• 投資信託, 資産運用
  • 2022/3/31

NISA(ニーサ)とは?最大限活用する為に知っておきたいメリットとデメリット

NISAという制度をご存じでしょうか?

NISA(ニーサ)とは、個人投資家のための「税制優遇制度」のことです。

日本人には元々リスクを嫌う国民性があり、他国と比べると資産を投資ではなく貯蓄に回す傾向が強いと言われています。そして近年では、その傾向がより顕著となっています。

このような状況を踏まえて国は、2000年前半頃から「貯蓄から投資へ」をスローガンとして掲げました。

投資へ回る資産を増やすことで、ベンチャー企業や新分野の企業などの成長を促進させ、経済を活性化させることを目的としています。

私たちにとっては、投資することによってお金を一定以上の利回りで運用し、お金を増やし、老後に備えたり子育て費用に充てたりできるというメリットがあります。

今回は、

  • NISAとは?おさえておきたい6つのポイント
  • 賢く利用するには?NISAのメリットとデメリット
  • NISA口座どこで開設する?口座選びのポイント
  • NISA口座を開設するには?
  • ジュニアNISAとは?

などについて書いて説明していきます。NISAの活用を検討している方のご参考になれば幸いです。

 

資産運用全般については、資産運用とは?|金融商品の種類、メリットデメリット徹底解説で詳しく解説しています。併せてご参照ください。






初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう


1、NISAとは?おさえておきたい6つのポイント

(1)そもそもNISAとは?

NISAとは、2014年1月からスタートした個人投資家のための「少額投資非課税制度」のことを言います。

投資をして利益が発生したら(儲かったら)、その利益には基本的には税金がかかります。

それゆえに、「もし儲かっても税金でお金を取られてしまう・・・」と思う人が多く、投資に消極的になってしまう傾向がありました。

そこで、国としては投資を促進することを目的とするため、NISAという制度を作り、一定の金額の範囲内の投資であれば税金がかからないとすることとしました。

具体的には、NISA口座というものを作り、その口座で行われた投資については、一定の条件付きでたとえ投資で利益が出たとしても税金がかかりません。

(2)おさえておきたい6つのポイント

NISAには細かいルールたくさんありますが、まずは大きく以下の6つのポイントをおえておきましょう。

  1. 非課税期間:最長5年間
  2. 非課税投資額:最大600万円
  3. 非課税投資商品:上場株式・投資信託から得られる譲渡益と配当金など
  4. 口座数:1人1口座
  5. 利用対象:日本に住む20歳以上の方
  6. 口座開設可能期間:10年間

では、それぞれについてみてみましょう。

①非課税期間:最長5年間

NISA制度を利用した場合、最長5年間非課税となります(税金がかかりません)。

例えば、2014年から利用した場合、2014年1月1日〜2018年12月31日の5年間は非課税になります。

なお、5年満期後売却をしない場合

  • 新たな非課税枠へ移行
  • 一般口座・特定口座へ移行

を選択することができます。

②非課税投資額:最大600万円

NISA制度は2014年1月からスタートし、2016年1月から

  • 年間非課税額「100万円」 ⇛ 年間非課税額「120万円」

へと増額し、「120万円/年 ☓ 5年」と最大「600万円」の投資額から得られた利益に対して非課税となります。

③非課税投資商品:上場株式・投資信託から得られる譲渡益と配当金など

NISA制度で取り扱えるのは、上場株式・投資信託から得られる譲渡益と配当金などに限られています。

また、口座開設した金融機関によって取り扱える商品も異なりますので、事前に投資したい商品があるかどうかを確認するようにしましょう。

④口座数:1人1口座

取引ができるNISAの口座は原則1人1口座となっています。

なお、金融機関を変更した場合、再度新規で開設することができます。

しかし、複数の銀行で複数のNISA口座を開設したとしても、

  • 1年に1つのNISA口座でしか取引ができない
  • NISA口座内に保有している商品を他の金融機関へ移管ができない

などの制限がありますので、注意しましょう。

⑤利用対象:日本に住む20歳以上の方

NISA口座を開設できるのは、口座を開設する年の1月1日現在において日本に住む20歳以上の方になります。

なお、0歳〜19歳の子供の場合、2016年1月からジュニアNISA口座を開設できるようになりましたので、仕組みなどについて詳しくは「5、ジュニアNISAとは?」をご参照下さい。

⑥口座開設可能期間:10年間

NISA口座開設可能期間は、2014年〜2023年の10年間となっています。

(3)利用イメージ

NISA口座を利用して運用する場合のイメージを貼付します。参考にしてみてください。

 

出典:政府広報オンライン

2、賢く利用するには?NISAのメリットとデメリット

NISA口座を賢く利用して投資には、事前にNISA制度のメリットとデメリットをきちんと把握しておく必要があります。

以下にてNISAのメリットとデメリットについて書いていきますので、参考にしてみてください。

(1)NISA制度のメリット

まず、NISAのメリットについてみてみましょう。

NISAのメリットはなんといっても年間120万円の投資額に対して、利益、配当金や分配金などが非課税になることです。

仮に、特定口座・一般口座で株式や投資信託を投資して利益が得られた場合は、所得税・復興特別所得税・住民税と合せて「20.315%」が課税されます。この分が非課税となるのはメリットとして大きいでしょう。

参考までに、以下にてシミュレーションを記載します。

例えば、株式を120万円で購入して、200万円で売却した場合

①NISA口座の場合

譲渡益:200万円ー120万円=80万円

非課税のため、「80万円」の譲渡益は全部受け取ることができます。

②特定口座・一般口座の場合

譲渡益:(200万円ー120万円) ☓ (100−20.315%)=63万7,480円

譲渡益の80万円に対して課税されますので、「63万7,480円」が手取り金額になります。

③結果

80万円ー63万7,480円=16万2,520円

結果として、NISA口座を利用した場合「16万2,520円」も手取り金額を多くもらうことができました。

(2)NISAのデメリット

続いて、NISAのデメリットについてみてみましょう。

大きく以下のようなデメリットが挙げられます。

  1. 他の口座と損益通算することができない
  2. 3年間の損失繰越ができない
  3. 配当の受取方法は「株式数比例配分方式」に限る
  4. 代用有価証券にできない

では、それぞれについてみてみましょう。

①他の口座と損益通算することができない

特定口座や一般口座で投資して万が一損失が出た場合、他の口座と損益通算をすることができますが、NISA口座の場合、たとえ損失が出たにしても、他の口座と損益通算はできません。

例えば、

  • A社の株式は100万円の利益
  • B社の株式は60万円の損失

ー特定口座(A)と一般口座(B)の場合ー

税金=(100万円ー60万円) ☓ 20.315%=81,260円

ー通常の口座(A)とNISA口座(B)の場合ー

税金=100万円 ☓ 20.315%=20万3,150円

ー結果ー

20万3,150円ー81,260円=12万1,890円

NISA口座の損失は利益が出た口座との損益通算が出来ないため、損失を負った上に税金「12万1,890円」を多く支払うことになります。

②3年間の損失繰越ができない

通常の口座の場合、確定申告をすることによってその年の投資の損失を翌年から3年間繰越ができます。

例えば、2014年に100万円の損失を出して、翌年50万円の利益が出た場合、2014年の100万円の損失を繰越することができます。

「−100万円+50万円=−50万円」となるため、2015年は本来利益が出たにも関わらず税金はかかりません。

一方、NISA口座では損失の繰越が出来ないので、注意する必要があります。

③配当の受取方法は「株式数比例配分方式」に限る

株式の配当金を受け取るには、

  • 郵便局にて直接に受取る「配当金領収書方式」
  • 銀行振込みで受取る「受取配当金受領口座方式」/「個別銘柄指定方式」
  • 証券口座に入金で受取る「株式数比例配分方式」

などの方法から選ぶことができます。

NISA口座の非課税メリットを受けるには、「株式数比例配分方式」を選ばないといけません。

たとえNISA口座でも、「株式数比例配分方式」以外を選んでしまうと課税されてしまいますので、くれぐれも注意してください。

④代用有価証券にできない

一般的には、証券会社では保有している株式などの有価証券の8割の価値を、信用取引の保証金として利用することができます。

しかし、NISA口座で保有している株式などは代用有価証券として利用することはできません。

有価証券を信用取引の保証金として利用される方は注意する必要があります。

3、NISA口座はどこで開設する?口座選びのポイント

NISA口座は一年に一度しか変更ができないので、どこで開設するかを慎重に選ぶ必要があります。

以下にて口座選びのポイントを挙げてみましたので、参考にしてみてください。

  1. 投資したい商品を扱っているか
  2. 情報をきちんと提供しているか
  3. スマホなどのアプリで利用できるか
  4. 取引手数料が安いか
  5. IPO(新規公開株)銘柄を扱っているか

では、順番にみていきましょう。

(1)投資したい商品を扱っているか

自分が投資したい商品を扱っているか否かは、最も大切なポイントと言えます。

一般的に、銀行などの金融機関のNISA口座で取り扱えるのは投資信託の商品がメインとなっていて、証券会社の方が幅広く投資商品を取り扱っています。

事前に確認するようにしましょう。

(2)情報をきちんと提供しているか

株式投資は当然のように情報は欠かせません。

従って、口座開設先を選ぶ際に、

  • 毎日のニュース
  • 銘柄ごとの分析レポート
  • マーケット市況
  • 適時開示情報

などきちんと情報提供してもらえるかを確認するようにしましょう。

(3)スマホなどのアプリで利用できるか

PCの他にスマホなどのアプリを利用する方も少なくないではないでしょうか。

スマホなどのアプリからでも、

  • レートをリアルタイムに確認ができる
  • 売買の取引ができる

など、いつでもどこでも対応ができるかを確認しておきましょう。

また、証券会社によってスマホの使い勝手も異なりますので、いろいろと試してみるといいでしょう。

(4)取引手数料が安いか

取引手数料という確実にかかるコストは、できるだけ安くおさえておきたいところです。

売買代金によって手数料が変わりますので、

  • 売買銘柄
  • 投資金額
  • 株数

などの条件で比較されるといいでしょう。

(5)IPO(新規公開株)銘柄を扱っているか

IPO(新規公開株)とは、新規で上場する企業の株式を公開価格で購入することを言います。

一般的には新規公開株の公開価格は市場の適正価格より安く設定されている上、比較的に株価が上がりやすくなっていますので、大変人気があります。

購入するには、抽選となることがほとんどです。

総合証券会社よりも競争倍率が低いネット証券会社を選ばれた方が当選確率が高いと言われていますので、IPOで利益を上げたい方は、ネット証券会社を選ばれるといいでしょう。

4、NISA口座を開設するには?

では、実際にNISA口座を開設する方法についてみてみましょう。

(1)口座開設時に必要な書類

新規でNISA口座を開設するには以下の書類が必要になります。

  • 住民票の原本(発行から6ヶ月以内)
  • 非課税適用確認書交付申請書 兼 非課税口座開設届出書
  • マイナンバー通知届出書のコピー

(2)口座開設の手順

NISA口座は大きく以下の手順にて開設することができます。

  • ①NISA口座開設の申込み
  • ②必要な書類を提出する
  • ③税務署にてNISA口座が重複していないかをチェック
  • ④NISA口座が開設される

一部のネット証券ではWEB上で必要書類を提出できます。

SBI証券でNISA口座を開設する場合のイメージを貼付しますので、参考になさってください。

すでにお持ちの証券総合口座でNISA口座を開設する場合

出典:NISA・つみたてNISA口座開設の流れ(SBI証券の証券総合口座を開設済みのお客さま)NISA口座開設の流れ

証券総合口座開設とNISA口座開設を同時にする場合

出典:口座開設の流れ(NISA・つみたてNISA 証券総合口座同時申し込み)

5、ジュニアNISAとは?NISAとの違いは?

(1)そもそもジュニアNISAとは?

ジュニアNISAとは、2016年に開始した、日本に住む0歳〜19歳の子どもに向けた資産運用の制度です。

親権者が代理で資産運用をすることできます。

ジュニアNISAは、2023年12月31日で新規の口座開設が終了することが決まり、2024年1月1日以後は新たな資金を投資することはできなくなります。

しかし、制度終了に伴い2024年以降は、保有している株式・投資信託等および金銭の全額について、年齢にかかわらず、非課税での払出しが可能となりました。

(2)NISAとの違いは?

ジュニアNISAについてご理解頂くために、NISAとの大きな違いを表にまとめてみましたので、参考にしてみてください。

スクリーンショット 2016-01-24 17.41.12

まとめ

今回はNISAについて説明していきましたが、いかがでしたでしょうか?

NISAを利用することで、譲渡益や配当金などを非課税で受け取ることができる点が、最大のメリットです。

一方、他の口座と損益通算できない、3年間の損失繰越ができない、などのデメリットもあります。

NISAは、投資経験があまりない方でも始めやすい制度となっていますので、メリット・デメリットの両方を理解し、NISAを最大限に活用していきましょう。

この記事が、NISAのご利用を検討されている方のご参考になれば幸いです。

初心者が知っておくべき不動産投資のバイブル
初心者が知っておくべき
不動産投資のバイブル
  • 不動産投資に興味があるけど何から始めていいか分からない…
  • 営業マンのいうことを鵜呑みにして失敗したくない…
  • しっかりと基礎から学び、できる限りリスクを避けたい…
  • 今は不動産投資の始めどきなのか?
  • 安定収益を得るための不動産投資物件の選び方
  • 不動産投資の失敗例から学ぼう