• 「現在進めているビジネスを加速させるためのアイデアが欲しいけどなかなかいいアイデアが出てこない」
  • 「一流のクリエイターのように奇抜なアイデアをバンバン生み出したい」

この記事をお読みの方の中にはそのような方もいらっしゃるのではないでしょうか。

かつては山本もそうでした。平日は雑務に追われ、「アイデアを生み出したい」と思いつつも時間がなく、いざ時間ができた土日に考えてもなかなか思い浮かばず、大事な休日が仕事で(しかも何もアウトプットなく)終わる。

そんな日々でした。

アイデアを生み出したくても生み出すまで時間がかかり、さらに生み出されたものも質が悪い(結果を出せるアイデアではない)。これが原因で私の仕事の効率は上がらず、仕事しても仕事をしても終わらない。終わらないから睡眠時間を削る、睡眠時間を削ることで集中力が欠けてミスが増えてさらに余計な仕事が増えるという悪循環。

そんな時、今回紹介する2冊の本と出会いました

そしてそれぞれの本を参考にして、自分なりにしっくりくる「アイデアを生み出すフレームワーク」を作ってみました。そのフレームワークに沿って仕事をしてみると、今までが嘘だったかのようにアイデアを生み出せるようになりました。おかげさまで仕事の効率は上がり、プライベートも充実しました。

もちろんアイデアの質が上がったことで仕事の結果も出るようになり、当然ながら収入も増え、3倍になりました(小さいながらも会社を3つ経営し、それぞれの会社で利益を出すことができています)。

今回は私なりに生み出したフレームワークをご紹介します。このフレームワークは私だけでなく、うちの社員も活用して効率的に質のいいアイデアを生み出すことができています。

ですので、これをお読みのあなたのお役に立てることと確信しています。

ちなみに、このアイデアの生み出し方のフレームワークはビジネス上はもちろんプライベートでも活用できます!

目次

1、「アイデアの生み出し方」のフレームワークを生み出したらどうなったか?

まず、このフレームワークを身につけることでどんなメリット・効果があったかをまとめます。

(1)アイデアが出るスピードが上がった

まずは考えるべきことが明確になり、アイデアが出るスピードが上がりました。

以前はウンウンうなってもなかなか結果が出てない状態だったものが比較的短時間で

(2)アイデアの質が上がった→そのアイデアに基づいて行動すると結果が出やすくなった!

何よりこの効果が大きいですが、アイデアの質が上がりました。

質が上がった、ということの意味としてはざっくり「そのアイデアに基づいて行動すると結果が出やすくなった」ということなのですが厳密には2つあり、以下の通りです。

  • 考えるべきアイデアの目的・条件を明確にしたことでズレたアイデアを思いつくことがなくなった
  • アイデアがより効果の高い結果を生み出せるものになった(例えば以前思いついたアイデアであれば100万円の売上を生み出せなかったのに対して、今回紹介するフレームワークに基づき生み出されたアイデアでは300万円を生み出せることになった)

(3)その結果?

(1)と(2)の結果、ビジネスが上手くいくようになり、当然ながら収入(会社の売上・利益)が増えました

その上時間にも余裕ができたのでプライベートが充実しました。

つまり、いいことづくめです(笑)

2、フレームワークを生み出すにあたって参考にさせて頂いた書籍

そのまんまではないですが、フレームワークを生み出すにあたって参考にさせてもらった書籍は以下の2冊です。

いずれも名著ですので、「アイデアの生み出し方についてより極めたい!」という方は是非お読み下さい。

(1)アイデアのつくり方

言わずと知れた名著で、「オススメのビジネス書○選!」みたいな記事でよく見られる本です。

短時間で読めますので、もしまだ読んだことない方がいらっしゃれば是非読んでみて下さい。

この本で作者が伝えたいことは、アイデアとは全くの無から生まれるものではなく、既存の概念が変化したものがアイデア。ですので様々なインプットを

(2)USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

次に紹介するのは、オープンから入場者数が右肩下がりでほぼ倒産状態だったUSJをV字回復させたマーケター・森岡毅さんの著書です。

この本は非常に分かりやすくマーケティングの本質について書かれており、全マーケターどころか全ビジネスマン必見だと個人的には思っております。マーケティングの本は世の中に数多あれど、本質について書かれていなかったり、難解だったりで実はなかなかいい本がありませんが、その観点からもこの本は本当にオススメです。

以下のような森岡さんの実績に裏付けられた内容で説得力もあります。

出典:wikipedia

ちなみに山本は以下の2冊の森岡さんの著書も読みましたが、こちらも大変参考になる内容で同様にオススメです。

※なお、森岡さんは2017年1月にUSJの運営会社を退社されているそうです。

3、そもそもアイデアとは?

アイデアのフレームワークについて説明する前提として、そもそもアイデアとは何かについて説明していきます。

アイデアの意味として個人的には、「目的(実現したい状態)と現状のギャップを埋めるための具体的な思考・施策・ツール」だと考えています。

間違ったアイデアが出ることがよくありますが、間違ったものが出てくる原因の一つとして、「目的を明確にできていない」ということが挙げられます。つまり、アイデアを生み出す前提として目的があるはずなのに、目的なくただアイデアを考えるという状態になってしまっているのです

先ほどお伝えしたように、ロジカルに考えると「目的あってのアイデア」です。

目的を意識できていないアイデアが目的を達成できる可能性は極めて低い(偶然にも目的を達成できるものになってしまっている可能性はあるが、基本的には役に立たないアイデア)のです。

4、アイデアを生み出す「イノベーションフレームワーク」とは?

何と言ってもアイデアを生み出す「イノベーションフレームワーク」です。

この世の中で「いいアイデアをバンバン思いつけたら」と思っている人はたくさんいらっしゃることでしょう。

そんな方に是非身につけて欲しいのが「イノベーションフレームワーク」です。

大谷翔平選手がプロ入り前にドラフト1位になるための条件を明確にする目的で使った「マンダラート」や、トヨタの社内で問題解決を目的として「なぜなぜ法」など、世の中にはたくさんのフレームワークがありますが、それぞれ適材適所で万能なものはなかなかありません。

万能でない故に、現在自分が直面している課題を解決するためにどのフレームワークを使ったらいいのかを「判断」しなければならないのです。

この判断力が最終的なアイデアの質を左右するので、適切な判断ができる人はいいアイデアを生み出せる確率が高まるが、そうじゃない人はいいアイデアを生み出すことが難しくなるということがあります。でもイノベーションフレームワークはあらゆる問題を解決できる(おそらく)フレームワークです。

つまり、このフレームワークさえ知っていれば万全で、他のフレームワークは不要なのです

(1)「イノベーションフレームワーク」の全体像

書籍から引用させて頂きますが、イノベーションフレームワークは以下の図の通り、4つの要素から成り立っています。

出典:「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?(森岡毅著・角川文庫)」

(2)4つの要素とは?

次はそれぞれについて簡単に説明していきます。

①フレームワーク

フレームワークには以下の3種類があります。

  • 戦略的フレームワーク
  • 数学的フレームワーク
  • マーケティングフレームワーク

アイデアを生み出すためにこの本で主に紹介されているのは戦略的フレームワークです。

先ほども書きましたが素晴らしいフレームワークです。詳しくは次の「5―(3)アイデアを生み出すフレームワークとしては最強?戦略的フレームワークについて」の項目で紹介しているので是非参考にして欲しいです。

そしてここで紹介している3つのフレームワークの目的は目的を達成するアイデアの必要条件を明確にする事にあります。つまり、適切なアイデアが埋まっている「場所」にアタリを付けることにあります

釣りでいう「魚群探知機」の役割を果たすのです。

釣りも、いかに熟練者でも、いかにいい釣竿やルアーを使っても、そこに魚がいなければ意味がありません。

魚がいる場所を見つけるという意味で魚群探知機は非常に重要です。

アイデアも同じです。

目的を達成できる見込みがないアイデアをいくら探しても意味はありません。アイデアがある場所にアタリをつけて考えるべきことを明確にし、質の高いアイデアを思いつく確率を上げることがフレームワークの役割です

②リアプライ

次に紹介するのが「リアプライ」です。

フレームワークによりアイデアの条件が明確になったら、関連する情報・知識を吸収して、目的を達成できるアイデアを生み出すのです

有名なビジネス書「アイデアのつくりかた」でも説明されていますが、アイデアは完全な無からは生まれません。既存のアイデアの組み合わせにより新しいアイデアが生まれるのです。

あのピカソですらそうでした。

ピカソは「優れた芸術家は模倣し、偉大な芸術家は盗む」と言っていました。模倣と対比されていることから、ここで言う「盗む」はパクリではありません。他のアイデアのエッセンスを参考にして、より自分の直面している問題に適切なアイデアに昇華させることでしょう。

いずれにせよ、ピカソですらアイデアはゼロから生まれるものではないと言っているのです。

③ストック

次にストックの話です。

ストックとは、リアプライ等の積み重ねで得た豊富な知識・ノウハウの集積のことです

ストックがあることでいいアイデアを思いつきやすくなるし、そもそもアイデアを考えるべき必要性(問題点)にも気づきやすくなります。

森岡さんがUSJで様々なアイデアを思いつけたのも、ご自身のストック故だと仰ってます。

エンターテインメントが好きで、ゲーム、音楽鑑賞、観劇、映画などに費やした時間と情熱が半端じゃないとのこと。

実際、モンスターハンター4を2ヶ月弱で300時間もプレイされたと仰ってます。

忙しいはずなのに凄いですね。。。

でもこれらを経験する中で培った知識・ノウハウが重要で、これらがあるからこそ森岡さんはUSJで様々なアイデアを思いつけたようです。

④コミットメント

最後はコミットメントです。

これは上の3つと異なり精神論。

具体的には「何が何でもアイデアを見つけ出す。思いつけないのはまだ見つけられてないだけだ」と思うことです。

アイデアを生み出すには情熱を持って徹底的にそのことを考えることが重要です。

ここをいかに集中してできるかでアイデアが生まれる確率と精度が変わってきます。

5、戦略的フレームワークとは?

(1)アイデアを生み出すフレームワークとしては最強?戦略的フレームワークについて

最後に、特に参考になる戦略的フレームワークについて簡単に説明していきます。

このフレームワークは考えるべきアイデアの必要条件を明確にすることが目的です。

そして、戦略的フレームワークは、上から

  • 目的
  • 戦略(必要条件)
  • 戦術(アイデア)

という流れで考えていくものです。

書籍の内容を引用させて頂くと以下の通りです。

出典:「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?(森岡毅著・角川文庫)」

同じく書籍の内容を引用して具体的な事例を紹介させて頂くと、森岡さんがUSJで「1000万人レベルの年間集客の達成」という目的を達成するために構築した戦略的フレームワークは以下の通りです。論理的で素晴らしいです。

出典:「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?(森岡毅著・角川文庫)」

6、戦略的フレームワークの具体的な使い方

最後に、戦略的フレームワークの使い方を紹介していきます。

以下の流れで思考を進めましょう。

  • (1)アイデアを考える目的を考える
  • (2)目的を達成する戦略を考える
  • (3)戦略を実現するアイデア(戦術)を考える

では、それぞれについて詳しくみていきましょう。

(1)アイデアを考える目的を考える

先ほどもお伝えしたように、アイデアとは「目的(実現したい状態)と現状のギャップを埋めるための具体的な思考・施策・ツール」と考えます。ですのでまずは目的を考えましょう。

(2)目的を達成する戦略を考える

次に目的を達成する戦略を考えましょう。

①戦略とは?

そもそも戦略の定義は以下の通りです。

戦略とは、「競合に打ち勝ち目的を達成するために、いかに資産を準備・計画・運用するかの具体的な方法」のことをいいます。

②戦略の考え方

戦略は、目的(実現したい状態)と現状のギャップを埋めるものであるべきです

例えば、現状100万円ある貯金を150万円まで増やしたいとしましょう。この場合、150万円まで増やすことが目的となります。そして目的と現状のギャップは50万円なので、貯金を50万円増やす方法が戦略となります。その際に具体的に貯金を150万円に増やしたい期限が半年後であるとするならば、戦略は「半年間で50万円増やす方法」であるべきです。

ここでは大まかにしか紹介しませんが、50万円増やす戦略については様々なものが考えられます。

例えば、収入を増やすや支出を減らす、などです。もちろん、収入を増やしつつ支出を減らすという戦略も考えられます。

では、戦略として仮に「収入を増やすことで50万円増やす」を選択したとしましょう。

なお、先ほどもお伝えしましたが戦略は複数考えられます。

いくつか考えられる戦略の中から現状を踏まえて最も目的を達成できる可能性が高いものを選択するようにしましょう

③戦略の条件を考える

戦略を決めたら、その戦略を噛み砕いて、次に考える戦術(アイデア)の必要条件を考えます。

先ほど紹介した森岡さんの著書「USJのジェットコースターはなぜ後ろ向きに走ったのか?」でも述べられていますが、アイデアの条件を明確にすることは考えるべきことをはっきりさせる上で極めて重要です

では、具体的に戦略を噛み砕いて、次に考える戦術(アイデア)の必要条件を考えるとはどういうことでしょうか?

先ほどの「収入を増やすことで半年で50万円貯める」という戦略を例にして考えてみましょう。

仮にこの方が副業が許されているサラリーマンだとしましょう。

さらに、学生時代にサークルの活動でWordpressを使ってHPをいくつか作った経験があるとします。

  • サラリーマンとしての収入アップは頼れない
  • 平日は残業もあったりで仕事が忙しいから、お金を稼ぐために使える時間は土日だけ
  • 半年で50万円なので、50万円÷6ヶ月=666万円<9万円以上毎月コンスタントに稼げそうなもの
  • 投資などはナシではないが、騙されることだけは絶対避けたい→ちょっとでも胡散臭いと思ったら避ける
  • 自分の強みが活きる稼ぎ方
  • お金を借りるという選択肢はない

これらをアイデアの必要条件とした上で思考を進めてみましょう。

(3)戦略を実現する戦術(アイデア)を考える

では、次はいよいよ具体的にアイデアを考えましょう。

アイデアを考える際には先ほど考えた必要条件がきっかけとなります。

例えば、土日だけでできる副業を探すことで具体的に稼げるアイデアを見つけるなどです。

(4)制限時間を決めてリサーチをする→それぞれのアイディアのヒントになりそうな資料・情報(本、雑誌、テレビ、Webの記事)にアタリをつける

必要条件をきっかけに、リサーチをしましょう。

現代ではインターネットがあるのでこれを使わない手はありません。

例えば、「お金を稼ぐ 短期」「副業 稼げる」などのキーワードで検索して具体的にお金を稼ぐ方法を探しましょう。

その結果、クラウドソーシングで簡易なHPを作って10万円〜20万円もらえることを知ったとします。

定期的に仕事を受けることができれば、月に1サイト作ることで目的を達成できるでしょう。

その他、地道にはなりますが、月9万円であれば「日雇い 1万円以上」などと検索することで、大手求人情報サイトに掲載されているバイトを見つけて平日働くことで目的を達成することも可能でしょう。

なお、アイデアを効率よく生み出すためには時間制限を設けることも重要です。時間制限があることでアイデアが生み出されます。だらだらと考えていてもいいアイデアは出てきません。

(5)アイデアを思いついたら目的達成までに具体的にやるべきこと(タスク)とスケジュールを明確にする

仮に先ほどの話で「クラウドソーシングで簡易なHPを作って10万円〜20万円もらうことで目的を達成する」というアイデアを実行に移すとしましょう。

この場合、毎月1件は仕事を受注する必要があるので、例えば毎月5日までに次の仕事を受注する。余裕を持って毎月20日には納品できるようにする。毎月コンスタントに仕事を受注するため、制作期間中も良い仕事の募集がないか常にウォッチしておく。

まとめ

今回はアイデアの生み出し方について紹介してきましたがいかがでしょうか?

結果が出るアイデアをコンスタントに生み出せるか否か

が人生を大きく変えると言っても過言ではないでしょう。

今回の記事がコンスタントに良いアイデアを生み出すための参考になれば幸いです。