カテゴリ一覧

TVログバナー

300人に聞いた!好きな戦国武将ランキングベスト10&ハマリ役だった俳優は?

#堺雅人 #小栗旬
2021年12月13日 by

大河ドラマや年末年始の大型ドラマで取り上げられることが多い時代といえば、数々の武将が活躍した戦国時代。ドラマで好きになった武将がいるという方も多いのではないでしょうか。2020年放送の大河ドラマ「麒麟がくる」もドラマファンや歴史ファン、戦国ファンから高評価を集めていますね。

そこで、今回は好きな戦国武将とハマリ役だった俳優をアンケート調査!300人に聞いた好きな武将ベスト10とそれぞれのハマリ役トップ3を、選んだ理由とともにランキングで紹介します。

「おすすめVOD(動画配信サービス)徹底比較」記事はこちら!

引用:Amazon

好きな戦国武将ランキング1位:織田信長

尾張に生まれ、室町幕府の再興を経て天下人を目指した武将。比叡山の焼き討ちなど長年残虐な性格の持ち主として評されてきたが、近年では武将としての評価が見直されてきている。

織田信長がハマり役だった俳優1位:小栗旬(信長協奏曲・2014年)

「一言で言えば演技力。今まで信長役の俳優はシニアクラスばかりだったが、若いながらも貫禄と威厳がある演技で良い意味でイメージが崩れた。」(どん)

「原作の漫画もとても面白いので映像化も期待していた。小栗旬の信長役も自由奔放でぴったりハマり役だった。」(ティープ)

「冷酷そうなイメージもあるが、実はとても情にあつい戦国武将だったような気がする。その繊細さを見事に演じていた。」(E子)

織田信長がハマり役だった俳優2位:反町隆史(利家とまつ~加賀百万石物語~・2002年)

「織田信長のイメージらしい、堂々とした態度と低い声、グサッと刺さる言葉と喋り方が雰囲気と合致していた。」(DRM)

「数々の俳優が演じているが、その中でも適役だった。初時代劇であの迫力はすごいし、口数の少なさもまた良かった。」(妹尾)

 

▼【反町隆史】が出演した歴代ドラマ記事一覧はこちら!

織田信長がハマり役だった俳優3位:及川光博(信長のシェフ・2013年)

「切れ者で新しい物好きだと言われている織田信長の性格にうまくマッチしていて、キャスティングが新鮮だった。」(KAI-KO)

「冷たさすら感じる端正な顔立ち、凜とした佇まい、気品に満ちて激しい気性の中に滲む繊細さと儚さ、実に魅力的な信長。」(りん)

好きな武将第1位は織田信長!戦国時代が多い大河ドラマでも、豊臣秀吉と並んでダントツトップの登場数なんです。ハマリ役トップ3は、それぞれタイプの違う信長が選ばれました。このほかには、渡哲也さん(秀吉・1996年)、染谷将太さん(麒麟がくる・2020年)、高橋英樹さん(国盗り物語・1973年)なども多く選ばれていましたよ。

好きな戦国武将ランキング2位:豊臣秀吉

木下藤吉郎と名乗り武将として名を上げ、織田信長に仕えてから羽柴秀吉と改名して大きく台頭。信長が亡くなってからも武功を上げ続け、やがて全国を平定し天下統一を成し遂げる。

豊臣秀吉がハマり役だった俳優1位:竹中直人(秀吉・1996年)

「歴史の授業で持っていた豊臣秀吉のイメージとピッタリとあっていた。人の懐に自然に入って出世していくところに親しみが持てる。」(パイン)

「おちゃらけた部分と残酷な部分、それぞれの情緒を演じこなし、このような人物だったと思わせる現実的な演技。心配御無用というフレーズも使い分けをうまく表現していた。」(雪雷)

豊臣秀吉がハマり役だった俳優2位:大泉洋(清洲会議・2013年)

「コミカルでとても面白かった。庶民的な少しずる賢いくらいの知恵があり、こんな感じだったら面白いなと思った」(ネコちゃん)

「庶民出身という人間味、軽さと人好きのするキャラクターがハマっていた。」(むつ豪)

豊臣秀吉がハマり役だった俳優3位:草彅剛(太閤記 サルと呼ばれた男・2003年)

「優しく仲間思いな雰囲気や人相がマッチしていて、こういう豊臣秀吉も面白いなと思った。」(Doo)

「肖像画で描かれているイメージと草彅剛の少し痩せたイメージが見事にマッチしていた。演技力もあり、豊臣秀吉の半生をきちんと感じられた。」(仁郎)

信長と並んで数多くの作品に登場する秀吉が2位でした!こちらのハマリ役も、それぞれタイプの違う秀吉が選ばれていますね。ほかには香川照之さん(利家とまつ~加賀百万石物語~・2002年)、山田孝之さん(信長協奏曲・2014年)も人気上位でした。

好きな戦国武将ランキング3位:伊達政宗

仙台藩の初代藩主。幼い頃に病気で右目を失明したことから「独眼竜」の異名を持つ。武将としてはもちろん、数々の趣味を持つ文化人としての評価も高い。

伊達政宗ががハマり役だった俳優1位:渡辺謙(独眼竜政宗・1978年)

「伊達政宗を初めて知ったドラマ。今でも人気が高く、伝説の作品。」(御幸)

「当時子供だったが、謙さんの迫力、目力に圧倒された。伊達政宗が好きなのはこのドラマを観たから。」(みよ)

「とにかく鮮烈!渡辺謙を知らなかったがこのドラマを見て、あまりの迫力と気迫溢れる演技に圧倒された。」(コード)

好きな武将第3位・伊達政宗のハマリ役は、なんと渡辺謙さんが票を独占!みなさん大河ドラマ「独眼竜政宗」の印象が強く、このドラマで政宗公や渡辺謙さんを好きになったという意見が多数でした!

好きな戦国武将ランキング4位:真田幸村

後年の書物で幸村として知られるようなった武将で、正しくは真田信繁。大坂夏の陣で豊臣方の武将として、徳川家康の本陣に攻め込んだ活躍が有名で、今でも英雄的な武将として慕われている。

真田幸村がハマり役だった俳優1位:堺雅人(真田丸・2016年)

「15歳の少年源次郎から、壮年期の幸村までを表情豊かに鮮やかに演じきり、全話釘付けになった。」(ねんど)

「静かに奢らず気遣いができ、時に荒ぶる。真田幸村のイメージがよく出ていた。」(ライカァ)

真田幸村がハマり役だった俳優2位:城田優(天地人・2009年)

「主人公ではなかったが、近年の歴史ドラマの中では最もハマって見ていた。かっこいい幸村だった」(てい九)

真田幸村がハマり役だった俳優3位:草刈正雄(真田太平記・1985年)

「子どもの頃見たインパクトが強く、それから歴史好きになった思い入れがある。」(田仲)

大河ドラマも人気だった真田幸村が4位!「真田丸」で幸村の父・昌幸を演じた草刈正雄さんは、「真田太平記」では幸村を演じていました。

好きな戦国武将ランキング5位:黒田官兵衛

三英傑と呼ばれる織田信長、豊臣秀吉、徳川家康それぞれに重用された武将。軍事的な才能に秀でた人物で、特に秀吉の参謀として長く側近を務めていた。

黒田官兵衛がハマり役だった俳優1位:岡田准一(軍師官兵衛・2014年)

「これ以上ないのではないかと思えるほどのはまり役。戦場を駆け巡る勇姿、幽閉生活の迫真の演技に引きずり込まれた。」(オブ壱)

「お芝居が自然で、大河ドラマは続かない私もずっと見続けられた。」(Talk)

黒田官兵衛がハマり役だった俳優2位:伊武雅刀(秀吉・1996年)

「さすがの演技力で、自分が持つ黒田官兵衛のイメージにぴったりだった。」(芳仁)

「軍師官兵衛」の岡田准一さんはさすがの人気!知将としての姿はもちろん、晩年の剃髪した姿も堂に入っていましたね。

好きな戦国武将ランキング6位:徳川家康

関ヶ原の戦いで戦国時代に終止符を打ち、江戸幕府を開いて天下人となった武将。幼い頃は織田氏と今川氏で長く人質として過ごし、現在は日光東照宮で東照大権現として祀られている。

徳川家康がハマり役だった俳優1位:津川雅彦(葵 徳川三代・2000年/独眼竜政宗・1987年)

「今までの家康の役者より、明るく怖く、時にはとぼけた、はっきりした言い回しが似合う、迫力のある家康だった。」(寒竜)

「自分がイメージする家康にぴったりで、この作品を見てからは小説で家康が出てきたときに津川さんを思い浮かべてしまうほど。」(ラクーン)


徳川家康がハマり役だった俳優2位:西田敏行(功名が辻・2006年/影武者 徳川家康・2014年)

「恰幅がよくてイメージ通り。特に耳たぶが分厚くてこれは出世すると見入ってしまった。」(チェリー)

「容姿、口調全てにおいて、家康が生きていたらこんな感じだろうと想像がつくような演じ方だった。」(荒井)

徳川家康がハマり役だった俳優3位:内野聖陽(真田丸・2016年)

「年齢、体型、ちょっとユーモラスなところなど、一番はまってた。」(ふみ)

数々の名優が演じてきた家康は、大河ドラマで2度の家康を演じた津川雅彦さんがダントツ人気!特に主演の「葵 徳川三代」での演技が好評でした。

好きな戦国武将ランキング7位:上杉謙信

越後国の大名。戦国時代きっての戦上手として知られ、謙信自身も武神・毘沙門天の熱心な信仰家だった。武田信玄とのライバル関係も有名。

上杉謙信がハマり役だった俳優1位:GACKT(風林火山・2007年)

「まるで戦国時代から本人がタイムスリップしてきたのかというぐらい、何一つ違和感なく上杉謙信を演じていた。」(うっしー)

「“侵さず、侵させず”という、戦国武将としては異色を放った戦上手の武将に独特のキャラクターがすごく合っていた。とにかく、格好いい。」(ミィ)

上杉謙信がハマり役だった俳優2位:阿部寛(天地人・2009年)

「武将らしい迫力と目力がすごく、見ていて演技に引き込まれるほどハマり役だった。所作を含めかっこよく武将を表現していた。」(ばっつ)

「どっしりと構えた謙信役が似合っていた。他の武将と違って、冷静さと謙虚と温かさを感じる人。」(シャイン)

 

▼【阿部寛】が出演した歴代ドラマ記事一覧はこちら!

3位:榎木孝明(天と地と・1990年)上杉謙信がハマり役だった俳優

「代役出演だったが、津川雅彦の怪演と壮大なエキストラと共に謙信を演じきった。映画館で見た迫力は本物。」(BASS)

GACKTさんが謙信を演じた大河ドラマでランクイン!原作以上に重要な役どころを演じ、女性説もある謙信を魅力的に表現していましたね。

好きな戦国武将ランキング8位:直江兼続

戦国時代から江戸時代初期にかけての武将で、米沢藩では家老を務めた。側室を迎えず、生涯正室の妻・お船の方だけを愛したことで知られる。

直江兼続がハマり役だった俳優1位:妻夫木聡(天地人・2009年)

「まっすぐな性格と、一度慕ったらとことん尽くす様子が彼のキャラクターにあっていた。」(ひな子)

「妻夫木聡の知的だが情熱的なところが直江兼続に合っていたし、ドラマも面白かった。」(プラム)

 

▼【妻夫木聡】が出演した歴代ドラマ記事一覧はこちら!

8位の直江兼続のハマリ役は、大河ドラマの主演を務めた妻夫木聡さんが票を独占!ドラマでの印象から、兼続自身も好きになったという意見が目立ちました。

好きな戦国武将ランキング9位:武田信玄

甲斐国の大名。領国を拡大するため隣国への侵攻をきっかけに、越後国の上杉謙信とは5度に渡ったといわれる抗争を繰り広げた。信玄は出家後の法名。

武田信玄がハマり役だった俳優1位:中井貴一(武田信玄・1988年)

「子供の頃に見ていて印象が強く、自分にとっては中井貴一が唯一の武田信玄。」(KAGURA)

「体がごつく描かれがちだが、細身で思慮深い信玄で好感がもてた。もっと人間味が欲しいと思っていたので、中井貴一が演じてくれて嬉しかった。」(おかい)

武田信玄がハマり役だった俳優2位:市川亀治郎(風林火山・2007年)、津川雅彦(天と地と・1990年)

「セリフ回しが上手く、演技も歌舞伎の顔芸も良かった。」(テルス)

武田信玄がハマり役だった俳優2位:津川雅彦(天と地と・1990年)

「冷静な中にも領土拡大のため信濃攻略に対する闘志が非常に感じられた。映画を見るまで信玄に詳しくなかったが、津川雅彦が演じる信玄の重厚感に魅了された。」(HIGE’S)

軍略も大名としての治世も高く評価されている信玄公が9位、ランキングでのライバル争いは謙信に軍配!中井貴一さんの信玄は、いい意味でこれまでのイメージを壊してくれましたね。

好きな戦国武将ランキング10位&ハマり役はこちら!

10位 斎藤道三…ハマり役1位:本木雅弘(麒麟がくる・2020年)、2位:松方弘樹(織田信長・1989年)
10位 石田三成…ハマり役1位:山本耕史(真田丸・2016年)、2位:岡田准一(関ヶ原・2017年)
10位 前田利家…ハマり役1位:唐沢寿明(利家とまつ~加賀百万石物語~・2002年)

まとめ

大河ドラマで取り上げられた武将の人気が高い中、1位の織田信長は民放ドラマでのキャストが人気という結果になりました。ドラマをきっかけに歴史に興味を持ったという人も多いので、これからも良質な歴史ドラマを期待したいですね。

※ページの情報は2021年12月13日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が運営するWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画、電子書籍、動画配信サービス(VOD)など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

2022年春ドラマ 曜日別 無料動画一覧

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日

おすすめ動画配信サービス(VOD)

ランキングの関連記事