カテゴリ一覧

TVログバナー
VIVANT,動画

100人に聞いた!2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優・女優ベストランキング

2023年12月22日 by
本ページはプロモーションが含まれています

2023年はドラマ豊作の年となりました。どんな作品、俳優さん女優さんが印象に残っていますか?

この記事では、「2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優・女優」について100人にアンケートを実施した結果を、選んだ理由とともにランキング形式で発表します。

2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優 1位:堺雅人

堺雅人

引用:Amazon

第1位は堺雅人さん。2023年7月~9月に放送されたTBS日曜劇場「VIVANT」の主人公・乃木憂助を演じました。壮大なモンゴルロケと謎が謎を呼ぶ伏線だらけのストーリーで国民的な大ヒットに。うだつの上がらない商社の社員と優秀な別班の工作員の2つの顔、さらに二重人格者という難しい役どころを演じ、改めて高い演技力と唯一無二の存在感を見せつけました。

選んだ理由

「VIVANTではセリフ回しが良かった。プロフェッショナルな仕事ぶり。鬼のような形相をみせたり、二階堂ふみとのキスシーンでは照れた表情も良かった。ドラマは面白かったが、堺雅人が主演でなければ、視聴率はそれほど上がらなかったはず」(fujitaro55)

「2023年のドラマで面白かったのは?と聞かれたらかなりの人が「VIVANT」と答えるであろう、大変話題になったドラマの主役を務めたのが堺雅人で、あの有名な「半沢直樹」の主役でもあった俳優です。超長い台詞を息つく暇もなく一気に話す事でも有名ですが、VIVANTでもそれは健在でした。キャストは日本を代表する超豪華俳優陣でしたが、中でもその演技力は尋常ではなく、存在感のある演技は輝いていました」(muuの月)

「久しぶりに日曜劇場で演じている姿を見て、存在感の大きさがさすがに堺さんだな、日曜劇場にはなくてはならない人だなと再認識できたからです。相当有能な人物でありながらもそれを周りに悟られないように演じている姿はさすがだと思いましたし、今回ばかりはできない人物を演じているのかとすっかり騙されたほどです」(natsu)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優 2位:鈴木亮平

引用:Amazon

第2位は鈴木亮平さん。映画は「エゴイスト」「リボルバー・リリー」のほか、「劇場版TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」では主演。ドラマは2023年10月~12月まで放送されたTBS日曜劇場「下剋上球児」で主人公・南雲脩司を演じました。訳アリの高校教師・南雲が廃部寸前の野球部の部員たちとともに立て直していくさまが感動を呼んで話題に。罪深い過去を周囲に隠し、ひとり葛藤する南雲役で鈴木さんの演技力の高さが光っていました。

選んだ理由

「ドラマ「下剋上球児」での、一瞬も目を離したくないと思うぐらい心を持って行かれる熱い演技が本当に素晴らしかったです。犯してしまった罪への心からの反省と、迷いや不安を乗り越えて、また前を向いて必死に生きていこうとする姿勢、その何もかもに胸を打たれました。とくに、鈴木さんが声を出さずに静かに涙を流すシーンでは見ている私まで泣いてしまうぐらいの圧倒的な演技で感動しました」(みなこ)

「幅の広い役者さんなので、最初から存在感はありましたが、先生役も新鮮で熱血指導で表情にでる演技力に惹きつけられるし、リアル感がすごくでていてジーンとするシーンも何度もあり光っていると思います」(maru)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優 3位:ムロツヨシ

悪党たちは千里を走る,ムロツヨシ

引用: U-NEXT

第3位はムロツヨシさん。2023年は映画「波紋」、ドラマは「星降る夜に」、NHK大河ドラマ「どうする家康」では豊臣秀吉役で登場。主演ドラマは「ドラフトキング」「うちの弁護士は手がかかる」と2作が放送されて、大活躍の年に。どの作品もムロさん独特のキャラが光り、注目を集めました。

選んだ理由

「現在放映中の「うちの弁護士は手がかかる」で主演を務めている演技は、他の役者にはないムロツヨシの個性を存分に活かしておりこの役をもし他の人がやったら全く違うドラマになってしまうほどの存在感を示しています。直前まで出演していた大河ドラマ「どうする家康」の豊臣秀吉役とは全く違った演技力が求められる中で見事だと思います」(森 春男)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優 3位:山田裕貴

引用:Amazon

同率第3位は山田裕貴さん。2023年は映画「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-・-決戦-」、「キングダム 運命の炎」「ゴジラ-1.0」。ドラマはNHK大河ドラマ「どうする家康」「女神の教室〜リーガル青春白書〜」「特捜9」。「ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と」では主演を務めました。演技力も作品ごとに高まり、成長と躍進の年に。

選んだ理由

「民放の連続ドラマには主役級で出演。同時撮影で身体的にきつい中、大河ドラマ「どうする家康」では、初回から殿を叱る厳しい家臣・本多忠勝を年老いるまで見事に演じきったので」(チャオシマ)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優 3位:松下洸平

matsusitakouhei

引用:Amazon

同率第3位は松下洸平さん。2023年は映画「ミステリと言う勿れ」、ドラマは「合理的にあり得ない〜探偵・上水流涼子の解明〜」「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」「いちばんすきな花」に出演。4月から12月まで連続ドラマに出演し、癒し系の中にあるコミカルさと力強さが光る演技で存在感を見せつけました。2024年大河ドラマ「光る君へ」にも出演が決定しています。

選んだ理由

「最近いろんなドラマや映画、バラエティに出られている。幅広い演技力があり、それなのにすごく自然体ですごく魅力的な方だなぁと思いました。また天然な部分もあり可愛らしさもあってとても素敵な方です」(熱々の冷奴)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優 3位:内野聖陽

引用: U-NEXT

同率第3位は内野聖陽さん。2023年は映画「春画先生」、ドラマでは西島秀俊さんとダブル主演した「きのう何食べた? season2」での演技が高評価を得ました。人気シリーズ「きのう何食べた?」は弁護士の筧史朗(西島)と美容師の矢吹賢二(内野)の男二人暮らしの日常を描く物語。内野さん演じるキュートなケンジが多くのファンの心をつかんでいます。

選んだ理由

「「きのう何食べた?」待望のseason2でした。内野さんのケンジがとても健気で可愛くて、なんて乙女チックなんだろうと毎回思っています。season1を観る前は、普段男気のある役が多かった内野さんがどんな風になるのか想像が出来ませんでしたが、一目見てケンジが大好きになりました。どんな役でもこなせるスゴイ俳優さんです」(史朗さんの手料理食べたい!さん)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優 3位:役所広司

役所広司

引用:Amazon

同率第3位は役所広司さん。2023年映画は「ファミリア」のほか、「銀河鉄道の父」「PERFECT DAYS」で主演。「PERFECT DAYS」で第76回カンヌ国際映画祭 男優賞を受賞しました。ドラマでは「VIVANT」で堺雅人さん演じる主人公・乃木憂助の父でテロ組織のリーダー、ノゴーン・ベキ役で登場。大迫力のロケーションの中で圧巻の演技を見せ、大きな話題となりました。

選んだ理由

「VIVANTでのノゴーンベキ役の姿が良かったから。緊迫感のあるシーンでの絶妙なやり取りが素晴らしい演技をしているなと思いました。そして映画PERFECTDAYSで海外からも評価が高いのも理由の一つです」(magimagi)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優 8位以下

8位:神木隆之介
8位:板垣李光人
8位:目黒蓮
8位:鈴鹿央士
8位:髙橋海人

2023年ドラマで演技が光っていたと思う女優 1位:北川景子

北川景子

引用:Amazon

第1位は北川景子さん。2023年映画はアニメ「劇場版 美少女戦士セーラームーンCosmos 後編」、ドラマは「イチケイのカラス スペシャル」のほか、NHK大河ドラマ「どうする家康」でお市の方・茶々役で出演。「女神の教室〜リーガル青春白書〜」「連続ドラマW 落日」と2作で主演を務め、大活躍の年になりました。特に「どうする家康」での母・お市と娘・茶々の演じ分けで高い演技力を見せつけて、多くの話題を集めました。

選んだ理由

「大河ドラマで母親とその娘の二役を演じていて別々の人にちゃんと見えていた。母親の年齢を重ねていく感じと娘の若々しい感じを表現するのが上手くて、こんなに演技が上手だったかなと驚きました」(オリバンダー)

「大河での二役はまるで別人。市役のときは清潔感があって凛として美しく、茶々では可憐さがありながらも鋭い家康への目線、どんどん恐ろしくなっていく姿には驚いた。回を追うごとに貫禄が増していく演技には感動する」(美月の森)

「大河ドラマ「どうする家康」での二役の演技がとても印象に残っている。お市の方の儚い生涯を美しく哀しく演じきったのを感慨深く思っていたら、なんと再び茶々様として登場して、その勝ち気で母としての狂気を鬼気迫る演技でが画面から目が離せないから」(magimagi)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う女優 2位:広瀬アリス

引用:Amazon

第2位は広瀬アリスさん。2023年のドラマでは「忍者に結婚は難しい」のほか、NHK大河ドラマ「どうする家康」では徳川家康の側室・於愛の方役で出演。「マイ・セカンド・アオハル」で学歴も金も無い主人公のアラサーOL・白玉佐弥子を好演。建築を学ぶミステリアスな大学生・小笠原拓(道枝駿佑)と出会い、一念発起で大学生に。不器用ながらも恋に勉強に奮闘する等身大の演技で多くの視聴者の心をつかみました。

選んだ理由

「以前から興味のある女優さんだったのですが【マイ・セカンド・アオハル】の広瀬アリスさんは本当に自然に見えて年の差に負けず幸せになって欲しいと思いながら夢中で見ています」(息子溺愛中)

「後悔ばかりの人生に嫌気がさし、勇気を出してアラサーで大学生になる女性を演じた広瀬アリスさんの演技に勇気と元気をもらいました。役柄もそうなのですが、きっとアリスさん自身が誠実で熱くて真っ直ぐな人だからこそ、あんなに人の心を動かせる素直な演技ができるのだと思います。ついつい応援したくなる可愛らしさ、ついつい共感してしまう親しみやすさなど、アリスさんの良さが溢れる真っ直ぐな演技ですごく良かったです」(みなこ)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う女優 2位:今田美桜

今田美桜

引用:Amazon

同率第2位は今田美桜さん。2023年映画では「東京リベンジャーズ2 血のハロウィン編 -運命-・-決戦-」ではヒロイン・橘日向役、「わたしの幸せな結婚」でもヒロイン・斎森美世役で出演。ドラマは「ラストマン-全盲の捜査官-」「トリリオンゲーム」のほか、「いちばんすきな花」で主人公・深雪夜々役を演じました。4月から12月まで連続ドラマに立て続けに出演。かわいらしいビジュアルだけでなく、演技力でも注目された年になりました。

選んだ理由

「話題となるドラマに1クールだけでなく2クール出演していたからです。社長の娘役から普通の女性の役まで幅広く演じられており、どの役も役に感じさせないほどだったからです」(かもさん)

「多くのドラマやセンチに出ずっぱりの年だったと思いますが、それぞれの役柄をうまく演じこなしていましたし、今までの「ただかわいいだけの女優さん」から脱却した気がします」(ピース)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う女優 4位:趣里

ブギウギ

引用: U-NEXT

第4位は趣里さん。2023年映画では「零落」「愛にイナズマ」のほか、「ほかげ」では主演。ドラマ「東京貧困女子。-貧困なんて他人事だと思ってた- 」でも主演を務め、NHK朝の連続テレビ小説「ブギウギ」ではヒロイン・福来スズ子役を射止めました。「ブギの女王」といわれた笠置シヅ子をモデルとしたストーリーで優れた演技力に加え、歌唱力とダンスシーンも話題に。

選んだ理由

「現在放映中のNHK連続テレビ小説「ブギウギ」での、主人公である笠置シヅ子さん役を見事に演じているので。戦時中の女性人気歌手を描いているドラマだから、通常のスタジオ演技と、当時の舞台での歌手としての演技を求められており、ブギの女王であった主人公であることから、歌も唄いダンスも踊らなければならない訳で、非常に難しい役どころを見事に演じ切っておられるので。二世タレントの殻も破った感も感じるから」(slow)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う女優 4位:小池栄子

引用:Amazon

同率第4位は小池栄子さん。2022年の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」で北条政子を演じて話題を集めました。2023年はコントとドラマを融合させた新感覚の番組「お笑いインスパイアドラマ ラフな生活のススメ」で主演。さらに「コタツがない家」では父・夫・息子のダメ男たちを養う主人公のウェディングプランナー・深堀万里江役を演じました。ますます高い演技力に磨きがかかり、来年も活躍の幅を広げそうです。

選んだ理由

「『コタツがない家』で早口の台詞もさることながらキャラの魅力が小池栄子さんだから演じられたのだという素晴らしさがあった。キャリアのある女性なのに嫌味がなく一生懸命で応援したくなった」(nasuka221)

2023年ドラマで演技が光っていたと思う女優 6位以下

6位:安藤サクラ
6位:桜田ひより
6位:上白石萌歌
6位:菅野美穂
6位:二階堂ふみ
6位:木南晴夏

2023年ドラマで演技が光っていたと思う女優 まとめ

この記事では、2023年ドラマで演技が光っていたと思う俳優・女優ランキングをご紹介しました。2024年はどんな顔ぶれが並ぶのでしょうか?
ランクインした俳優・女優さんのドラマ作品は是非、動画配信サービスでチェックしてみてください!

【アンケート調査方法】
・調査機関:自社調査
・調査対象:10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)
・調査方法:公式X、Webサイトによる調査

※ページの情報は2023年12月22日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画、電子書籍、動画配信サービス(VOD)など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

2024年冬ドラマ 曜日別 無料動画一覧

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日

おすすめ動画配信サービス(VOD)

ランキングの関連記事