Twitter解析とは、Twitterでの各種活動内容(ツィート・リツィート)の状況を解析することです。この解析結果をもとにして、Twitterによるマーケティング・プロモーション戦略の改善に活かします。

Twitter解析を行うには専用のツールを利用するのが一般的です。ツールには公式で用意されたツールとそれ以外のツールがあります。公式のツールでも基本的な解析が可能ですが、その他のツールを組み合わせることで、より幅広い分析を行うことが可能です。

1、まずはTwitterアカウントがあれば、公式アナリティクスで解析可能

Twitterのアカウントがあれば、公式が用意しているTwitterアナリティクスにて、自分のアカウントの活動状況について解析が可能です。このツールで他のTwitterアカウントの解析内容をみることはできません。

Twitterアナリティクスへのアクセスは簡単です。PCのTwitter画面へアクセスし、自アカウントのアイコンをクリックして開いたメニューの中から「アナリティクス」をクリックします。もしくは、Twitterアカウントにログインしている状態で、以下のURLへアクセスしてもTwitterアナリティクスの画面を表示することができます。

https://analytics.twitter.com

なおスマートフォン用のTwitterアプリでは、Twitterアナリティクスは利用できませんので注意してください

2、Twitter公式アナリティクスで解析できること

それでは次に、Twitter公式アナリティクスで実際に解析できる内容をみていきましょう。具体的には以下があげられます。

  • ツイート数などのTwitterパフォーマンス
  • ツイートアクティビティ(反応)
  • ユーザー属性データ
  • イベントツイートの予測数
  • 動画の再生数や再生率

1つずつ簡単に解説します。

(1)ツイート数などのTwitterパフォーマンス

任意の期間でのツイート数などの統計を参照することができます。

(2)ツイートアクティビティ(反応)

全てのツイート(つぶやき)ごとの以下統計をみることができます。

  • インプレッション数(そのツイートが見られた回数)
  • リンクのクリック数
  • リツィート数
  • エンゲージメント数(ツイートに対してユーザーが反応※した回数)
  • エンゲージメント率(エンゲージメント数÷インプレッション数)
  • お気に入りされた数など

※反応とは、リツィートや返信、お気に入り登録、リンクやユーザー名などのクリック

といった何らかのアクションを指す

また過去1ヵ月にフォローされた数やフォローを外された数、メンションを受けた回数なども確認できます。

(3)ユーザー属性データ

フォロワーの言語や性別(男女比率)、国、地域、さらには興味・関心のあるカテゴリなどを確認できます。フォローしてくれたユーザーの特徴を理解して、それに合わせたツイートをしたりマーケティング施策を行ったりするのもよいでしょう。さらには、18~54歳の大人・シニア・保護者などさまざまな「ペルソナ(カテゴリ)」にあてはまるユーザー層との比較なども可能です。

※Twitter社による分析と想定されていますが、統計の方法などの仕様は公開されていません。

(4)イベントツイートの予測数

アナリティクスには、Twitter上で話題となっている全てのイベントや映画、トレンドなどの統計情報をみる機能があります。ここで確認できるイベントなどに絡めたツイートを行うことで、インプレッション数をあげることも可能です。

さらに、Twitterで今後盛り上がると思われるイベント・スポーツ・映画やたびたび登場するトレンドなどのスケジュールやツイート数の予測なども確認する機能もあります。Twitterでのマーケティングの施策を考える上での参考になるでしょう。

(5)動画の再生数や再生率

Twitterへ投稿した動画の再生数・再生率をみることができます。自社動画などを張り付けていた場合などに、役に立つデータといえるでしょう。

3、Twitter解析で最低限抑えておきたいポイント

ここでは、Twitterの解析をする際に最低限おさえておきたい3つのポイントを解説します。このポイントをおさえて分析することで、効果を高めることができます。3つのポイントとは具体的に、フォロワー数の推移、フォロワー属性、ツイートに対する反応です。以下1つずつ解説します。

(1)フォロワー数の推移

アカウントを開設してから現在まで、フォロワーの数がどのように推移したかをチェックします。

目立ってフォロワー数が増減したタイミングを確認し、そのときに何があったか思い起こすことによって、フォロワー数を増やすための施策の方向性を決めやすくなるでしょう。その上で、フォロワーを増やすためには、ツィートのクオリティが問われます。

くわえてフォロワー数を確認する際は、本来フォローしてほしいと考えているユーザーにきちんとフォローしてもらえているのか分析することも重要です。

(2)フォロワー属性

フォロワーが興味・関心をもっているカテゴリは何かをチェックし、今後のマーケティングに役立てます。また男女の比率や地域などのデータも有効です。

くわえてターゲットにしたいフォロワーがフォローしているユーザーの中で、影響力のあるユーザーを確認します。そのユーザーを分析することによって、ターゲットに対してどのようにすればフォローしてもらえるか対策をたてるわけです。

たとえば分析した情報をもとに、影響力のあるユーザーがリツィートしてくれそうなツィートをしてみるのもよいでしょう

(3)ツイートに対する反応

ツィートに対する反応として、インプレッション数とエンゲージメント数・エンゲージメント率で分析することができます。

上に書いたようにインプレッション数とは、ツィートがユーザーに見られた数、エンゲージメント数とはツィートに対してリンクのクリック、リツィート、返信などのアクションを起こした数です。

たいしてエンゲージメント率とは、インプレッション数のなかで何がしかのアクションが行われた割合をさします

これらの統計はツィートごとに参照することができるのでこまめにチェックし、より高いインプレッション数・エンゲージメント数を稼げるツィートをするための参考にするとよいでしょう。

4、Twitter公式ツールは他の解析ツールとの併用が良い理由

公式のTwitterアナリティクスは、基本的な分析をするには十分な機能を備えています。けれど他社が運営している他の解析ツールでは、レポート分析・フォロワー解析や任意のユーザー解析といった公式のTwitterアナリティクスにはない機能が使える場合もあります

そのためTwitterアナリティクスに加え、その他のツールも併用して利用することで分析の精度を高めることが可能です。

5、併用して使いたいTwitter解析・分析ツール一覧

ここでは公式のTwitterアナリティクスと組み合わせて使いたい解析・分析ツールをまとめて紹介します。

ご自身の運用にあったツールを見つけて、まずはさわってみることをおすすめします。

それぞれのツール紹介でも触れていますが、ここにあげたほぼすべてが無料で、簡単な登録のみで(もしくは何も登録なしで)利用できます。

(1)whotwi

任意のユーザーに関するさまざまな情報をチェックできるツールです。一例として以下のような情報を参照できます。

  • そのユーザーと仲がよいアカウント
  • ツィートした内容
  • 月別のツィート数やツィートの多い時間
  • 平均的なツィート間隔
  • 両思い(相互にフォロー)・片思い(一方的にフォロー)・片思われ(一方的にフォロー)それぞれの数や割合
  • フォローを返す率や返される率

何がしかの登録作業は不要で、ユーザーのアカウント名を入力するだけでこれらの情報がチェックできるのも魅力です。

(2)Twstat

こちらもアカウント名を入力するだけで、そのアカウントごとの情報をチェックできるツールです。以下のような情報を確認できます。

  • 1日あたりの平均的なツィート数
  • URL率(ツィートにURLを含めている割合)
  • リツィート率
  • 独り言率
  • 1ツィートあたりの平均的な文字数

たとえば、フォローしてもらいたいターゲットになるユーザーがよくつぶやく時間(アクティブな時間)を狙ってツィートすることで、リツィートしてもらえる可能性が高まります。

こちらも利用は無料で、会員登録なども必要ありません。

(3)meyou

TwitterトレンドやGoogle急上昇ワードを一度にチェックできるサイトです。「企業・メーカー」「ブロガー」「芸能人」などさまざまなカテゴリごとの人気アカウントをチェックしたり、任意のキーワードが自己紹介文に含まれているユーザーを検索したりする機能もあります。

このツールも利用は無料で、会員登録などの必要がありません。

(4)SocialRank

自分のアカウントのフォロワーが、Twitterの中でどの程度の影響力をもっているのか確認することができるツールです。

フォロワーごとのフォロワー数やツィート数を確認できるだけでなく、影響力を数値で示してくれます。無料のツールですが、利用にはメールアドレスの登録が必要です。

(5)ついっぷるトレンド

話題となっているツィートやニュースなどを、以下にあげるジャンルごとに簡単にチェックするツールです。

  • 画像
  • ツィート
  • ニュース(さらにエンタメ・スポーツ・社会などのテーマに分類)
  • まとめ
  • 有名人
  • HOT!ワード
  • その他

無料で利用でき、会員登録などは必要ありません。

(6)Twittrend

東京・大阪・札幌といった都市ごとに、ツィートに多く含まれるキーワード・ハッシュタグをチェックするツールです。日本の他、海外の都市を選択することもできます。また現在の情報の他、1時間前・3時間前・6時間前・12時間前・24時間前・2日前・3日前の情報を参照する機能もあります。

こちらも利用が無料で、登録作業は不要です。

(7)TwTimez

複数のランキング形式で話題のツィートやキーワード・ハッシュタグをチェックできるツールです。ランキングの種類には、以下があります。

  • 勢い順
  • 人気順
  • 新着順
  • トレンド

この中で「勢い」とは、単位時間あたりにどれだけリツィートされた数が多いか(リツィートの数を時間で割った数)で計測しています。

過去のランキングを見るメニューも用意されています。

利用に料金はかかりません。また会員登録なども不要です。

(8)Trends24

過去24時間以内に話題となったキーワードやハッシュタグを1時間ごとにチェックできるツールです

日本以外に、東京・大阪・横浜・千葉のように特定の都市に絞って情報をチェックする機能もあります。日本だけでなく、海外の都市をえらぶこともできます。

こちらも利用無料。登録作業もいりません。

(9)Tweriod

自分のアカウントのフォロワーがTwitterを利用している時間帯を調査できるツールです

まず平日・月曜日・日曜日・週末をえらび、その中から1時間単位でフォロワーの活動状況をグラフで表示することができます。

多くのフォロワーがTwitterを利用する時間を知ることで、効果的なツィートのタイミングを推測することができます。無料での利用が可能ですが、名前とメールアドレスの登録が必要です。

(10)My Top Tweet

任意のアカウントの全てのツィートの中で、リツィート数が多いツィートの上位10個を表示してくれるツールです

自分のアカウントの他、ほかのアカウントを入力して検索する機能もあります。利用は無料ですが、はじめにTwitterで連携アプリの許可を行う必要があります。

(11)HASHTAGIFY

ハッシュタグに関する調査ができるツールです。具体的には、以下のような内容を調べることができます。

  • 入力したハッシュタグのポピュラリティー
  • そのハッシュタグに関連するハッシュタグ
  • そのハッシュタグに関して強い影響力を持つユーザー
  • そのハッシュタグを使ったツィート

無料で利用ができ、登録作業も必要ありませんが、全ての機能を利用するためには有料の会員登録が必要です。

まとめ

Twitterでのマーケティングでは、さまざまな分析を行い、それを活かすことで成果を高めることをおすすめします。

たとえばTwitterの公式アナリティクスであれば、Twitterアカウントさえあれば誰でも無料で利用でき、これ1つで基本的な分析が可能です。またその他のツールを組み合わせて使うことで、より精度の高い分析を行うこともできます。