• 不動産投資, 不動産投資家
  • 2022/2/22

40代で不動産投資を始めれば2000万円の貯蓄は余裕です。

「キャリアである程度成功を収めたと言える。」

「そろそろ投資を始めてお金に全く心配のいらない人生にしていきたい。」

「ただ、長期的に安定して収益を出せるか不安。」

そんな葛藤を持っている40代の方に向けた記事になっています。

40代は、ある程度年収も安定し、貯蓄もゆとりが生まれてくる世代です。

しかし、お金をそのまま講座に入れておく時代はもう終わり、お金を働かせる時代と言われているのをご存知ですか?

今回は、

  • 40代が不動産投資をするべき理由
  • 40代の不動産投資のポイント
  • 40代で不動産に向いている人
  • 40代が行う不動産投資の注意点

など、リスクが低い不動産投資について、不動産投資に関連する情報を発信しているメディア不動産投資の教科書解説をしていきたいと思います。(伊藤亮太・ファイナンシャルプランナー)

この記事をご覧の方は以下の記事を合わせて読むとさらに理解が深まります。
不動産投資家への最短4ステップと参考にしたい5人の投資家






初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)


これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。

1、40代が不動産投資をするべき理由

40代の場合、不動産投資は比較的行いやすい人が多いでしょう。なぜなら、年齢を重ねている分、勤続年数が長くなっている人も多く、給与も安定しており、ローンが通りやすいといえるからです。これは20代など若年世代にはない強みです。

つまり、信用度が高まる世代のため、ローンを利用した不動産投資が可能なわけです。ローンをうまく活用しながら、不動産投資を行うことで資産形成ができる。その最も中心となるのが40代なのです。このことが、40代が不動産投資をすべき理由といえます。

なお、万が一のことがあった場合にはローンは団体信用生命保険(団信)でカバーされます。団信は、原則として金融機関からローンを組む場合には加入することになります。そのため、万が一の場合には、物件を子どもや妻などに残し、その家賃収入を遺族の生活費に充てることができるので、ローンを組むことには安心感を持てるでしょう。

ただし、注意点もあります。それはローンの返済期間です。40代の場合、20~30年と比較的長期で借り入れができますが、最終的に返済ができないと意味がありません。長期で借りた場合に最終的に返せる見込みが立つかどうかをしっかり検証すべきでしょう。

2、40代の不動産投資のポイント

40代における不動産投資のポイントは、「ローン返済見込みが立つかどうか」に加えて、家賃収入について「目的を持って使うのか」あるいは「貯蓄するか」をしっかり考えることです。例えば、住宅ローンの返済に充てる資金として不動産投資の家賃収入を検討することもよいでしょうし、老後の備えを目的とした資金確保のために家賃収入を充てるといった考え方でもよいでしょう。

「普段の生活を豊かにしたい」といった目的で家賃収入を充てることも可能です。どれを優先目的にすべきかを考えて、その後の将来設計も視野に入れて不動産投資を行うようにしましょう。

3、40代で不動産に向いている人の条件

40代では、ある程度資金にも余力が出てくる人も多いでしょう。その上で、信用を味方に付けながらローンと自己資金でまとまった投資をしたい人や、ゆとりある生活を目指したい人などが不動産投資に向いています。

また、将来の収入が不安定になりそうな人(例えば、自営業者)の場合、収入を安定させる意味でも不動産投資は力強い味方となってくれることでしょう。

4、40代に最適な投資物件とは

まとまった資金があり、ローンをフル活用したいという人は、アパート1棟やマンション1棟が視野に入ります。コツコツと安定収入を得るといったケースではサブリース(転貸借)付きのマンション1戸投資などもよいかもしれません。

サブリースは家賃保証付きのため、安定収入を得たい人には向いています。資産として土地を重視する人は、駐車場経営も面白いかもしれません。ただし、月額利用の場合、利回りはあまり高くありません。

5、40代が行う不動産投資の注意点

40代の場合、ローンを借りて投資ができるという意味ではラストチャンスに近い世代といえます。もちろん、50代になってからも借りることは可能ですが、返済期間が短くなります。時間を味方に付けて思い切って投資ができるのが40代の強みです。

ただし、注意点もあります。それは、「資金繰りの面」と「リスクの面」です。当然ですが、資金繰りで困るようなことがあってはいけません。また、1棟などで、まとめて投資を行うと利回りでは効率的ですが、地震や火災発生などが大きなリスクとして考えられます。そのため、「あえて1戸を複数地域に投資してリスク分散を図る」「1棟を2つ購入し地域を分散する」「地盤の強い地域に絞る」など、リスクヘッジを心がけるようにしましょう。

まとめ|ローンをうまく利用し効率的な不動産投資を考えよう

ローンを最もうまく利用し、効率的な不動産投資を行うことができるのが40代です。資金繰り、家族環境の変化などを考慮しながら、第二の収入を増やすことを考えてみましょう。投資が後々自身の資産構築に大きな価値をもたらすことにつなげられる。それが40代の不動産投資なのです。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
(無料ダウンロード)

これは不動産投資初心者・中級者のあなたのための教科書です。不動産投資はとても高額な投資にもかかわらず、知識をしっかりと身につけないうちに手を出してしまう初心者の方がとても多いのです。

もしあなたが、

  • 不動産投資に興味があるけど、何から初めていいか分からない
  • 営業マンの言うことを鵜呑みにして失敗したくない
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい

という状況なら是非お読みください。

投資に対する知識不足から不安になったり、間違った判断をしてしまわないために必要なことばかりです。初心者の方や、もう一度基礎からしっかり学びたい方はぜひダウンロードして読んでください。