カテゴリ一覧

TVログバナー

大河ドラマ「麒麟がくる」公式見逃し動画を無料で視聴できる配信サイトを紹介!

#U-NEXT #大河ドラマ
2021年8月10日 by

ドラマ「麒麟がくる」の無料視聴について紹介するこの記事は、次の方におすすめです!

  • 「麒麟がくる」の見逃し配信サービスを探している
  • 「麒麟がくる」を無料で視聴したい
  • 「麒麟がくる」以外のドラマもたくさん楽しみたい

引用: U-NEXT

ドラマ「麒麟がくる」の動画を無料視聴するならU-NEXTがおすすめ!

現在「麒麟がくる」を視聴できる配信サービスはこちら。

動画配信サービス 配信 金額
FOD ×
Hulu ×
Paravi ×
U-NEXT 月額2189円(税込)で見放題。31日間無料
TSUTAYA DISCAS 月額2052円(税込)でDVD・CD借り放題。30日間無料
ABEMAプレミアム ×
Amazon Prime Video 月額500円(税込)で見放題。30日間無料
WOWOW ×
dTV ×
NETFLIX ×

U-NEXTのサービス特徴まとめ
月額料金
2,189円(税込)
無料期間
31日間
解約料⾦
0円
⾒放題作品数
22万本以上
U-NEXTの6つの魅力
  • 220,000本以上が見放題、レンタル作品も充実
  • 無料トライアルで600ポイントもらえる
  • 漫画・雑誌・書籍など、作品ラインナップが豊富
  • 110誌以上の雑誌読み放題サービスが含まれている
  • 毎月1,200円分のポイントが付与される
  • ポイントで「NHKまるごと見放題パック」の購入も可能

ドラマ「麒麟がくる」作品紹介

ここではドラマ「麒麟がくる」について詳しく紹介していきます。

テレビ局:NHK
放送年:2020年
話数:全44話
脚本:池端俊策
公式サイト

「麒麟がくる」はYoutube・Pandora・Dailymotionで見れる?

「麒麟がくる」の動画は

  • YouTube
  • パンドラ(Pandora)
  • デイリーモーション(Dailymotion)

では視聴できません。もし動画がアップされていても、それを見ることは違法です。

海外動画共有サイト(違法の動画サイト)は危険!?

2020年10月に「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律」(令和2年法律第48号)が施行されました。

海外動画共有サイト(違法動画サイト)上にある、権利元未承認のアップロード動画をダウンロード視聴すると、罰則の対象になることが決定。罰則の対象の対象になるだけでなく、海外動画共有サイト(違法動画サイト)を視聴すると、フィッシング詐欺の被害、ウィルス被害に遭う可能性あるので要注意です。

そのため、公式配信で公開されている動画を楽しむようにしましょう!

ドラマ「麒麟がくる」あらすじ

1540年代の戦国時代初期を舞台に、本能寺の変を起こした明智光秀を通して、織田信長や斎藤道三、今川義元、豊臣秀吉、徳川家康たち歴史上に名を遺した戦国武将たちの運命の行く末描いていく戦国絵巻。室町時代末期、戦いが続く日々に疲弊した若き明智光秀(長谷川博己)は、主君である斎藤道三(本木雅弘)に戦乱の原因を知るため京に行くことを申し出る。平和を願う光秀は、仁のある政治をする為政者が現れると降り立つ聖なる獣・麒麟を呼ぶことはできるのか…。旅を終えた光秀は、因縁の相手となる織田信長(染谷将太)の家を探索するよう命じられさまざまな武将と関り合うことになっていく。

ドラマ「麒麟がくる」みどころ

ドラマ「麒麟がくる」は、2020年から2021年にかけて放送されたNHK大河ドラマの第59作目となる作品です。謎に包まれた明智光秀の生涯を描いた物語で、主人公の明智光秀役には2018年度後期放送の連続テレビ小説『まんぷく』にも出演した長谷川博己さんが起用されました。
最新の歴史の研究成果も加味し、新たな観点から戦国時代の武将たちを描いた群像劇としても楽しめる作品です。本作は、撮影開始されてからのキャスト変更や新型コロナウイルの影響などによって放送開始の遅れや放送回数の変更などがありながらも、高視聴率を集めた人気作となりました。

ドラマ「麒麟がくる」感想&口コミ

「戦国武将としては人気のある織田信長を裏切った仇として語られることの多い明智光秀にスポットを当てたのは珍しい作品だと思う。内容も今までとは違った観点や解釈で描かれていて斬新だった。キャスティングも、長谷川博己さんをはじめとして染谷将太さんや安藤政信さんなど、時代劇としてのイメージがない俳優さんが多くて新鮮。この作品を通して明智光秀を好きになった人も多いんじゃないだろうか。タイトルに込められた意味も興味深い。(ガオさん)」

「急なキャスト変更やコロナの影響もあって、スケジュールやストーリー構成などの調整も大変だったろうと思う。そのせいか途中展開が駆け足になることや違和感を覚えるところもあったけど、全体的には高評価。特に、本木雅弘さんと染谷将太さんの演技がよかったです。織田信長はいろいろな人が演じてきたけれど、私の中では染谷将太さんが一番良かった。女性陣もかわいくて、これまでの時代劇とは違った魅力のある作品で面白かったです。(むらさめさん)」

ドラマ「麒麟がくる」キャストを紹介

ここではドラマ「麒麟がくる」に出演したキャストを紹介します。

  • 明智光秀(十兵衛)/長谷川博己
  • 織田信長/染谷将太
  • 駒/門脇麦
  • 菊丸/岡村隆史
  • 煕子/木村文乃
  • 牧/石川さゆり
  • 明智光安/西村まさ彦
  • 明智左馬助/間宮祥太朗
  • 太原雪斎/伊吹吾郎
  • 稲葉良通/村田雄浩

ドラマ「麒麟がくる」1話〜最終話のあらすじ

第1話「光秀、西へ」

「麒麟がくる」第1話 あらすじ

室町時代末期の美濃。若き明智光秀(長谷川博己)は度重なる戦いの日常に疲弊し、主君斎藤道三(本木雅弘)になぜこのような戦乱が続くのか、当時の日本の中心である京に行って見てきたいと申し出る。が、けちな道三はなかなか首をたてにふらない。考えあぐねた光秀は、当時まだ出回ったばかりの鉄砲を手に入れて帰ってくること、そして病にふせる道三の妻小見の方のために京都の名医を連れてくることを条件に旅の許可を得る。

引用: U-NEXT

第2話「道三の罠(わな)」

「麒麟がくる」第2話 あらすじ

美濃に戻った光秀(長谷川博己)と駒(門脇麦)たちを待ち受けていたのは、美濃の隣国尾張からの侵略であった。光秀の主君斎藤道三(本木雅弘)は、尾張の織田信秀(高橋克典)を市街地井ノ口で待ち受ける。攻め込む織田軍は井ノ口に突入するが、それは道三の罠(わな)であった…。

引用: U-NEXT

第3話「美濃の国」

「麒麟がくる」第3話 あらすじ

加納口の戦いから半年後、帰蝶(川口春奈)は光秀(長谷川博己)の故郷・明智荘のもとに戻った光秀に会いに、馬を走らせる。その胸には戦のあと、織田方に通じたことを父道三に見破られ、毒殺された夫頼純(矢野聖人)への深い悲しみがあったのだ…。

引用: U-NEXT

第4話「尾張潜入指令」

「麒麟がくる」第4話 あらすじ

医師望月東庵(堺正章)が京へ帰る日がきた。が、道三(本木雅弘)は望月が織田信秀(高橋克典)と内通しているとの情報を得ていて、東庵に、織田方の情報を美濃に流すよう指図する。しぶる東庵に道三は駒の命を人質にすることでようやく納得させ、情報を流す相手として光秀(長谷川博己)を指名する。

引用: U-NEXT

第5話「伊平次を探せ」

「麒麟がくる」第5話 あらすじ

鉄砲の組み分けをするため、光秀(長谷川博己)は近江へ。そこで、組み分けができる伊平次という若者が京にいることを知った光秀は道三(本木雅弘)に依頼し再び京へ向かう。そこで光秀は、細川藤孝(真島秀和)という若者と出会う。

引用: U-NEXT

第6話「三好長慶襲撃計画」

「麒麟がくる」第6話 あらすじ

京にいる光秀(長谷川博己)はひょんなことから松永久秀(吉田鋼太郎)と三好長慶(山路和弘)が主君細川晴元に襲撃されるという噂(うわさ)を聞く。知己を得ている三淵を通じて将軍足利義輝(向井理)に謁見し、動乱をとめるよう進言する。三淵らにたしなめられた光秀はこの程度の乱をしずめられないのならなんのための武家の棟梁(りょう)、なんのための将軍かと思いを義輝の前で吐露する。

引用: U-NEXT

第7話「帰蝶の願い」

「麒麟がくる」第7話 あらすじ

京から帰った光秀(長谷川博己)を待っていたのは帰蝶(川口春奈)の尾張への嫁入り話だった。かつての夫を父道三(本木雅弘)に殺害されている帰蝶は、光秀に嫁入りの是非を相談する。一方、帰蝶を通じて尾張と同盟を結ぶことは駿河の今川を敵にまわすことであるとして高政(伊藤英明)らはこの婚姻に真っ向から反抗する。

引用: U-NEXT

第8話「同盟のゆくえ」

「麒麟がくる」第8話 あらすじ

帰蝶の命で尾張に入った光秀(長谷川博己)は、信長(染谷将太)と会い、その印象を美濃に戻って帰蝶(川口春奈)に伝える。帰蝶は光秀の説得により嫁入りを決意する。だが、そのことを知った高政は激怒。尾張と同盟を結ぶことは、今川義元を敵にすることだと光秀を強く非難する。

引用: U-NEXT

第9話「信長の失敗」

「麒麟がくる」第9話 あらすじ

尾張に嫁いだ帰蝶(川口春奈)はついに夫となる織田信長(染谷将太)とはじめて対面。その風変わりだが、愛嬌(きょう)のある不思議な人柄にひかれ始める。いっぽう、帰蝶も駒(門脇麦)も去り、孤独となった光秀(長谷川博己)の前にも、幼なじみのひろこ(木村文乃)との再会が待っていた。

引用: U-NEXT

第10話「ひとりぼっちの若君」」

「麒麟がくる」第10話 あらすじ

光秀(長谷川博己)と別れ、傷心の駒(門脇麦)は、京で久しぶりに自分の過去を知る伊呂波太夫(尾野真千子)と再会し、自分を助けた武士の秘密を知る。一方美濃の光秀は、道三の命令で再び同盟を結ぶ尾張に入り、帰蝶をたずねるが、そこで織田信長(染谷将太)と運命の出会いを果たす。

引用: U-NEXT

第11話「将軍の涙」

「麒麟がくる」第11話 あらすじ

竹千代を手に入れた今川義元(片岡愛之助)は尾張への侵攻を開始する。窮地に陥った尾張は美濃の斎藤道三(本木雅弘)に援軍を依頼するが、美濃の国衆は道三に従わず、兵は出せない。光秀(長谷川博己)は道三の使者として再び尾張へとぶ。

引用: U-NEXT

第12話「十兵衛の嫁」

「麒麟がくる」第12話 あらすじ

光秀(長谷川博己)は、妻木の里である再会をする。一方織田信秀(高橋克典)の病状はいよいよ悪く、信長(染谷将太)は家督が誰につがれるのか気が気でない。落ち込む信長を前に、帰蝶は病床の信秀のところに考えを聞きにいく。

引用: U-NEXT

第13話「帰蝶のはかりごと」

「麒麟がくる」第13話 あらすじ

道三(本木雅弘)は頼芸(尾美としのり)と一戦まじえると言いだし、光秀(長谷川博己)はそうならないように道三を説得する。だが、道三は実際に戦うつもりはないという。そのころ、駿河に向かう駒は、奇妙な男(佐々木蔵之介)と出会う。

引用: U-NEXT

第14話「聖徳寺の会見」

「麒麟がくる」第14話 あらすじ

聖徳寺に現れた信長(染谷将太)は鉄砲隊を連れてくる。道三(本木雅弘)ははじめて娘婿信長に会い、その奇妙な言動に興味をそそられる。一方、酒におぼれた道三の側室・深芳野(南果歩)は長良川のほとりで水死する。

引用: U-NEXT

第15話「道三、わが父に非(あら)ず」

「麒麟がくる」第15話 あらすじ

道三(本木雅弘)は出家し、家督を高政(伊藤英明)にゆずる。だが、道三の次男・孫四郎はそのことを快く思っていなかった。光秀たちは孫四郎にその相談を受ける。実は孫四郎の背後には、尾張の帰蝶(川口春奈)がいた。一方、駿府の駒(門脇麦)は、相変わらず藤吉郎(佐々木蔵之介)につきまとわれていた。

引用: U-NEXT

第16話「大きな国」

「麒麟がくる」第16話 あらすじ

道三(本木雅弘)は、稲葉山を出て大桑城へ向かう。光秀(長谷川博己)は仲裁を頼もうと帰蝶のもとへ向かうが、孫四郎の死をとめられなかったため、けんもほろろに追い返される。光秀は大桑城の道三のもとへ向かって戦をしないよう説得するが、すでに道三の決意は固かった。

引用: U-NEXT

第17話「長良川の対決」

「麒麟がくる」第17話 あらすじ

ついに道三(本木雅弘)と高政(伊藤英明)の長良川での戦いが始まった! 形勢は断然道三の不利だが、道三は高政に一騎打ちを挑む。光秀(長谷川博己)はかけつけるが、道三の死に間に合わなかった。一方明智城では光安(西村まさ彦)が籠城の準備をしていた。

引用: U-NEXT

第18話「越前へ」

「麒麟がくる」第18話 あらすじ

明智城は高政(伊藤英明)の攻めの前に落城する。尾張へ逃げようとする光秀(長谷川博己)一家の前に、駿河から来た駒(門脇麦)が現れ、尾張は追っ手が来ているので北へ逃げるよう諭す。北へ向かった光秀一行の前に、帰蝶が放った伊呂波太夫(尾野真千子)が現れ、越前へ案内すると語る。

引用: U-NEXT

第19話「信長を暗殺せよ」

「麒麟がくる」第19話 あらすじ

斎藤道三の死から二年後、光秀(長谷川博己)は越前にいた。ある日、朝倉義景に呼び出された光秀は京へ鷹を届けるよう命じられる。将軍足利義輝に向けたものだという。久しぶりに京を訪れた光秀は、細川藤孝らと会い、意外な事実を知る。

引用: U-NEXT

第20話「家康への文」

「麒麟がくる」第20話 あらすじ

1560年。駿河の今川義元(片岡愛之助)は大群を率いて尾張へ侵攻する。圧倒的な兵力の違いを前に織田信長(染谷将太)はなすすべもない。越前の光秀(長谷川博己)は、帰蝶にこの戦の鍵をにぎるのは三河の松平元信(風間俊介)であることを進言する。

引用: U-NEXT

第21話「決戦!桶狭間」

「麒麟がくる」第21話 あらすじ

今川義元(片岡愛之助)は尾張へ侵攻。危機を察知した信長(染谷将太)は籠城といいつつ、別の作戦を展開する。死を覚悟した信長は帰蝶(川口春奈)にある人物を紹介する。そのころ、光秀(長谷川博己)は尾張へと馬を走らせていた。

引用: U-NEXT

第22話「京よりの使者」

「麒麟がくる」第22話 あらすじ

桶狭間の戦いから4年がたった。ある日、越前の光秀(長谷川博己)のもとに京から細川藤孝が訪ねてくる。藤孝は将軍足利義輝(向井理)が、光秀に会いたがっていると告げる。義輝は京で、三好長慶の完全な傀儡(かいらい)となっていた。

引用: U-NEXT

第23話「義輝、夏の終わりに」

「麒麟がくる」第23話 あらすじ

織田信長(染谷将太)を義輝のために上洛させるため、美濃へ向かった光秀(長谷川博己)。だが、信長は戦に忙しく、光秀の御内書を読むひまがない。代わりに出てきた藤吉郎(佐々木蔵之介)から将軍暗殺のうわさを聞き、光秀は逆上する。

引用: U-NEXT

第24話「将軍の器」

「麒麟がくる」第24話 あらすじ

永禄の変により、将軍足利義輝(向井理)が三好一派により殺害される。これにより、弟の覚慶(滝藤賢一)が興福寺に幽閉され、藤孝らは救出に向かう。光秀(長谷川博己)は、怒りにまかせ、大和の松永(吉田鋼太郎)のもとへ馬を走らせる。

引用: U-NEXT

第25話「羽運ぶ蟻(あり)」

「麒麟がくる」第25話 あらすじ

敦賀で足利義昭(滝藤賢一)は足止めをくらい、一乗谷に入れない。一方、牧(石川さゆり)は光秀(長谷川博己)に故郷美濃に帰りたいと訴える。美濃は信長(染谷将太)が平定し、明智一族が帰りやすくなっていたのだ。

引用: U-NEXT

第26話「三淵の奸(かん)計」

「麒麟がくる」第26話 あらすじ

ある日、光秀(長谷川博己)のもとへ朝倉義景の家老、山崎吉家が訪ねてくる。近く行われる義景の宴の会に、ぜひ出てほしいと依頼され、とまどう光秀。山崎には何か考えがあるようであった。宴に出ると、朝倉の上洛について、家臣それぞれに考えが違うようであった。

引用: U-NEXT

第27話「宗久の約束」

「麒麟がくる」第27話 あらすじ

光秀(長谷川博己)によって義昭(滝藤賢一)は美濃へ入った。信長(染谷将太)と会った義昭は信長が用意した軍資金を貧しいもののために使いたいといい、信長を失望させる。信長は上洛するために京の三好の兵力を光秀に調べてくるよういいわたす。

引用: U-NEXT

第28話「新しき幕府」

「麒麟がくる」第28話 あらすじ

光秀(長谷川博己)と信長(染谷将太)は義昭(滝藤賢一)を伴いついに上洛する。幕府と織田軍の連合軍である上洛軍は、松永(吉田鋼太郎)の処遇をめぐってもめる。そして新しい幕府は、政所頭人・摂津晴門(片岡鶴太郎)の登用を決める。

引用: U-NEXT

第29話「摂津晴門の計略」

「麒麟がくる」第29話 あらすじ

信長(染谷将太)がおしすすめた強引な二条城造成は、京の古くからの寺社らの猛反発を買う。彼らは幕府官僚・摂津晴門(片岡鶴太郎)にとりいり、信長失脚を画策する。一方、光秀(長谷川博己)は、旧来の幕府の内情が何から何まで腐っていることに気づき始める。

引用: U-NEXT

第30話「朝倉義景を討て」

「麒麟がくる」第30話 あらすじ

光秀(長谷川博己)は美濃に向かい、そこで久しぶりに帰蝶(川口春奈)に会う。帰蝶は信長(染谷将太)に朝倉を討つように伝えたと語る。一方信長は帝(坂東玉三郎)に会い、朝倉との戦の勅命をもらえないかと考える。

引用: U-NEXT

第31話「逃げよ信長」

「麒麟がくる」第31話 あらすじ

信長(染谷将太)は光秀(長谷川博己)とともに朝倉攻めを開始した。しかし、朝倉は簡単に城を明け渡し、様子がおかしいことに松永(吉田鋼太郎)や家康(風間俊介)は気づく。そんな時、左馬之助から光秀にある知らせが入る。

引用: U-NEXT

第32話「反撃の二百挺(ちょう)」

「麒麟がくる」第32話 あらすじ

金ヶ崎で朝倉義景に敗れた信長(染谷将太)は、反撃の機を狙い、光秀(長谷川博己)と藤吉郎(佐々木蔵之介)に鉄砲の調達を命じる。光秀は武器商人でもある今井宗久のもとを訪れ、鉄砲を譲ってくれと依頼するが、宗久は意外な人物に鉄砲を売る予定だといって拒む。

引用: U-NEXT

第33話「比叡山に棲(す)む魔物」

「麒麟がくる」第33話 あらすじ

比叡山に籠城した朝倉(ユースケ・サンタマリア)に業を煮やした信長(染谷将太)は、光秀(長谷川博己)を比叡山に放ちかつての主君義景に会わせる。義景は比叡山天台座主覚如(春風亭小朝)を光秀にひきあわせる。

引用: U-NEXT

第34話「焼討ちの代償」

「麒麟がくる」第34話 あらすじ

比叡山の戦で光秀(長谷川博己)は女子供を逃がし、信長(染谷将太)の命に背く。信長は許すが、光秀の心には非情な戦の記憶が刻み込まれる。そんな折、市場にいった次女たまが石を投げられ怪我(けが)をする。比叡山の戦で身内を殺された民衆から投げつけられたものだった。

引用: U-NEXT

第35話「義昭、まよいの中で」

「麒麟がくる」第35話 あらすじ

比叡山での功績が認められ、光秀(長谷川博己)は近江坂本城を与えられる。が、信長(染谷将太)の義昭(滝藤賢一)への高圧的な態度が日に日にまし、気が気ではない。一方摂津(片岡鶴太郎)はついに光秀暗殺計画に踏み出す。

引用: U-NEXT

第36話「訣(けつ)別」

「麒麟がくる」第36話 あらすじ

伊呂波太夫(尾野真千子)を通じて三条西実澄に会った光秀(長谷川博己)は、帝(坂東玉三郎)と会うことを許される。三条西の用人として御所に参内した光秀は、帝からことばを頂く。その言葉は光秀と同じく平らかな世を願ったものだった。

引用: U-NEXT

第37話「信長公と蘭奢待(らんじゃたい)」

「麒麟がくる」第37話 あらすじ

挙兵した足利義昭(滝藤賢一)に呼応する諸大名は少なく、義昭は信長(染谷将太)に敗れる。従った三淵(谷原章介)もまた。光秀(長谷川博己)は切なさを覚える。駒(門脇麦)は追放された義昭と会い、変貌した将軍に涙する。

引用: U-NEXT

第38話「丹波攻略命令」

「麒麟がくる」第38話 あらすじ

岐阜の信長(染谷将太)から三淵(谷原章介)への切腹命令が出る。三淵は潔く従い、坂本城で散る。そんな折、光秀(長谷川博己)のもとを斎藤利三という男が訪ねてくる。斎藤は主君稲葉一鉄に不満があるという。

引用: U-NEXT

第39話「本願寺を叩け」

「麒麟がくる」第39話 あらすじ

信長は本願寺の粘り強い攻撃に手を焼いていた。天王寺砦(とりで)にたてこもった光秀のもとに信長がかけこんでくる。単身戦場に向かう信長を止める光秀。そんな中、光秀が病に倒れる。

引用: U-NEXT

第40話「松永久秀の平蜘蛛(ひらぐも)」

「麒麟がくる」第40話 あらすじ

妻を失い、空虚感にさいなまれる光秀のもとに、太夫からの知らせが入る。途中であった三条西から、帝が光秀に興味を持っていることを知らされる。太夫が待つ神社にいくと、そこには意外な人物が…光秀と数十年来のつきあいの松永久秀の姿がそこにあった。

引用: U-NEXT

第41話「月にのぼる者」

「麒麟がくる」第41話 あらすじ

信長(染谷将太)に問われたが光秀(長谷川博己)が隠し持った久秀の平蜘蛛(ひらぐも)。たずねてきた秀吉(佐々木蔵之介)に、情報を流したのは秀吉の弟のスパイだなと光秀は問い詰める。光秀はだが、隠し持つことを悩み始める。

引用: U-NEXT

第42話「離れゆく心」

「麒麟がくる」第42話 あらすじ

信長(染谷将太)の家臣・荒木村重が謀反を起こす。荒木は将軍義昭(滝藤賢一)を追放した信長が許せないと語る。すべての争いの根が義昭にあると知った光秀(長谷川博己)は備後の義昭のもとへ向かう。

引用: U-NEXT

第43話「闇に光る樹」

「麒麟がくる」第43話 あらすじ

光秀(長谷川博己)は丹波攻めを終了する。信長(染谷将太)はついに帝(みかど)の譲位にとりかかるが、光秀は強烈な違和感を禁じ得ない。そんなとき光秀はある夢を見、その話を駒(門脇麦)にする。

引用: U-NEXT

最終話「本能寺の変」

「麒麟がくる」最終話 あらすじ

家康(風間俊介)饗(きょう)応の席で信長(染谷将太)に罵倒された光秀(長谷川博己)はそののち、信長からある指令を受ける。それは光秀には到底承服できぬものであった。光秀は、ついにある決心をする。

引用: U-NEXT

U-NEXTでは、ほかにこんな作品が見られます

ここではU-NEXTで見ることができるおすすめの作品を紹介します。

U-NEXTで見れる国内ドラマ

篤姫
西郷どん
葵 徳川三代
江 姫たちの戦国
信長 KING OF ZIPANGU
利家とまつ
天地人
風林火山

U-NEXTで見れる国内映画

シン・ゴジラ
寄生獣
亜人
3月のライオン
50回目のファーストキス
ちはやふる
蛇にピアス
いぬやしき

ほか多数

ドラマ「麒麟がくる」を無料視聴する方法まとめ

こちらでは、ドラマ「麒麟がくる」を無料視聴する方法をご紹介しました。今回紹介した動画配信サービス「U-NEXT」を利用すれば安全に視聴することができますので、ぜひ「麒麟がくる」を楽しんでください!

※ページの情報は2021年8月10日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が運営するWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

よく読まれている記事