あなたはどのような記事LPを見たことがあるだろうか?

事例形式のものだろうか?

それとも「◯◯やってみました!」という体験談型だろうか?

記事LPにはいくつか種類がある。

株式会社猿としては以下の5つの種類を定義している。

  1. ニュース型
  2. インタビュー型
  3. やってみた型(体験談型)
  4. オープン・ハート・マインド型(現状維持の危機に気づかせる型)
  5. ランキング型

今回はそれぞれについて、「記事LPの事例」を紹介したい。

ご参考になれば幸いだ。

猿に相談してみませんか?

圧倒的な実績で御社のサービスをワンランク高める、猿のサービスを試してみませんか?

猿は無料相談を実施中。サービスの改善点を洗い出し、ウィークポイントを徹底分析!

1、ニュース型記事LPの事例

ニュース型とは、Yahoo!ニュースやSmartNewsに掲載されている記事かのようなタイトルと導入文で敷居低くユーザーの興味をそそりユーザーを集めて、自然にLPやCVへ導く記事だ。

  • 新規性ある情報
  • 一般にはまだ広く知られていない情報

を伝えることになる。

タイトルや導入は、

  • なんと今◯◯が話題!
  • 今流行りの◯◯って知ってる?
  • 今◯◯が増えている

といった内容が多くなる傾向がある。

ニュース型の記事LPの事例は以下の通りだ。

50万円〜3600万円!肝臓に病を抱えるあなたが国からもらえるかもしれない給付金とは?

2、インタビュー型記事LPの事例

インタビュー型とは、その名の通り実績ある会社の担当、もしくは個人がインタビュイー(インタビューされる者)となり、インタビュー文を通じて、

  • 商品・サービスを購入することで実現する輝かしいビジョン
  • 商品・サービスを購入する前から実際に利用するプロセス
  • 商品・サービスを利用した感想

等を伝えることで、ユーザーに商品・サービスを購入したかのような疑似体験をさせるものである。

3、やってみた型(体験談型)の記事LPの事例

やってみた型はいわゆる体験談記事である。

特定の実績を前提に、ユーザーの立場に近い者が主語となり(この点がインタビュー型との違い。インタビュー型は主語が広告主か、広告主やインタビュイー以外の第三者)、

  • 商品・サービスを購入することで実現する輝かしいビジョン
  • 商品・サービスを購入する前から実際に利用するプロセス
  • 商品・サービスを利用した感想

等を伝えることで、ユーザーに商品・サービスを購入したかのような疑似体験をさせるものである。

やってみた型はインタビュー型と同じく商品・サービスを利用した体験を伝えるものだが、体験談型は、主語がユーザーに近い者となるのに対し、インタビュー型は主語が

・「広告主」か、
・広告主やインタビュイー以外の「第三者」

となる点が異なる。

やってみた型の記事LPの事例は以下の通りである。

4、オープン・ハート・マインド型(現状維持の危機に気づかせる型)の記事LPの事例

ハート・オープニング・インサイト型はその名の通りハート・オープニング・インサイトを刺激するものである。

つまり、感情をエグり、現状維持の危機に気づかせ行動を促すものである。

ハート・オープニング・インサイト型の記事LPの事例はこちらだ。

会社を信じると破滅する!?みんなやってる20代からの不動産投資

5、ランキング型の記事LPの事例

ランキング型はその名の通りランキングを紹介するものだ。

ランキング型は、そのカテゴリの商品・サービスを購入することは決めているが、競合や自社含めてどこの商品を買うか悩んでいるいわゆる「お悩み客」をCVに導くために有効な手法だ。

ランキング型の記事LPの事例は以下の通りだ。

【2019年決定版】投資先総合ランキング!プロの目から見た個人投資家が選ぶべき投資先とは?

まとめ

今回は記事LPの種類と事例をご紹介してきたがいかがだっただろうか?

皆様が記事LPを書く際の参考になれば幸いだ。