カテゴリ一覧

TVログバナー

Netflixドラマ「新聞記者」あらすじ・見どころを徹底紹介!感想&評価も

#横浜流星 #綾野剛 #米倉涼子
2022年1月19日 by

2019年に劇場公開され、大きな話題を呼んだ映画「新聞記者」が、Netflixオリジナルシリーズの連続ドラマとして生まれ変わり、1月13日より全世界同時配信されました。

物語は、近年の政治事件やスキャンダルをテーマを真正面から描く社会派サスペンスフィクション。女優の米倉涼子さんが主演を務めて、“新聞業界の異端児”と呼ばれる新聞記者を演じるほか、若手エリート官僚を綾野剛さん、新聞配達をしながら大学に通う就活生を横浜流星さんと、豪華キャストが集結。監督は映画版に引き続き、藤井道人さんが務めます。

こちらでは、見た人の心を掴むNetflixオリジナルシリーズドラマ「新聞記者」を詳しくご紹介します。

引用:https://twitter.com/NetflixJP

Netflixドラマ【新聞記者】とは?

ドラマ「新聞記者」は、2019年に劇場公開され、第43回日本アカデミー賞最優秀作品賞を含む主要3部門を受賞した大ヒット同名映画を、新たな物語として作り上げたNetflixオリジナルシリーズの連続ドラマ。2022年1月13日から全世界で同時配信を開始し、注目を集めています。

原作は、ジャーナリストの望月衣塑子さんによる同名ベストセラー小説。“新聞業界の異端児”と呼ばれる主人公が、政府の汚職疑惑を巡る問題に直面し、世論や権力の間で板挟みになりながらも、真実を暴こうと奔走するストーリーで、映画に引き続き、藤井道人監督がメガホンを取りました。

主演は女優の米倉涼子さん。権力に屈せず真実を追求し続ける新聞記者・松田杏奈を演じ、組織の論理に翻弄される若手エリート官僚役を綾野剛さん、映画では登場しなかった新聞配達員の就活生役を横浜流星さん、さらに、寺島しのぶさんや吉岡秀隆さんなど、豪華実力派キャストが集結。

日本政府による公文書改ざん事件の真相を新聞記者が追うという主軸のストーリーは映画版と同じながら、ドラマでは、報道側と政権側だけでなく、市井の人々の目線も加えられているため、政治や社会に興味がなかった層にも刺さること受け合い。それぞれの正義がせめぎ合う中、葬られた事件の真相に迫る様子に引き込まれます。

Netflixドラマ【新聞記者】あらすじ&登場人物&キャスト紹介

Netflixドラマ【新聞記者】あらすじ

東都新聞のジャーナリスト・松田杏奈(米倉涼子)は、自分の信念に従い、官邸での記者会見でも忖度なしの質問を連発。その姿勢はマスコミの中でも目立ってしまい、周りから“新聞業界の異端児”と呼ばれている。そんなある日、中部財務局が官邸の意向を受け、総理夫人が名誉校長を務める「栄新学園」に格安で国有地を売却していたことが、他紙よりスクープされる。追い続けているAI詐欺事件から離れ、栄新学園をめぐる疑惑を追うよう北村編集長(吹越満)から指示された松田は、この件の調査に取り掛かる。

その裏では、関係者による隠ぺい工作が始まる。栄新学園に土地を売却した中部財務局には、静岡時代の元上司・黒崎統括(田口トモロヲ)から呼ばれ、倫理観の強い官僚・鈴木和也(吉岡秀隆)が赴任した。そこで彼を待っていたのは、公文書を改ざんするという信じられない違法行為。妻・真弓(寺島しのぶ)は、何かに追い詰められていく夫の異変を感じながらも、見守るしかできない。

そして、その土地売買問題に関わってしまったのは、総理夫人付きの官僚・村上真一(綾野剛)。のちに政権に不都合な情報をコントロールする内閣情報調査室への異動を命じられる。一方、新聞配達のアルバイトをしながら就職活動をしている大学生・木下亮(横浜流星)は、政治や社会に全く関心がなく、栄新学園をめぐる疑惑も遠い世界の話だと感じながら日々を過ごす。そんな中、限界まで追い詰められた鈴木が自殺。これをきっかけに、さまざまな立場にいる人間の思惑が入り乱れていく。

Netflixドラマ【新聞記者】登場人物

松田杏奈/演:米倉涼子
東都新聞・社会部記者。声なき声を届けるという信念をもち、いかなる権力にも屈しない孤高の記者。官邸での記者会見でも忖度なしの質問を連発し、慣例を打ち破って突き進むことから、“新聞業界の異端児”と呼ばれている。現政権の公文書改ざん事件に直面し、圧倒的権力や世論の間で板挟みになりながらも、真実を暴こうと奔走する。

1975年生まれ。1992年「全日本国民的美少女コンテスト」審査員特別賞を受賞し芸能界へ。モデルとして人気を獲得した後、女優として活躍。ドラマ「松本清張 黒革の手帖」「松本清張 けものみち」「松本清張・最終章 わるいやつら」などで演じた悪女役で演技の幅を広げ、2012年には「CHICAGO」でブロードウェイで主演デビュー。大ヒット「Doctor-X~外科医・大門未知子~」シリーズなど数多くの作品に出演。唯一無二の存在感を誇ります。

村上真一/演:綾野剛
総理夫人付きの官僚。職務に邁進していた中で、学園の土地売買問題に関わり、現政権に不都合な情報をコントロールする内閣情報調査室へ異動を命ぜられる。現政権に批判的な人物を徹底的に調べ上げ、報告することという調査室での業務に異様さを感じながらも指示に従っていたある日、国家公務員・鈴木和也の死や、松田杏奈の兄が元上司だったことをきっかけに苦悩していく。

1982年生まれ。モデル、バンド活動などを経て、2003年に「仮面ライダー555」で俳優デビュー。ドラマ「Mother」や映画「GANTZ」などで注目を集めて以降、「最高の離婚」、「空飛ぶ広報室」、「コウノドリ」シリーズ、「MIU404」などに出演。アウトロー系から癒し系まで、どんな役柄も演じ切るカメレオン型俳優。

▼無料視聴できる!綾野剛出演ドラマは?

木下亮/演:横浜流星
新聞配達のアルバイトをしながら就職活動をしている大学生。新聞や政治、社会に興味も知識もなく、平凡な毎日を過ごしている。そんな中、国家公務員であり、伯父の鈴木和也が亡くなったことで、栄新学園の問題が身近なものに。鈴木の葬儀の帰り、鈴木の妻で叔母の真弓を送り届けた際、松田と知り合う。

1996年生まれ。小学校6年生でスカウトされて芸能界入り。雑誌「nicola」で人気投票1位を獲得したモデル活動を経て、2012年に「仮面ライダーフォーゼ」でドラマデビュー。初単独主演映画「愛唄 -約束のナクヒト-」などで演技の幅を広げる中、2019年のドラマ「初めて恋をした日に読む話」で人気爆発。それ以降、「着飾る恋には理由があって」など話題作に出演しています。特技の極真空手は、中学3年生の時に世界大会で優勝するほどの実力。

▼無料視聴できる!横浜流星出演ドラマは?

鈴木和也/演:吉岡秀隆
名古屋の中部財務局に赴任した官僚。国民のために働くことが当然だと考えている倫理観の強い性格。異動の時期ではなかったにも関わらず元上司だった黒崎に呼ばれて異動。自分の意思に反して公文書改ざん作業を強いられ、追い詰められていく。

鈴木真弓/演:寺島しのぶ
鈴木和也の妻。職場で何かに追い詰められていく夫の異変を感じながらも、見守るしかできずにいる。ある日、夫が自死を選択し、絶望しながらも、やがて立ち上がることを決意する。

北村賢一/演:吹越満
東都新聞社会部・編集長。松田の上司。厳しくも温かく松田を見守っている。

黒崎正/演:田口トモロヲ
中部管理局の統括官。鈴木にとっては、静岡財務事務所時代の元上司で、中部管理局へ呼び寄せた張本人。上からの指示に従い、鈴木に公文書の改ざんを強要する。

矢川良和/演:大倉孝二
名古屋地方検察庁の検事。地検特捜部が上から圧力をかけられ捜査ができない中、独自に捜査を進め、事件の糸口を掴んでいく。

Netflixドラマ【新聞記者】見どころ紹介

Netflixドラマ【新聞記者】見どころ1「政治に興味がなかった層にも刺さる!それぞれの正義がせめぎ合う社会派サスペンス」

2019年に劇場公開され、大きな話題となった映画「新聞記者」を、藤井道人監督がセルフリブート。日本政府による公文書改ざん事件の真相を新聞記者が追うという主軸のストーリーは映画版と同じながら、ドラマ版では、報道側と政権側だけでなく、一般市民からの目線も明確に加えられているため、より一層リアリティを帯び、政治や社会に興味がなかった層にも刺さる作品となっています。

主演の米倉涼子さん演じる主人公は、権力に屈しない東都新聞社会部の記者・松田杏奈。公文書改ざん事件を闇に葬らせないために奔走し、真実を追求していきます。一方、綾野剛さん演じる若手エリート官僚・村上真一は、理想を抱きながらも組織の論理に翻弄されて苦悩。さらに、横浜流星さん演じる就活中の大学生・木下亮は、これまで政治に興味も知識もなかったものの、ある大きな出来事が振りかかったことで影響を受けていきます。

そんな三人を中心に、政治家、官僚、司法関係者、市井の人々などそれぞれが苦悩しながら自身の正義を見つけていこうとする中、事件の真相に迫る緊迫感に引き込まれること受け合いです。

Netflixドラマ【新聞記者】見どころ2「権力に屈せず真実を追及する主人公。強さを抑えた米倉涼子の重層的な演技がみどころ」

主演を務めるのは、これまで大人気ドラマ「Doctor-X~外科医・大門未知子~」シリーズなど、圧倒的な存在感と自分を貫く強さをもつ役どころを多く演じてきた女優の米倉涼子さん。今回は、“新聞業界の異端児”と呼ばれる新聞記者・松田杏奈役を演じ、「声なき声を届ける」という信念をもち、いかなる権力にも屈せず、真実を追求し続けるという役どころ。官邸での記者会見でも忖度なしの質問を連発しますが、その一方、さまざまな葛藤や孤独も常に抱え、人間味あふれる部分を持ち合わせています。

そんな主人公・松田杏奈が、政府の汚職疑惑を巡る問題に直面し、圧倒的権力や世論の間で板挟みになりながらも、真実を暴こうと奔走する姿は、使命感を持つ単純な正義のキャラクターとは違い、もっと繊細で複雑。これまで強い女性を数多く演じてきた米倉さんの、強さを抑えた重層的な演技がみどころです。

Netflixドラマ【新聞記者】見どころ3「異なる世界に生きてきた3人の正義と強い気持ちに引き込まれる!」

日本政府による公文書改ざん事件と深く関わっていく人物に、綾野剛さん演じるエリート若手官僚・村上真一。総理夫人付秘書として職務に邁進していた中で、現政権に不都合な情報をコントロールする内閣情報調査室への異動人事が下ります。そこで行われていたのは、現政権に批判的な人物を徹底的に調べ上げ、報告すること。村上は、その異様な光景に茫然としている中、意思に反して改ざん作業を強いられた挙句、自殺してしまった国家公務員・鈴木和也の死などをきっかけに、これまで抱いていた葛藤が揺さぶられていきます。

一方、横浜流星さん演じる新聞配達員の木下亮は、新聞配達のアルバイトをしている就活中の大学生。映画版では登場しないキャラクターです。亮は、政治に興味も知識もなく平凡な日々を過ごしていた中で、国家公務員であり伯父の鈴木和也が亡くなったことで、公文書改ざん事件が身近なものとなってのしかかってきます。そんな亮が、松田のまっすぐな姿に影響され、苦しみから立ち上がり成長していく様子もみどころ。彼の目線を通して、自分も国民のひとりであり、政治の世界がそう遠くない世界だと意識させられるはず。松田、村上、亮という異なる世界に生きてきた3人の正義と強い気持ちに引き込まれます。

Netflixドラマ【新聞記者】見どころ4「脇キャストも豪華実力派キャストが集結」

脇を固める登場人物も実力派キャストが集結しました。まず、自分の意思に反して公文書改ざん作業を強いられたことで、追い詰められていく中部理財局職員・鈴木和也役を、吉岡秀隆さん。苦悩と葛藤に満ちた繊細な演技は圧倒的で、藤井道人監督も思わず涙してしまうほどだったそう。そしてその妻・真弓役を、寺島しのぶさん。夫が自死を選んだことで絶望しながらも、やがて立ち上がることを決意し、国に訴えていく役どころです。

そして、東都新聞社の社会部で松田の上司・北村賢一役を、吹越満さん。中部管理局統括官で上からの指示に従い、鈴木に改ざんを強要する黒崎正役を、田口トモロヲさん。名古屋地方検察庁の検事・矢川良和役を、大倉孝二さん。さらに、官僚の多田智也役を映画版と同じく田中哲司さんが演じるほか、萩原聖人さん、柄本時生さん、佐野史郎さん、ユースケ・サンタマリアさんらが出演。実力派キャストによる演技合戦から目が離せません。

Netflixドラマ【新聞記者】感想&レビュー

「社会派ドラマというものは苦手で、あまり見る機会も今まではありませんでしたが、今回は俳優さんが好きで1話を見た結果、引き込まれてしまいました。映画のような色使いで、日本のドラマには存在しないような、じりじりと緊迫感を煽るようなカラーの編集をされていたのがとても印象的でした。内容としてもとても日本のTVでは放送することが許されないような内容で、とても理解することが難しい内容ではありましたが、私は新聞配達経験があったので、横浜流星さん役でとても共感する部分がありました。いろんな年代の感情が表現されていることにより、難しい社会派ドラマでも入り込みやすくなっているのかなという風に思っています。ぜひ、いろんな人に見て頂いて、いろんな意見を自分の中にもってもらいたいです」(30代男性・ナノ)

「すごく考えさせられるストーリーでした。それぞれの立場に立って考えられることが多く、少し重たいストーリーですが、それぞれの葛藤が凄く人間臭く描かれている作品です。さすが藤井監督だと思いました。私は映画版の新聞記者を見ていないですが、すごくストーリーに引き込まれました。米倉さん演じる松田はお兄さんが何かの圧力によって植物状態になった経験から、被害者に寄り添って他のどんな圧力からも負けない姿勢が強いなぁと思いました。綾乃さん演じる村上は上からの命令と、本当にこれで良いのかっていう葛藤の中で生きています。もし自分だったら精神崩壊しそうなくらいのプレッシャーです。横浜さん演じる亮は、ごく普通の人ですが、藤井監督が撮る横浜さんはすごく人間臭いので、個人的にとても好きです。物語の最後はハッキリしないですが、余白を持たせてる分次にシーズン2などで繋がるのかな?だと期待があります!!」(30代女性・sumimai)

「今回のテーマが政治の闇ということで、大きな政治の闇に一般のジャーナリストが立ち向かっていくというような強い作品になっています。どのような政府の闇があるのかどうかをきちんと描いていてふりがきちんとされていますし、しかも米倉涼子さん演じる主人公が被害者の方々の声を集めて闇に立ち向かっていくというシーンは本当に感動します。声なき声に耳を傾けるということを信念に活動をしていくと横浜さんに告げるシーンもあるのですが、ジャーナリストの鏡であるなと感じるシーンになっています。ジャーナリストというものはしっかりと仕事で事実を暴いていくというプロ意識を感じるシーンになっていてみていて本当に面白いです。キャストも良いです」(30代男性・もま)

「新聞社に匿名で送られてきた羊の絵が添付された新設大学大学の設置計画書の真相を究明すべく調べ始めた主人公と外務省から出向で内閣情報調査室に勤務していた杉原がSNSで現政権に不都合なニュースをコントロールしていた。ハニートラップしている人物の相関図を作ったりと、裏工作に余念がない様子が面白い。民間人を離れることに葛藤を覚えつつ国のためという板挟みな心情が手に取るようにわかり、緊迫感があった。新聞記者の裏のノンフィクションがリアリティーに伝わり、ジャーナリズムを追いかけている姿に緊張も伝わってきた。スキャンダルをモチーフにしていたのも面白かったのですが、特に私が面白かったのはSNSを利用して内閣情報調査室に勤めている人物の面白さです。物語はすでにインターネット上で進んでいるという面白さが垣間見れたのがより、リアリティがあると感じました」(40代男性・リンボー犬)

まとめ

こちらでは、Netflixオリジナルシリーズドラマ「新聞記者」についてご紹介しました。政治や社会に興味がなかった層にも刺さる社会派サスペンスフィクション。ぜひNetflixにてご覧ください。

※ページの情報は2022年1月19日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が運営するWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画、電子書籍、動画配信サービス(VOD)など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

2022年春ドラマ 曜日別 無料動画一覧

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日

おすすめ動画配信サービス(VOD)

国内ドラマの関連記事