• 資金調達
  • 2022/1/12 (更新日:)

絶対に借りれる不動産担保ローンはある?不動産担保ローンを紹介!

不動産投資 年収

絶対に借りれる不動産担保ローンはあるのでしょうか?

「不動産担保ローン」は、不動産を担保にすることでお金を借りることから、融資審査に通りやすいという声も上がっています。

そんな「不動産担保ローン」ですが、絶対に審査に通ってお金を借りたいという方のために今回は、

  • 絶対に借りれる不動産担保ローンのポイント
  • 不動産担保ローンの審査
  • 不動産担保ローンの比較

などについて、資産運用の情報を発信している当メディア「不動産投資の教科書」が解説します。

1、絶対に借りれる不動産担保ローンのポイント

不動産担保ローンは、借りやすくなるポイントがいくつかあります。
絶対に借りるためには、どのような点に注目すれば良いのでしょうか。
そもそも不動産担保ローンは、不動産を担保にしているため、無担保のローンと比較すると審査が通りやすい傾向にあります。
そんな不動産担保ローンの中でも、審査に通りやすいポイントを紹介します。

  • 審査に通りやすい
  • 金利が高い
  • ノンバンク

(1)審査に通りやすい

そもそも不動産担保ローンは、不動産を担保にしているため、無担保のローンと比較すると審査に通りやすい傾向にあります。
そんな不動産担保ローンの中でも、審査に通りやすい商品があります。
申請段階から、審査に通過しやすいローンを選ぶことが絶対に借りれるポイントです。

(2)金利が高い

「(1)審査に通りやすい」ローンの特徴として、「金利が高い」ことが挙げられます。
金利が高くなることによって、返済金額は大きくなってしまいますが、金利が高いと審査に通りやすく絶対に借りる可能性を上げることができます。
絶対借りるためには、金利が高い商品を選びましょう。

(3)ノンバンク

絶対に借りるためには、ノンバンクの不動産担保ローンを選びましょう。
ノンバンクの不動産担保ローンは、銀行の不動産担保ローンよりも、審査が通りやすい傾向があります。審査が通りやすいため、金利が高いことが特徴です。
ノンバンクでは、個人の属性による返済能力よりも不動産の価値を重視されて、審査されます。不動産の価値が申請金額よりも高い場合は、審査に通る確率がグッと近づきます。
不動産担保ローンを絶対借りるためには、ノンバンク商品を選びましょう。

2、不動産担保ローンの審査

不動産担保ローンを絶対に借りるためには、審査の通過が必須です。
本章では、不動産担保ローンの審査について詳しく紹介します。

(1)不動産担保ローンの審査の流れ

本項では、不動産担保ローンの審査の流れを紹介します。
審査の流れは、以下の通りです。

  • 仮審査
  • 本審査
  • 契約

①仮審査

融資を受けるための、最初のステップです。
個人の属性等の基本情報に加えて、担保にする不動産の情報をインターネット上の入力や電話で伝えます。仮審査に通過しなければ融資を受けることはできません。

②本審査

仮審査に通過すると、本審査に移ります。
本審査では、面談や物件の現地調査、必要書類の提出が必要になってくるでしょう。
本審査に通過すれば、契約を交わし融資が実行されます。

(2)不動産担保ローン審査基準のポイント

不動産担保ローンの審査には大きく2つの基準があります。
2つの基準は、以下の通りです。

  • 不動産の価値
  • 返済能力

①不動産の価値

不動産担保ローンは、不動産を担保にしてお金の借入を行うため、不動産の価値は重要な審査基準となります。
価値が申し込み金額と比べて低すぎたり、ローンの残債が多かったりすると、審査に通貨できません。

②返済能力

融資を受ける本人に、返済能力があるのかどうかも大きな審査基準となります。
返済能力を測るためには、以下に挙げられるような情報で判断することが多いです。

  • 年齢
  • 収入
  • 勤め先/勤続年数
  • 借入状況・返済実績

不動産担保ローンでは、担保として不動産を出すため、無担保のローンに比べると、返済能力の審査基準の重要性は低くなるでしょう。

3、不動産担保ローンの比較

「1、絶対借りれる不動産担保ローンのポイント」で解説した、3つのポイントを抑えた不動産担保ローンをご紹介いたします。

(1)つばさコーポレーション不動産活用ローン

株式会社つばさコーポレーション

つばさコーポレーションは、全国に個人向けの不動産担保ローンを展開している会社です。
特徴としては、融資金額に上限が決められていません
担保する不動産の評価額に応じて、融資額が決定されるため、審査は柔軟であることが考えられます。

(2)日宝不動産活用ローン

日宝

日宝は、不動産担保ローンの専門ノンバンクで、30年以上の実績を誇ります。
特徴としては、「不動産の抵当権順位を問わない」点です。
また、借地や再建築不可の悪条件の不動産でも融資に対応しています。
条件が緩いため、柔軟な審査を期待することができます。

4、結論|絶対に借りれる不動産担保 ローンはある?

「絶対に借りれる不動産担保ローンはある?」との疑問に対しての結論は、「不動産担保ローンは絶対借りれるとは言い切れない」という答えになります。
審査が柔軟な不動産担保ローンがあることは事実ですが、申込者の返済能力は最低限の審査が行われるでしょう。
ただし、銀行等が展開する不動産担保ローンの審査に落ちてしまった場合でも、ノンバンクの不動産担保ローンであれば審査に通過することもあります。
審査に通らないから融資を諦めるという選択肢は、まだ早いでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

不動産担保ローンを借りるために重要なポイントを紹介しました。
不動産担保ローンは不動産を担保にするため、融資に重要なのは不動産の価値です。
不動産の評価額から的外れた希望額を申請すれば、審査に通る可能性は低くなります。

また、審査が比較的柔軟であるノンバンクの不動産担保ローンを紹介しました。
もし不動産担保ローンの審査で悩んでいる方がいれば、参考にしてみてください。

不動産投資に関する情報を発信している当メディア「不動産投資の教科書」では、「セカンドオピニオンサービス」を展開しております。ウェブメディアとして、中立・公正な立場で相談に乗ることが可能です。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう