カテゴリ一覧

TVログバナー

【150人に聞いた】秋ドラマで演技が光っている俳優ランキングベスト9

#平野紫耀 #山田涼介 #目黒蓮
2022年12月7日 by
本ページはプロモーションが含まれています

2022年秋も数々のドラマが話題になり、盛り上がっています。TVマガでは「秋ドラマで演技が光っている俳優」について150人にアンケートを実施。その結果を、ランキング形式で出演作品と選んだ理由も合わせてご紹介します。

秋ドラマで演技が光っている俳優1位:目黒蓮(silent)

第1位は男性アイドルグループ・Snow Manのメンバー、目黒蓮さん。「silent」は主人公・青羽紬(川口春奈)が、高校時代に本気で愛した恋人・佐倉想(目黒蓮)と再会したことからはじまるラブストーリー。目黒蓮さんが演じたのは、18歳で若年発症型両側性感音難聴を発症した青年・佐倉想。病気を受け止めきれず、一方的に紬に別れを告げて8年後、二人は偶然の出会いを果たすことに。物語は、音のない世界で再び出会った二人の姿と彼らを取り巻く人々を描き、葛藤を抱える目黒蓮さんの表情や身振り手振りの表現演技が毎回大きな話題に。没入できる展開と高い演技力で視聴者の心を掴みました。

silent:ドラマ情報

フジテレビ 木22:00~22:54
放送:2022年10月6日 –
出演:川口春奈 目黒蓮(Snow Man) 鈴鹿央士 桜田ひより 板垣李光人 夏帆 風間俊介 篠原涼子ほか
脚本:生方美久

選んだ理由

「手話をしながらの表情がとても豊かで、話さなくても感情が表れていて見ていて感情移入してしまいます。また、高校時代の回想シーンでは何気ない友達とのやりとりなど凄く自然に感じました」(すぬーぴー)

「ドラマの世界観に見ている視聴者が入りやすいです。引き込まれるような演技をしているからこそ、ドラマに感動でき、続きが気になる、次回も見たい、もう一度見たいと思えます。特に、泣く演技は難しいと思うのですが、素のように自然と泣けるのはすごいと思います」(音々)

「耳が聞こえないという難しい役どころを、表情やジャスチャーだけで伝えている演技が凄いと思ったからです。本当に耳が聞こえていないかのように思えますし、とても心に刺さる演技だと思いました」(sato)

「本来声が素敵だなと思っていましたが、声を出せない今回のドラマの役では、こんなにも目の演技が素敵な役者さんなんだと再認識しました。とにかく優しさのあふれる微笑みが素敵で、あの眼差しを向けられたらすべてを許してしまうと思います」(くじら)

思いが伝わらないもどかしさと相手を思いやる優しさ溢れるストーリーにハマる人が続出!

秋ドラマで演技が光っている俳優2位:平野紫耀(クロサギ)

第2位は男性アイドルグループ・King & Princeのメンバー、平野紫耀さん。ドラマ「クロサギ」は2013年に全42巻で完結した黒丸・夏原武さんによる同名漫画を原作とした”クロサギ完全版”で、山下智久さんが主演を務め、2006年に連続ドラマ化、08年に映画化された同名タイトル作品のリブート版。主演を務めた平野紫耀さんは、詐欺師をだます詐欺師”クロサギ”・黒崎高志郎を演じ、巧妙な詐欺が横行する現在を舞台に、高志郎とほかの詐欺師による心理戦や警察組織との攻防、家族を奪った最大の宿敵との直接対決をスリリングに描きました。

クロサギ:ドラマ情報

TBS 金22:00~22:54
放送:2022年10月21日 –
出演:平野紫耀(King & Prince) 黒島結菜 三浦友和 井之脇海 中村ゆり 宇野祥平 時任勇気 山本耕史ほか
脚本:篠﨑絵里子

選んだ理由

「クロサギの心の中の深い悲しみや苦悩する思いを、紫耀くんは迫真の演技で見事に表現していて、その演技にぐっと惹きつけられます。そして、明るく振る舞う場面では屈託のない無邪気な表情をしていて振り幅が大きいです」(もかりん)

「山下智久さん主演で一度制作されたドラマを改めて平野さん主演で製作するということで、一度作られた人物像を超えられるかという懸念がありました。しかし、鬼気迫る演技に惹き込まれ、新しい人物像を作り上げているなと感じました。毎回、主人公の感情に惹き込まれ、演技力の高さに驚かされます」(parapi)

「父親が詐欺に遭い、一家殺害の中で生き残った黒崎は、人を寄せ付けない暗さを持ちつつ、人恋しさを抱えています。本当は明るく素直な少年だったのだと思います。そんな複雑な黒崎を平野さんが見事に演じています。カッコ良さが光りますが、演技にも引きつけられます」(ももくり5年)

「影の部分の演技と詐欺をする時の飄々とした演技のバランスが良い。特に怒りの演技がいい。叫んだり襟元を掴んで押し付けたりする恨みの感情が目によく出ていると思う」(ゆゆ)

迫真の演技で抱える闇を表現した平野紫耀さん。詐欺を仕掛けるときの七変化にも注目です!

秋ドラマで演技が光っている俳優3位:山田涼介(親愛なる僕へ殺意をこめて)

第3位は男性アイドルグループ・Hey! Say! JUMPのメンバー、山田涼介さん。「親愛なる僕へ殺意をこめて」は、井龍一さん原作、伊藤翔太さん作画による同名漫画を実写ドラマ化。主演の山田涼介さんは主人公・浦島エイジを演じました。物語は、15年前に起きた猟奇殺人事件の犯人の息子でもあるエイジの周りで、その事件を模倣したかのような新たな殺人事件が発生した中、やがて自身が二重人格者であることを悟ったエイジが、もう1人の自分が殺したかもしれないという不安に駆られながらも真相を突き止めようとするサスペンスストーリー。複雑に絡む謎に引き込まれます。

親愛なる僕へ殺意をこめて:ドラマ情報

フジテレビ 水22:00~22:54
放送:2022年10月5日 –
出演:山田涼介(Hey! Say! JUMP) 川栄李奈 佐野史郎 遠藤憲一 門脇麦 尾上松也 早乙女太一 髙嶋政宏ほか
脚本:岡田道尚

選んだ理由

「二重人格の演じ分けが素晴らしいと思います。普段のエイジののほほんとした感じが、B一の時には全くなく、目つきと声色の違いに思わずゾクッとしてしまうほどでした。戸惑う演技も自然で、つい見入ってしまいました」(湊海)

「今までは可愛い役が多い印象で、そこまで演技が上手いイメージはなかったけれど、この二重人格の役で演技が上手いなと思いました。エイジとB1の役によって、話し方や雰囲気など演じ分けていて、ついつい引き込まれてしまいます。彼のイメージが変わりました」(まゆ)

「二重人格の陰の方の中身なのに、陽のふりをして助けを呼び、助けてくれた人を脅して自分の目的を叶えようと車を走らせた。本物の二重人格ではない人が二重人格の役をするのはとても大変だと思うが、見事に使い分けていて表現力の高さを伺えました」(おしゅし)

「二重人格の役を見事に使い分けて演じている。エイジの時はちょっとヘタレで頼りない人物だが、B一に変わった途端、目つきが鋭くなって冷たく刺すような雰囲気にガラッと変わり、その変貌ぶりがすごい」(まりも)

二重人格を完璧に演じ分けた山田涼介さんは高い演技力を証明!

秋ドラマで演技が光っている俳優4位:鈴鹿央士(silent)

第4位は鈴鹿央士さん。「silent」は主人公・青羽紬(川口春奈)が、高校時代に本気で愛した恋人・佐倉想(目黒蓮)と数年後に再会したことからはじまるラブストーリー。鈴鹿央士さんが演じるのは、紬の中学時代からの同級生で、同じサッカー部に所属していた想の親友でもある青年・戸川湊斗。学生時代、秘かに紬に想いを寄せていた湊斗は、紬と同窓会で再会したことをきっかけに彼女と付き合いはじめて3年。鈴鹿央士さんは、将来のことも考えるようになった中で二人が再会したことを知り、心がざわつき始める姿を繊細に演じました。

silent:ドラマ情報

フジテレビ 木22:00~22:54
放送:2022年10月6日 –
出演:川口春奈 目黒蓮(Snow Man) 鈴鹿央士 桜田ひより 板垣李光人 夏帆 風間俊介 篠原涼子ほか
脚本:生方美久

選んだ理由

「自然体の演技に惹かれました。穏やかで優しいイメージのある俳優さんだったので、役柄のイメージにもぴったりで、気がつくと一つ一つの場面で鈴鹿さんの演じる役柄に感情移入してしまうくらい、魅力的な演技をされていて素敵だと感じました」(おこめ)

「湊斗役がとてもハマっています。紬のことを思って身を引いたり、大切な友人の想のことを思う友情など見ていてとても切ないです。彼の素晴らしい演技がドラマを盛り上げているように思います」(あおい)

「繊細な表情で感情の動きを表現していると思う。思わず応援したくなるし、手を差し伸べたくなる、ザ・優しさの塊のようなキャラクターに、見事に命を吹き込んでいると思います」(おやかた)

「繊細で優しい役柄を、表情の微妙な変化や仕草で丁寧に演じられている姿に好感を持っています。特に泣きの演技が自然で、こちらまでもらい泣きしてしまうほどです。役柄のイメージと非常に合っていて引き込まれてしまいます」(のらやぎ)

自分よりも愛する人の幸せを優先するほどお人よしで優しい湊斗の言動が涙を誘います。

秋ドラマで演技が光っている俳優5位:吉沢亮(PICU 小児集中治療室)

第5位は吉沢亮さん。「PICU 小児集中治療室」は「監察医 朝顔」の制作陣が集結して製作された医療ドラマ。主演の吉沢亮さんが演じたのは主人公・志子田武四郎。PICUとは、高度な集中治療を必要とするおよそ15歳以下の子どもを対象にした小児専門の集中治療室のことで、広大な土地ゆえ搬送までに時間を要し、大規模なPICUの運営が困難とされる北海道を舞台に、幼い命と向き合いながら、先輩医師らと共に小児医療や医療用ジェット機の導入に奔走する若き小児科医・武四郎の姿を描きます。

PICU 小児集中治療室:ドラマ情報

フジテレビ 月21:00~21:54
放送:2022年10月10日 –
出演:吉沢亮 安田顕 木村文乃 大竹しのぶ イッセー尾形 高杉真宙 高梨臨 菅野莉央 生田絵梨花 中尾明慶ほか
脚本:倉光泰子

選んだ理由

「吉沢亮さんは、今まで王子様的なかっこいい役などの役柄しか見たことがなかったんですが、PICU小児集中治療室では、顔はいいけど役に仕事的にはダメダメな役で新鮮だったり、何もできない歯痒さ、落ち込みなどが伝わってきて凄いなと思いました。今回脱力系なんだけど、ベテラン先生に意見して自分の考えを突き通すなどの情熱もある青年役が見事にハマってるんじゃないでしょうか」(るーるー)

「初めての医者役を演じていますが、子供への寄り添い方や若くて未熟な医者をしっかり演じられていると思います。完璧な医者の姿ではなく一話一話成長していく感じや、子供との演技に涙したり、友との友情に涙したり、とても良い演技でありドラマだと思います」(hana)

「PICUでの一つ一つの重みのある演技が心にずっしりきます。医者として経験が少ないので間違った行動に出ることが多いですが、常に子供達を思いやれる医師役が凄く合っています。それでいてお母様との掛け合いはまるで本当の親子のようで演技の違いにも驚きます」(冠うさぎ)

「新しい部署での彼の奮闘にドキドキしながら毎回見ています。ときには大失敗をしたりしますが、子供を守るという熱い演技に涙が止まりません。人間性溢れる演技に感動しています」(タケ)

吉沢亮さんがみせた等身大で人間味溢れる演技は感動を呼びました。

秋ドラマで演技が光っている俳優5位:中井貴一(ザ・トラベルナース)

同じく第5位は中井貴一さん。「ザ・トラベルナース」は中園ミホさんが手がけた医療ドラマで、スーツケースひとつで医療現場を渡り歩いて看護に従事する優れたフリーランス看護師=トラベルナースの那須田歩(岡田将生)と九鬼静(中井貴一)が、同時期に天乃総合メディカルセンターで働きはじめ、まるでタイプの違う二人が反発しながらも患者ファーストで医療現場を改革していく姿を描くストーリー。中井貴一さんは何を考えているのか読めない伝説の看護師役を好演しました。

ザ・トラベルナース:ドラマ情報

テレビ朝日 木21:00~21:54
放送:2022年10月20日 –
出演:岡田将生 中井貴一 菜々緒 松平健 寺島しのぶ 安達祐実 恒松祐里 泉澤祐希 柳葉敏郎 浅田美代子ほか
脚本:中園ミホ

選んだ理由

「どのドラマを見ても一癖ある役柄で今回のザ・トラベルナースもめちゃくちゃ面白い。中井さんがいなければドラマは半減すると思います。クスッと笑えるし、無理な演技ではなく自然に役にはまってて見ていて気持ちがよいです」(ムギさん)

「なんともあやしげな、なにを考えているかわからないひとくせある役をセリフ、たたずまいで見事に演じている。主役ではないけれど、圧倒的な存在感でドラマをひっぱっている」(すのーどーむ)

「能力がありながら秘密を抱えているトラベルナースの演技が光っています。穏やかなのに説得力があり、キャストも引き込まれていると感じます。大きな実権も握っていることを匂わせ、先が期待できます。」(ミックスシュガーレス)

「安定の演技に引きこまれます。ベテランの演技は、やはりドラマを引き締めますね。それに、中井さんの発声、話し方がとても聞き取りやすいのです。中井さんに限らず、ベテランの俳優さんの方が聞き取りやすい気がするのです。その辺の基礎が若手と違ってしっかりしているのでしょうか」(saruru)

中井貴一さん演じる一癖ある謎多きキャラクター・九鬼静から目が離せません。

秋ドラマで演技が光っている俳優5位:眞栄田郷敦(エルピス-希望、あるいは災い-)

同じく第5位は眞栄田郷敦さん。「エルピス-希望、あるいは災い-」は渡辺あやさんが手がけたオリジナル脚本で、実在する複数の事件からヒントを得て制作された社会派エンターテインメント。物語は、スキャンダルによってエースの座から転落したアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)が、若手ディレクター・岸本拓朗(眞栄田郷敦)らとある冤罪疑惑を追う中で、一度は失った“自分の価値”を取り戻していく姿を描くストーリー。眞栄田郷敦さんは裕福な家庭で育ち自己肯定・評価が高いながらも、ある苦悩を抱える拓朗役を好演しました。

エルピス-希望、あるいは災い-:ドラマ情報

フジテレビ 月22:00~22:54
放送:2022年10月24日 –
出演:長澤まさみ 鈴木亮平 眞栄田郷敦 三浦透子 三浦貴大 近藤公園 池津祥子 六角精児 筒井真理子ほか
脚本:渡辺あや

選んだ理由

「ドラマはどちらかと言えば、ストーリーは重め、暗めです。でも、そんな中で眞栄田くんのちょっと能天気でおっちょこちょいで笑える可愛い演技がドラマの雰囲気を明るく、面白いものにしています。元々高い演技力を持っているなと思っていましたが、このドラマでは彼の演技力や表現力が目立ち実力が発揮されています。目の使い方、しぐさまで役になりきっていて本当に素晴らしいです」(みさき)

「チャラチャラしたイマドキっぽい若手社員と思いきや、冤罪事件に関わるうちに自分の過去の罪などと向き合うことになる2面性に惹きこまれました。淡々としながらも彼の強い目力がこのドラマをさらに動かしているようにも思います」(あおい)

「目力のある演技を見て、良い演技だなと思いました。へらへらとして抜けていたり、空回りすることも多いキャラですがどこか憎めないテレビディレクター役で、シリアスなこのドラマ内で、唯一クスっと笑える存在です。笑えるシーンとシリアスシーンを上手く演じ分けているなと感じました」(nekoテレビ好き)

眞栄田郷敦さんはチャラさの裏にある葛藤を表現した演技力が高評価!その目力も話題に。

秋ドラマで演技が光っている俳優8位:山﨑賢人(アトムの童)

第8位は山﨑賢人さん。「アトムの童」は神森万里江さんによる完全オリジナル脚本で、現代のゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者・安積那由他(山﨑賢人)が巨大資本の企業に立ち向かいながら成長していく姿を描くストーリー。主演の山﨑賢人さんが演じたのは主人公・安積那由他。ある事件をきっかけに業界から離れた那由他が再起を図る姿と、巨大企業に宣戦布告した那由他たちによる下剋上バトルから目が離せません。

アトムの童:ドラマ情報

TBS 日21:00~21:54
放送:2022年10月16日 –
出演:山﨑賢人 松下洸平 岸井ゆきの 風間杜夫 オダギリジョー でんでん 塚地武雅 岡部大(ハナコ)ほか
脚本:神森万里江 畠山隼一

選んだ理由

「軽い気持ちで「アトムの童」初回を見たのですが、予想に反して面白くハマってしまいました。ストーリーはある程度予定調和感がありますが、山﨑賢人の表情の演技が以前より巧みになったように感じ、見るのが楽しみになっています。様々な映画やドラマにに主演・出演してきた積み重ねが見られ、最初に朝ドラで存在を知った時より見たい俳優になっていると思いました」(ベルカンプ)

「天才ゲームクリエイターと呼ばれ、多少自信家なところもあるけど、ゲームに関わっている時はとにかくキラキラと目が輝いていて、大人だけど子供心を忘れない、そんな那由他の複雑な人間性をよく表現していると思います」(湊海)

「だらしないところがあったり熱いところを垣間見せる主人公を完璧に演じているなと評価しています。大袈裟さがないしリアリティを追求した振る舞いは好感が持てる役者さんです」(アリアス)

山﨑賢人さんは、天才クリエイターとしての顔と人間性のある普段の顔を巧みに表現!

秋ドラマで演技が光っている俳優9位:オダギリジョー(アトムの童)

第9位はオダギリジョーさん。「アトムの童」は神森万里江さんによる完全オリジナル脚本で、現代のゲーム業界を舞台に、若き天才ゲーム開発者・安積那由他(山﨑賢人)が巨大資本の企業に立ち向かいながら成長していく姿を描くストーリー。オダギリジョーさんが演じたのは、インターネット検索サービス”SAGAS”の社長・興津晃彦。大学時代に起業したSAGASを”ゲーム業界の黒船”と恐れられるまでに成長させた剛腕実業家で、那由他にとっては因縁の相手。そんな両者の対決は物語の大きな見どころです。

アトムの童:ドラマ情報

TBS 日21:00~21:54
放送:2022年10月16日 –
出演:山﨑賢人 松下洸平 岸井ゆきの 風間杜夫 オダギリジョー でんでん 塚地武雅 岡部大(ハナコ)ほか
脚本:神森万里江 畠山隼一

選んだ理由

「この役は絶対にオダギリジョーさんで良かった!これまでかっこいい役や独特な役の作品を見ることが多かったが、こういうあくどい役もできるんだとびっくり。悪役だがかっこいい」(メイシー)

「日曜劇場にありがちなコテコテの分かりやすい敵役ではなく、スタイリッシュで一見紳士的で、でも冷酷で非情というスマートなキャラを作り上げていて、急な代役とは思えないハマリっぷりがすごいと思う」(tomto)

「オダギリさんの役は元々違う俳優さんが演じる予定で、その俳優さんとオダギリさんの雰囲気が全く違うので、役に合うのかな?と思って見始めましたが、役柄にぴったりだなと感じたし違和感も感じなかった」(きなこ)

オダギリジョーさんは圧倒的なカリスマ性で不敵なヒール役を好演!作品に深みを与えます。

秋ドラマで演技が光っている俳優9位:安田顕(PICU 小児集中治療室)

同じく第9位は安田顕さん。「PICU 小児集中治療室」は「監察医 朝顔」の制作陣が集結して製作された医療ドラマ。安田顕さんが演じたのは丘珠病院PICUの科長・植野元。全国各地でPICUの開発に尽力してきた小児集中治療のパイオニアで、知事からの要請を受けて丘珠病院に新設されたPICUの科長に赴任。安田顕さんは、若手小児科医・志子田武四郎(吉沢亮)に指導し、日本屈指のPICU開設を目指す姿を、包容力たっぷりに演じました。

PICU 小児集中治療室:ドラマ情報

フジテレビ 月21:00~21:54
放送:2022年10月10日 –
出演:吉沢亮 安田顕 木村文乃 大竹しのぶ イッセー尾形 高杉真宙 高梨臨 菅野莉央 生田絵梨花 中尾明慶ほか
脚本:倉光泰子

選んだ理由

「吉沢亮さん演じる小児科医を時に厳しく指導し、普段は優しく見守る表情の演技に引き込まれます。立場的なこともありますが、穏やかながらもしっかりチームを引っ張っていく頼もしい雰囲気もよく出ていて良いと思います」(べあと)

「PICU植野先生役。落ち着いて、人望があって、全体を掌握しつつ若者を成長させていく、まさに理想の上司を抑えた演技で表現していて素晴らしい。穏やかでありながら武四郎(吉沢亮)を時には厳しく指導する場面もあって、このメリハリがあるからなのか、見終わると安田顕のシーンばかり印象に残る。また、ヤスケンもこの立ち位置に配役される年齢か、と言う感慨深さも実はある。」(語りたい星人)

「子供の命を助けたいという情熱と関わる人々への包容力、愛情のある役を説得力をもって演じられていて、ドラマを見て胸が熱くなることが何度もあり感情移入できる良い演技だと思うからです」(かっぱ)

穏やかながらも時に厳しく、時に優しく見守る安田顕さんの表情の演技に感情移入。

秋ドラマで演技が光っている俳優9位:鈴木亮平(エルピス-希望、あるいは災い)

同じく第9位、最後は鈴木亮平さん。「エルピス-希望、あるいは災い-」は渡辺あやさんによるオリジナル脚本で、実在する複数の事件からヒントを得て制作された社会派エンターテインメント。鈴木亮平さんが演じたのは、”大洋テレビ”報道局のエース記者・斎藤正一。浅川恵那(長澤まさみ)と岸本拓朗(眞栄田郷敦)の先輩で、恵那がエースの座を転落するきっかけとなった路上キスの相手でもある正一は、スマートで仕事がデキる男ながらも善か悪か読めないキャラクター。鈴木亮平さんは高い演技力と大人の色気で視聴者を翻弄しました。

エルピス-希望、あるいは災い-:ドラマ情報

フジテレビ 月22:00~22:54
放送:2022年10月24日 –
出演:長澤まさみ 鈴木亮平 眞栄田郷敦 三浦透子 三浦貴大 近藤公園 池津祥子 六角精児 筒井真理子ほか
脚本:渡辺あや

選んだ理由

「エルピスのスーツ姿の鈴木さんを見ていると、大河ドラマの印象と全く違うところがすごく魅力的。本当にダンディーで素敵な男性に見えます。立ち振る舞いから所作まで、いい男の醸し出すオーラがあります」(momo)

「底が知れなくて、優秀で、ちゃんと生きていけて人望もありそうなのに、傍から見ているとまったく信用できない男性が実際身近にいるとしたらこんな感じだろうな、と思える説得力のある演技をしています」(めりーる)

「仕事ができて余裕がある大人の元カレが見事にはまっていて、とてもかっこよく見えます。もともと演技は上手だと思っていましたが、エルピスの役を通して改めて良い演技をする役者さんなのだと感じました」(たぬきちの母)

鈴木亮平さんと長澤まさみさんによるラブシーンの数々も話題に。

※アンケートの調査方法:10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)を対象に、公式Twitterアカウントや他インターネットでリサーチしたアンケート結果を集計しております。(アンケート実施期間2022年11月8日〜11月15日)

まとめ

この記事では、秋ドラマで演技が光っている俳優ランキングをご紹介しました。気になった俳優、作品は動画配信サービスでチェックしてみてくださいね!

※ページの情報は2022年12月7日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画、電子書籍、動画配信サービス(VOD)など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

2024年冬ドラマ 曜日別 無料動画一覧

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日

おすすめ動画配信サービス(VOD)

ランキングの関連記事