• 不動産投資, 不動産投資とは
  • 2021/10/11 (更新日:)

【不動産投資初心者必見】基礎知識から注意点までを徹底解説!

不動産投資を成功させるには、基礎知識を知っておくことが重要です。

これから不動産投資を考えている人であれば、どのような投資方法なのか、投資する不動産にはどのような種類があるのか、具体的なメリットやデメリットなどについて知りたいでしょう。

そこで、この記事では不動産投資に関する情報発信を行う当メディア「不動産投資の教科書」が、不動産投資で初めの一歩となる基礎知識と注意点を解説していきます。不動産投資で成功するための知識として役立ててください。

こちらの記事も参考にどうぞ。

不動産投資とは?将来の安心のために知っておきたい7のこと

物件&職業別!不動産投資をするなら読んでおくべきブログ19選






初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう


不動産投資とは

不動産投資 基礎知識

自らの労働時間の対価として所得を得るのではなく、建物自身に稼いでもらい、所得を得ていくことです。これが意味することは「不労所得」です。個人が一人で働ける時間というのには限りがあります。自分が働いている間に、建物にも働いてもらってお金を稼いでもらえればこれほどよいことはありません。

この仕組みが不動産投資の基本になります。歌手の印税収入のように、気が付いたら口座にお金がどんどん増えていることを目指すわけです。ただし、不動産投資は印税とは違い投資家が知識や方法を十分に学ぶことが重要です。

不動産投資の種類は?

区分マンション 投資

不動産投資の種類には「ワンルーム区分所有マンション投資」「ファミリー向け区分所有マンション投資」「一棟アパート投資」「地方物件投資」「築古中古物件投資」「税金・相続対策の投資」「海外不動産投資」などがあります。

また、個人で行っている人は少ないのですが、「オフィスビル投資」「商業ビル投資」「ホテル投資」なども不動産投資の1つです。投資する不動産の種類によって、物件価格や銀行に貸してもらえる金額は変わってきます。どの種類の物件に投資するのかは、自分自身の資産状況によって選ぶことになるでしょう。

他の投資との違いは?

不動産投資 基礎知識

一例として、株式投資との違いが挙げられます。

株式投資は主に上場企業の経営戦略や売り上げ予測などから、その企業の成長と株価の上昇に期待して、一定数の株式を購入する投資です。

購入後は、配当を得たり、売却益を得ることで利益の確保を狙います。ただし、株式は証券で、最悪の場合は紙切れになる可能性があります。この点は気を付ける必要があります。

一方、不動産は、仮に災害が起きたとしても土地は残ります。区分所有でも土地の権利は残ります。また、「家賃収入」という「インカムゲイン」が、定期的に得られるのが魅力です。

不動産投資は儲かるのか?

不動産投資 基礎知識

「投資」は、リスクを取ってリターンを得るという性質のものです。そのため、不動投資も必ず儲かるとはいえません。ただし、よい時期によい立地で適正な価格で購入ができれば、儲かる確率は、ほかの投資よりも高くなる可能性があります。

また、不動産は、物件ひとつひとつに違いがあります。成功して利益を得るためには、土地や建物の状況、駅からの距離、今後の発展性、家賃設定など、投資家が自ら勉強をする一方で、プロのコンサルティングをきちんと受けながら進めることが大事です。

不動産投資のメリットとデメリット

不動産投資 基礎知識

不動産投資のメリットは、「建物が稼いでくれる、そして上手に売り抜ければ、まとまったお金を手に入れることができる」という点です。これが、他の投資とは違う大きな魅力です。

一方、デメリットは、経済の変動や自然災害による地価の下落で賃料が低下するリスクがあることです。また、相場をよく知らずに物件を購入して、高値買いしてしまった場合、利益よりも経費がかかることになり、売却を余儀なくされる可能性もあります。

不動産投資で注意すべき2つのポイント

不動産投資 基礎知識

まずは「立地の重要性」です。

日本人は特に駅からの距離を重視します。できれば駅から徒歩7分以内の物件がおすすめです。これは駅から近いと思う感覚の上限が徒歩7分といわれているからです。

また、多少価格が高くても、駅に近い物件を購入することで、賃借人を見つけることや、売却時に高値で売ることが可能となります。

次は「何パーセントの利回りという言葉に踊らされない」ということです。

不動産投資は、インカムゲイン(家賃賃料)も大事ですが、よい立地で成長している街は地価が上がります。景気が悪くなっても地価は大きく下がりません。

この2つの点に注意して投資することが大切です。

基礎の基礎からコツコツ学ぶことが、将来の利益につながる

実は、不動産投資は、金融、建築、法律、景気変動、開発などの複合的な知識が必要になります。これらの分野の知識を全てマスターする必要はありませんが。しかし、投資家自身がきちんと正しく学ぶことで、専門家にも正しく向き合うことができるようになります。

不動産投資を始める人は、失敗を未然に防ぐためにも、まずは基礎の基礎から少しずつ学んでいきましょう。それがリスクを回避すると同時に将来の利益という大きなリターンにつながっていくのです。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう