カテゴリ一覧

TVログバナー

【鬼滅の刃】心に残る名言・名シーンランキングベスト10!竈門炭治郎のあのセリフは何位?

#鬼滅の刃
2021年7月1日 by

コミックのシリーズ累計発行部数は1億部を突破した吾峠呼世晴さんの人気マンガ「鬼滅の刃」。10月16日に『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』が公開され、初日3日間で観客動員342万人と大ヒット!

まさに社会現象となっているアニメ「鬼滅の刃」から、名言と名シーンをピックアップしたのでランキング形式でご紹介します。映画を見る前にしっかり押さえておきましょう!

引用: Amazon Prime Video

【鬼滅の刃】あらすじ

引用: Amazon Prime Video

物語の舞台は大正時代の日本。家族を鬼に殺された主人公・竈門炭治郎が唯一生き残ったものの、鬼になった妹・禰豆子を人間に戻すべく鬼狩りになることを決意。炭治郎は厳しい修行を経て鬼殺隊剣士となり、同期の我妻善逸や嘴平伊之助らと出会います。さらに鬼殺隊の最強メンバーの「柱」たちとも合流。

鬼殺隊全員がそれぞれの想いを胸に人間を鬼に変え、世に放っている鬼舞辻無惨を倒しに行くというストーリー。劇場版ではアニメ版1期のラストに炭治郎らが乗り込んだ無限列車での出来事が描かれます。

【鬼滅の刃】名言&名シーン1位 「俺と禰豆子が必ず、悲しみの連鎖を断ち切る刃を振るう!」

【アニメ版・第23話】炭治郎が鬼の禰󠄀豆子と行動を共にしていること知った鬼殺隊の最強メンバー・柱たちはザワザワ。お館様は柱たちに自身は容認しており、また義勇と鱗滝が禰󠄀豆子が人を襲ったら腹を切ると宣言していることも告げます。

しかし、柱のひとり不死川実弥は信じられないと猛反発。自分の腕を斬り、血を滴らせて禰󠄀豆子を試すと「人を襲ってはいけない」との鱗滝の暗示で襲いませんでした。お館様は柱たちみんなを納得させるように十二鬼月を倒すように指示。そこで炭治郎は力強くこのセリフを叫びました。

【鬼滅の刃】名言&名シーン2位 「失っても、失っても、生きていくしかないんです。どんなに打ちのめされようと」

【アニメ版・第7話】鬼殺隊の一員となった炭治郎は、毎晩若い娘が消えるという北西の町へ。3体の鬼が若い娘を狙って食べていました。炭治郎は禰󠄀豆子と共に戦い、2体を倒して1体に。その鬼に禰󠄀豆子を人間に戻す手がかりを知る鬼舞辻無惨について聞くも黙秘。襲い掛かってきたところを退治しました。

恋人を鬼に殺された男性に「大丈夫ですか」と声をかけた炭治郎。男性は「婚約者を失って大丈夫だと思うか?」と炭治郎に食って掛かります。そこで炭治郎が男性に言ったのがこのセリフ。男性は炭治郎の少年ながら分厚い手を見て、自分と同じく鬼によって大切な人を失い、苦労していることに気づかされました。

【鬼滅の刃】名言&名シーン3位 「泣くな、絶望するな。そんなのは今することじゃない」

【アニメ版・第1話】炭治郎は母親と兄妹を鬼に殺され、たったひとり生き残った妹の禰󠄀豆子を背負って雪山を降りていきます。しかし、禰󠄀豆子は鬼の血を浴びて鬼化。炭治郎に襲い掛かると、鬼殺隊の冨岡義勇が登場。禰󠄀豆子を抹殺しようとします。

炭治郎は土下座をして説得すると激怒した義勇がこのセリフを心の中で叫びました。義勇が禰󠄀豆子に剣をつきたてたときに頭上から斧が。それは炭治郎が義勇の隙をついて空高く投げかけた斧。そして禰󠄀豆子が鬼化しながらも兄を守ろうとしたのです。義勇はこのとき、炭治郎の覚悟と妹を救いたいという想い、禰󠄀豆子に残された希望を見出したのでした。

「鬼滅の刃」は動画配信サイト ABEMAプレミアム で視聴することができます!

【鬼滅の刃】名言&名シーン4位 「生殺与奪の権を、他人に握らせるな!」

【アニメ版・第1話】鬼に襲われ、瀕死の妹・禰󠄀豆子を背負って雪山を駆け降りる炭治郎。その途中で禰󠄀豆子が鬼化しているところに鬼殺隊の義勇が通りかかります。禰󠄀豆子を殺そうとする義勇を必死で止める炭治郎。そこで義勇が言ったのがこのセリフです。鬼殺隊としてさまざま鬼と生死をかけた厳しい戦いに身を投じてきた義勇。本当の鬼の恐ろしさを知る義勇だからこそ言えるセリフといえるでしょう。

【鬼滅の刃】名言&名シーン5位 「俺と禰豆子は、どこへ行くときも一緒だ。もう、離れたりしない」

【アニメ版・第26話】炎柱・煉獄杏寿郎はお館様の命令で行方不明者が多数出ている無限列車に向かっていました。炭治郎の父が火の呼吸を使っていたことを鬼殺隊のお館様・産屋敷耀哉に伝えると煉獄のもとへ行くようにと進言。炭治郎は禰󠄀豆子を伴い、同期の我妻善逸と嘴平伊之助と列車に乗り込みます。

禰󠄀豆子を安全な鬼殺隊本部に置いてきたほうがよかったのではと同行した仲間たちに問われ、炭治郎が言ったのがこのセリフ。兄としてこの先どんなことがあっても妹を守る決意が表れています。

【鬼滅の刃】名言&名シーン6位 「死ぬほど鍛える。結局、それ以外に出来ること無いと思うよ」

【アニメ版・第3話】鬼殺隊・育手の鱗滝からの炭治郎への最終試験は巨大岩を斬ること。苦戦する炭治郎の前に現れたのが狐面の少年・錆兎。炭治郎を打ちのめしたあとに現れたのが狐面を頭につけた少女・真菰でした。錆兎は炭治郎を真菰に託し、半年間修行。真菰は全集中の呼吸の極意を教え込みます。

その修行中に真菰が炭治郎に言ったのがこのセリフ。この不思議なふたりとの出会いは炭治郎の今後に大きな影響を与えます。

「鬼滅の刃」は動画配信サイト ABEMAプレミアム で視聴することができます!

【鬼滅の刃】名言&名シーン7位 「一つのことしか出来ないなら、それを極め抜け。極限の極限まで磨け!」

【アニメ版・第17話】那田蜘蛛山へ鬼殺隊の応援に行った炭治郎たち3人。蜘蛛の力を作る鬼の家族たちが猛威をふるう山で3人はバラバラに。善逸の前に人面蜘蛛が出現し、襲い掛かります。

そして、善逸は途中で蜘蛛に手をかまれて、どんどん体が蜘蛛化。絶体絶命のピンチに陥った善逸は修業時代を思い出します。師匠の元で訓練を重ねるも雷の呼吸の6つのうち、1つしか習得できなかった善逸。兄弟子から罵倒される中、師匠だけは決して善逸を見捨てずこの言葉をかけたのです。善逸はこの言葉を思い出して覚醒。雷の呼吸、壱ノ型を進化させてピンチを乗り込えました。

【鬼滅の刃】名言&名シーン8位 「進め!男なら!男に生まれたなら、進む以外の道など無い」

【アニメ版・第3話】鬼殺隊員候補を育成する鱗滝左近次のもとで修業に励む炭治郎。地獄のような厳しい訓練後、鱗滝から最終試練「巨大な岩を斬ること」を言い渡されます。何度も岩を斬ろうとするもまったく歯が立たず、半年が経過。

そこへ狐面をつけた少年・錆兎が現れて炭治郎を挑発し、襲い掛かります。錆兎が炭治郎に徹底的に攻め込みながら言ったのがこのセリフ。「男に生まれたからには前進あるのみ。前だけを向いて鬼に立ち向かう力を身につけてほしい」という錆兎の強い想いがこもった言葉です。

【鬼滅の刃】名言&名シーン9位 「てめェェ!!これ以上俺をホワホワさすんじゃねぇぇ!!」

【アニメ版・第16話】他人から優しくされてうれしいときに「ホワホワ」する伊之助。猪に育てられたので優しさという理解できず、ホワホワと表現しているのでしょう。16話で那田蜘蛛山へ鬼退治に行ったとき、山へ率先して入ってくれた伊之助に炭治郎が優しく感謝の言葉を掛けてホワホワ。

その後、強い鬼が現れて窮地に陥った伊之助を炭治郎が助けたときにホワホワして叫んだのがこのセリフ。猪との生活では経験しなかった人の優しさに触れ、戸惑いながらも幸せを感じる伊之助が愛しく思えるシーンです。

「鬼滅の刃」は動画配信サイト ABEMAプレミアム で視聴することができます!

【鬼滅の刃】名言&名シーン10位 「珠世様は今日も美しい。きっと明日も美しいぞ!」

【アニメ版・第8話】炭治郎は浅草で禰󠄀豆子を人間に戻す方法を知る鬼舞辻無惨と遭遇。無惨は通りすがりにある男性を鬼にし、街は大混乱。炭治郎はその男性を取り押さえ、人間として気遣います。その様子を見ていた女性と青年が炭治郎の手助けに。その女性は医師で鬼の珠世。人の生き血を飲むだけで生きられる特殊な体の持ち主でした。

一緒にいた愈史郎は珠代が研究を重ねて鬼にした人物。珠世と炭治郎が禰󠄀豆子を人間に戻す方法について話しているときになんの脈絡もなく愈史郎が心の中で叫んだのがこのセリフ。愈史郎が珠代を誰よりも慕っている気持ちが強く伝わります。

まとめ

映画が公開され、大ヒット中の「鬼滅の刃」。心に残る名言や名シーンがまだまだたくさんあります!ぜひ動画配信サービスでチェックしてみてください!

「鬼滅の刃」を見るならAbemaプレミアムがおすすめ!

「鬼滅の刃」はAbemaプレミアムで視聴することができます。Abemaプレミアムでは国内ドラマ、海外ドラマ、韓国ドラマ、映画、アニメ、バラエティ番組など多くの作品を配信しています。

また、恋愛リアリティショー、コアなバラエティ、K-POPアーティストのライブなど、地上波では見られない番組を見たい方にもオススメです。

「鬼滅の刃」を見るならAbemaプレミアムがおすすめ!
今なら初回2週間無料トライアル!
2週間以内に解約すれば、
無料で見られます!
解約の手続きもカンタン♪安心して楽しめます!

【鬼滅の刃】2021年カレンダー好評発売中!

【鬼滅の刃】コミックをCHECK


引用:Amazon

「鬼滅の刃」は ebookjapan で読むことができます!

※ページの情報は2021年7月1日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が運営するWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

よく読まれている記事