめの不動産投資会社について「おすすめの不動産投資会社31選!【全国・2022年最新版】」で紹介しておりますので、合わせてご参考ください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう


1、不動産投資会社の選び方がなぜ重要なのか。

(1)不動産投資の成否を決めるため

不動産投資会社は、顧客である投資家に不動産投資を成功してもらうことによって、さらに投資してもらえたり、紹介や口コミで新たな顧客を獲得したりすることができます。
投資家に不動産投資を成功してもらうことによって実績を積むため、不動産投資の購入だけでなく様々なサポートを担うのです。
そのサポートが良質であれば、その先の不動産投資が成功する可能性が高まるため、不動産投資会社選びが重要なことがわかります。

不動産投資会社選びの重要性について、詳しくは「なぜ、不動産投資会社&営業マン選びは重要なのか?」で、詳しく解説しておりますので、合わせてご参考ください。

(2)不動産投資会社選びに失敗すると…?

不動産投資会社とは、投資用の「収益不動産」物件を販売する会社です。

不動産投資会社は、不動産投資を成功させるための重要なパートナーになります。不動産会社選びを間違えると、投資が大失敗してしまう可能性もあるのです。

収益性の高い不動産を扱う不動産投資会社は、入居者募集や賃貸管理、そして何より収益性の高い物件を紹介できる情報や知識が必要です。

不動産投資会社によっては、不動産投資を行う上で恐れられている「空室リスク」を誘発してしまうかもしれません。

不動産投資会社選びの失敗について、詳しくは「不動産投資会社選びを失敗したらどうなる?選び方の重要性」で解説しておりますので合わせてご参考ください。

(3)押さえておきたい不動産会社の知識

不動産売買を行うにあたって、売買取引における不動産会社の関与の仕方には、3つの取引形態があることを覚えておきましょう。
3つの取引形態とは、以下の通りです。

  • 売主
  • 代理
  • 仲介

①売主

売主とは、不動産会社自らが所有する物件を販売する場合であり、この場合には購入時の仲介手数料はかかりません。

②代理

代理とは、売主の代理人となって不動産投資会社が売買をすすめる方法です。買主は仲介手数料を支払う必要がありませんが、売主は手数料を支払う必要があります。

③仲介

仲介とは、売主と買主の間に不動産投資会社が入り取引を仲介するものです。買主も売主も仲介手数料を支払う必要があります。

いずれの取引方法で行うかは、不動産投資会社、また物件の所有が誰によるかでも変わってきます。

2、不動産投資会社の選び方|7つのポイント

失敗しない不動産投資会社の選び方として、7つのポイントが挙げられます。
今回紹介する7つのポイントは、以下の通りです。

  • 物件選びが“顧客目線”
  • 将来性を含めた物件の説明が詳しい
  • リスクの説明と対策
  • アフターフォローの充実さ
  • 実績が多く、口コミの評判が良い
  • 無料の相談会やセミナーを開催している
  • 金融機関の提携が豊富

それぞれの解説をしていきます。

また「不動産投資の教科書」が独自で重視する良い不動産投資会社の見分け方を「「不動産投資の教科書」が重視する良い不動産投資会社の見分け方とは?」で紹介しておりますので合わせてご参考ください。

(1)物件選びが“顧客目線”

良質な不動産投資会社を選ぶポイントの1つとして、物件選びが「顧客目線」であるかどうかということが重要です。

具体的には、買い手のニーズを的確に汲み取り、個人の資産状況等を考慮して提案をしてくれるかどうか、見当違いな物件を提案しないかどうかという点で見極めることができます。
場合によっては、「今はお客様にあった物件がないのでお待ちください」とはっきりいってくれるかどうかも1つの指標となるでしょう。

不動産投資物件は高額な買い物のため、買い手にとって安心できるかどうかが重要です。
その会社が顧客の都合や要望を無視して物件を売ることだけに集中していれば、顧客の安心感は自ずと薄れてしまうでしょう。

不動産投資会社、さらにはその会社の営業マンが、常に顧客目線に立ったヒアリングと説明をしてくれるかという点に注目しましょう。
不動産投資家は、予算や条件が各々異なりますし、希望する投資案件の種類も異なるため、丁寧なヒアリングと説明が必要不可欠です。
総合的にしっかりと根拠に基づいた提案をしてくれるかどうかを、投資家としては見極める必要があります。

営業マンの重要性について、詳しくは「不動産投資の成功には優秀な営業マンが不可欠!信頼できるパートナーを見つけよう」で詳しく解説しておりますので、合わせてご参考ください。

(2)将来性を含めた物件の説明が詳しい

不動産投資会社の選び方の2つ目のポイントとして、物件について詳しく説明してもらえるか確認しましょう。

投資家は、対象物件がどれだけの収益を上げることができて、どんなリスクを抱えているのか把握しておく必要があります。

適切な収支シミュレーションを提示できるのも、良い不動産投資会社といえるポイントです。

不動産投資は、長期間にわたり物件を所有し、安定した収益(インカムゲイン)を得る投資になります。
しかし、不動産投資によって得られる家賃収入すべてを得られるわけではありません。
家賃収入から、金融機関への返済や物件の所有にかかる税金、経費や修繕費などのさまざまな支払いが必要です。
そのため、これら経費を支払ったあと実際に得られる収益はどれくらいなのか、購入前に適切なシミュレーションを提示できる不動産投資会社を選ぶようにしましょう。

例えば、以下の項目などがしっかりと含まれたシミュレーションであるかを、確認する必要があります。

想定賃料を高く見積もっていないか
空室率を考慮しているか
管理費、固都税、火災保険料、修繕費などの経費を見込んでいるか

想定賃料は周辺のエリアで同程度の物件家賃を調査したうえで設定する必要があります。
しかし、不動産投資会社によってはとにかく物件を早く売りたいため、高く見積もって提示するケースも少なくありません。

空室率も同様に早く売りたいため、経費などを含めない満室時での表面利回りでシミュレーションし、かなりの優良物件として紹介することも考えられます。

固定資産税や都市計画税などの税金のほかにも、管理費や修繕費、火災保険などの経費がかかります。
耐用年数によって計上できる減価償却費もシミュレーションされてなければ、節税対策にも影響が出るでしょう。

また、物件については将来性も非常に重要なポイントです。
不動産の価値は、時間と共に必ず変化しますので、不動産投資は長期的な視点が必要不可欠です。

売却や長期保有を考慮した場合に、今後の投資戦略をどう描いてくれるのかが明確な不動産投資会社であれば、計画的な不動産投資が行えます。

(3)リスクの説明と対策

不動産投資会社の選び方の3つ目のポイントとして、不動産投資にかかるさまざまなリスクや投資の失敗例の説明があるかどうか、さらには対策があるかどうかまで確認しましょう。

何がリスクとしてあり得るのか、投資の失敗にはどんなケースがあるのか、過去の事例をもとに教えてくれる不動産投資会社は、信頼におけるといえます。
リスクや失敗例を聞くことで、それを参考にして失敗しない不動産投資を心がけることができるでしょう。

不動産投資の代表的なリスクと言えば、「空室リスク」と「家賃滞納リスク」でしょう。
不動産投資では、購入後の不動産管理をどこに任せるかも重要です。
会社によっては、空室リスクの対策として空室保証などの補償サービスを導入している会社もあります。
空室や家賃滞納などがあった場合に具体的にどんなことをしてくれるのか購入前に確認しましょう。

起こりうるリスクに対して防止策や解決策まで提案できる不動産投資会社は、買い手の安心感の向上にもつながります。
起こりうるリスクの対策まで考えているのは、まさに顧客視点の信頼できる不動産投資会社であると言っても良いでしょう。

(4)アフターフォローの充実さ

不動産投資は、物件を購入したら終わりではありません。
購入後に適切な管理をしていく必要があるので、投資した不動産を適切に管理し、入居率が下がれば広告やリフォームなどの新たな施策を考えなければいけません。

不動産投資会社選びには、購入後のサポートである「アフターフォロー」がしっかりしているのか見極めましょう。
アフターフォローとして、確定申告のサポートや出口戦略である物件売却の相談も可能です。
税理士を紹介してくれるなど、面倒な確定申告のサポートを受けられます。
売却では、今までの収支を把握しているため、どれくらいの価格帯なら損をせずに売れるかなど判断してくれるのです。

また、ワンストップ型で対応してくれるかどうかという点も重要です。
不動産投資では、投資した物件の継続的なメンテナンスが大切なので、投資案件の紹介と同時に、その物件の維持・管理を受け持つ「ワンストップ型」を打ち出している不動産投資会社も少なくありません。

不動産投資の管理業務は非常に面倒で複雑なことが多いため、初めて不動産投資に挑戦してみようという方は、ワンストップ型のサポートを受けられる会社を選ぶといいでしょう。
物件の売買だけではなく、管理や維持に関するノウハウを多く持つ不動産投資会社は、高い入居率をキープしていることが多いため、会社選びの重要な指標になります。

(5)実績が多い・口コミの評判が良い

不動産投資会社の良し悪しを判断するポイントとして、実績の多い・口コミによる評判の良さ、という点も参考になります。

実績は、社会的な信用度を判断するうえでは、最もわかりやすい指標です。
不動産投資では、大きな金額が動く取引であるため、社会的信用度があるかどうかは取引量や実績と直結します。

会社の規模が大きければ良いというわけではないですが、会社の規模が大きければそれだけ実績を積んでいる可能性が高いと言えます。

会社の規模を判断するには、株式を公開している上場企業であることも目安になります。
上場するには、継続性や収益性、健全性など厳格な審査をクリアする必要があるため、実績や経験などの目安になるのでしょう。

上場企業の不動産投資会社については、「上場している不動産投資会社5選!投資会社を選ぶポイントも解説」で、紹介しておりますので、合わせてご参考ください。

実績という点では、入居率や契約数、リピート率などが重要です。
会社のホームページを覗くと、取引情報を掲載していることが多いため、必ず確認しましょう。取引情報が具体的に掲載できていない企業は、実績をあげていない可能性があります。

また、実際に利用した人の意見である「口コミ」の評判は、不動産投資会社選びの参考の1つです。
より参考にできる口コミは、会社が掲載している口コミよりも、インターネットの掲示板や不動産投資家の知り合いに聞くことが良いでしょう。

入居率を重視したいという方は、「高入居率を誇る不動産投資会社5選!不動産投資に関する基礎知識も解説」も合わせてご参考ください。

(6)無料の相談会やセミナーを開催している

不動産業界は情報の移り変わりの激しい業界です。
不動産投資会社だけでなく、不動産投資家も常に最新の動向について、情報をアップデートしておく必要があります
最新の情報を入手して提供することは、継続的に投資家をサポートしているかどうかを示すポイントとしても重要になります。
したがって、相談会やセミナーを定期的に開催している会社かどうかも、会社選びのポイントとなるのです。

初心者向けのセミナーだけでなく、税務関連のセミナーや最新の法令に関する情報を提供する講座といった、中上級レベルの投資家向けセミナーなども開催しているかどうかにも注目しておくといいでしょう。
こうしたテーマを扱っている会社では、不動産投資に関するノウハウや知識が豊富で、投資家に対して継続的に最新の情報を提供している可能性が高いです。

相談会やセミナーを利用して、不動産投資に対する疑問や不安を解決しましょう。

(7)金融機関の提携が豊富

不動産投資会社選びでは、その会社の提携先が豊富なのかどうか確認するようにしましょう。不動産投資において、非常に重要となってくるのは「融資」です。
融資を受けることができれば、自己資金が少なくても大きなレバレッジ効果を効かせられます。
もっとも効率的なのは、自分の属性にマッチした金融機関から融資を受けることです。

金融機関には都銀や地銀、信金や信組、ノンバンクなどさまざまな種類があり、利用条件や金利などにも違いがあります。
これらの中から、もっとも自分の属性に適切な金融機関を提案してくれる不動産投資会社を選択するのが重要です。

そのため、不動産投資会社が提携している金融機関が多いと、有利な融資を受けるチャンスが広がります。
多くの金融機関と提携しているということは、その不動産投資会社が社会的に信頼されている証拠にもなるのです。

3、不動産投資会社を探すポイント

ここまで不動産投資会社の選ぶポイントを紹介しましたが、実際に不動産投資会社を探すときに使えるポイントをご紹介いたします。
今回紹介する不動産投資会社の選ぶポイントは、以下の通りです。

  • 不動産業界に精通した専門家に教えてもらう
  • 不動産投資をする友人や知人から聞く
  • カンドオピニオン

(1)不動産業界に精通した専門家に教えてもらう

不動産投資に限らず、不動産業界は人とのつながりが非常に重要な業界です。

不動産業界は情報の移り変わりの激しい業界であり、まだまだ古い体質も多く残る業界なので、重要な情報はなかなか表に出てこない、ということが多々あります。

そのため、不動産業界に精通した専門家に信頼できる不動産投資会社を教えてもらうことが最も手っ取り早い方法です。
具体的に言えば、不動産投資会社に勤める友人や知人に聞くことができれば良いでしょう。
不動産投資に精通した方が、セミナーや相談会等を開催していたら積極的に参加して情報を聞き出すことも1つの有効な方法となります。

(2)不動産投資をする友人や知人から聞く

不動産投資を実際に行っている友人や知人から話を聞くことも、信頼できる不動産投資会社を探すための有効な方法と言えます。

「今回が初めての不動産投資で、気軽に相談できる友人や知人がいない」という方でも、これから不動産投資家のネットワークを広げることはできます。

現在はSNSが普及し、気軽にメッセージを送ることができる時代です。
不動産投資に関しての投稿がある方に、積極的にメッセージを送ることで、不動産投資家とのネットワークを自ら広げることができるかもしれません。
また、不動産投資のセミナーや相談会に積極的に参加して、知り合うこともできるでしょう。

不動産投資では、投資家同士の横のつながりが非常に重要になります。質の高い情報は、こうしたコミュニティーの間で交換されることが多いからです。

投資家同士での情報交換のメリットは大きく、投資家同士の情報交換会などのイベントはあちこちでかなり頻繁に行われています。

情報過多となってしまうことは避けるべきですが、実際に投資を始めるのであれば、こうしたイベントにはできるだけ積極的に参加した方がいいでしょう。表面上ではわからない、ディ―プな情報を得られる可能性が高いです。

(3)セカンドオピニオン

初めての不動産投資であれば、悩みや不安は尽きないですよね……。
悩みや不安をゼロに近づけたいというあなたには、「セカンドオピニオン」を利用して不動産投資会社を選ぶことをお勧めします。

不動産投資会社の中には、割高な物件を販売したり、顧客に損失を与えるような物件を販売したりするなど、信頼できない一部の不動産会社があるのも事実です。

そこで、不安や悩みを解消するために「セカンドオピニオン」を使って第三者に意見を求めましょう。

本当に良い不動産投資会社だけを紹介するメディア「不動産投資の教科書」では、「セカンドオピニオン」サービスを展開しております。

「自分騙されてないかな……?」
「この会社、信頼しても大丈夫……?」

そんな疑問に、当社のセカンドオピニオンサービスは、メディアという不動産投資業界の第三者という視点でお答えしていきます。

不動産投資について悩みや不安がある方は、是非ご活用ください。

まとめ

今回は、不動産投資会社の選び方について、重要な7つのポイントを紹介しました。

不動産投資では、会社選びが投資の成否を分けるといっても過言ではないくらいその後の命運を左右するくらい重要です。

また、不動産投資は長期的な投資になるため、不動産投資会社とは長く付き合っていく必要があります。長い付き合いになるからこそ、信頼できる不動産投資会社選びが重要です。

ぜひ、今回ご紹介した基本的なポイントを押さえたうえで、自分にピッタリのパートナーとなる会社を選んでいただければ幸いです。

実際に不動産投資会社を選ぼうとしている方は、「おすすめの不動産投資会社31選!【全国・2022年最新版】」こちらを参考にしてみてください。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう