カテゴリ一覧

TVログバナー

夏に見たい映画 人気おすすめランキングベスト148作品 邦画編【350人に聞いた】

#吉沢亮 #妻夫木聡 #山崎賢人
2024年1月9日 by
本ページはプロモーションが含まれています

夏になると見たくなる、見ると思い出の夏がよみがえる…など。夏になると見たくなる映画はありませんか?

TVマガでは「夏に見たい!おすすめ邦画ランキング」について350人にアンケート。ランキング形式で作品情報と選んだ理由も紹介していきます。

引用: FOD

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 1位 ウォーターボーイズ

第1位は「ウォーターボーイズ」。矢口史靖さんが監督を務めた男のシンクロナイズドスイミングをテーマに描くスポ根青春コメディ。部員が高校3年生の鈴木智(妻夫木聡)ひとりという廃部寸前の水泳部が舞台。新任の女性教師・佐久間恵(眞鍋かをり)が“シンクロをやる”と言い出し、文化祭で発表することに。佐久間目当てで入部した落ちこぼれ5人の男子生徒たちがシンクロに挑む姿を描く。

ウォーターボーイズ :映画情報

公開:2001年
出演: 妻夫木聡 玉木宏 三浦哲郎 近藤公園 金子貴俊  ほか
監督・脚本: 矢口史靖

選んだ理由

「本当に面白い作品です。男子のシンクロ!と当初は思っていましたが正に青春でプールの水との相性が本当に爽やかです。俳優さんが、あそこまでできるのは凄いです。夏になると1度は見てしまう作品です」(ラベンダー)

「まさに青春を感じる映画です。今はテレビで活躍している俳優さんがたくさんでています。映画の最後で、生徒たちがみんなの前でシンクロナイズドスイミングを披露するところは見ているこちらも感動します。同じ目標を持った仲間たちが熱心にシンクロに打ち込む姿がとても素晴らしいです」(あいる)

「「男のシンクロ」がテーマの、ザ・夏の青春映画だと思います。バカみたいにはしゃいで楽しんだり、時には喧嘩したり、すれ違いながらも仲間と一緒に一生懸命頑張るところを見ていると、熱い気持ちになります」(こと)

この映画の2年後を描いたテレビドラマ版も大ヒットしました

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 2位 サマーウォーズ

引用: Hulu


第2位は「サマーウォーズ」。細田守さんが監督を務めた気弱な理系少年の思いも寄らぬひと夏の大冒険を描くSF青春アドベンチャー。天才的な数学の能力を持ちながらも内気で人付き合いが苦手な高校2年生・小磯健二が主人公。ひょんなことから片田舎の大家族と夏休みを過ごすハメになった健二が、仮想空間に端を発した世界崩壊の危機に立ち向かう姿を描く。

サマーウォーズ:映画情報

公開:2009年
声の出演: 神木隆之介 桜庭ななみ 谷村美月 斎藤歩 富司純子 ほか
監督: 細田守

選んだ理由

「夏になるとテレビでよく放送されるため、夏になると見たくなる映画です。田舎の夏がよく表されていて、都会にいる私も田舎が恋しくなります。夏の思い出の話でもあるため、家族と夏に見たい映画でもあると思います」(まる)

「学生の夏休みの青春感を思い出す。田舎の夏の雰囲気が楽しめる。この映画を見ると、帰省したくなる気持ちが高まるし、祖父母や親戚のことを思い出して、会いたいなぁという感情が湧き上がってくる」(りんご)

「穏やかな田舎の夏で繰り広げられているとは思えない白熱したSFバトルと青春の物語に加え、家族のつながりを描いたこの作品は、見ていて胸が熱くなります。普段アニメを見ない人でも、鑑賞後の満足度は高いと思います。どこか懐かしい田舎の風景にも癒されます」(yasuuuko)

映画の舞台となった長野県上田市はサマーウォーズの聖地としてにぎわいました

「サマーウォーズ」は動画配信サイト Hulu で視聴することができます!

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 3位 キングダム2 遥かなる大地へ

第3位は「キングダム2 遥かなる大地へ」。原泰久さんの累計発行部数8700万部超の漫画「キングダム」が原作。佐藤信介さん監督で実写映画化した作品の続編。前作から半年後の秦が舞台。天下の大将軍を夢見る戦災孤児の主人公・信(山崎賢人)が隣国・魏の侵攻を迎えうつ秦軍の歩兵として初陣に臨むさまを描く。信は女戦士・羌カイ(清野菜名)らとともに伍(五人組)を組んで壮絶な戦いに立ち向かっていく。

キングダム2 遥かなる大地へ:映画情報

公開:2022年
出演:山崎賢人 吉沢亮 橋本環奈 大沢たかお 清野菜名ほか
監督:佐藤信介
原作: 原泰久

選んだ理由

「前作が大変面白かったので、絶対に次も観たいと思っていました。また、前作では終わった感じがしなかったので、続きが気になって仕方ないです。ただ、主題歌がワンオクからミスチルに変わったのが少し残念ですが、きっとミスチルの歌も映画を盛り上げてくれると思うので期待しています。キャストがさらに豪華に増えているのも見どころだと思います」(Sarasara)

「キャストもクセの揃った役者が多く、邦画とは思えないクオリティと規模で撮影されており、キングダム1が非常におもしろかったので2も期待できる。単純に続きが気になる。 オススメです」(somushibata)

「元々キングダムは興味がなかったが、前作をテレビでたまたま見たのですが、ストーリーのテンポのよさやキャストの役にはまってる具合がよくてとっても面白かった。特に大沢たかおさんがいい味を出してます!次作もと思ってました!」(ちゃこ)

「キングダム」初の舞台化が決定し、2023年2月に帝国劇場で上演されます

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 4位 海街diary

第4位は「海街diary」。吉田秋生さん原作の漫画を是枝裕和監督が実写映画化。神奈川県の鎌倉の四季を映しながら、母親の違う妹・すず(広瀬すず)を引き取った長女・幸(綾瀬はるか)、次女・佳乃(長澤まさみ)、三女・千佳(夏帆)の香田三姉妹たちの一年を丹念に描く。

海街diary:映画情報

2015年公開
出演: 綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず 加瀬亮 ほか
監督・脚本: 是枝裕和
原作:吉田秋生

選んだ理由

「海辺の街を舞台に、美しい四姉妹が出てくるので、実際は夏だけの話ではないのだけど、夏を感じさせる。女優陣が豪華で、三姉妹と父の愛人の子である妹との関係が近しいものになっていくのをとても繊細に描いていて、素晴らしい」(ララ)

「縁側で涼しむシーンや、浴衣を着て花火をするシーンなど、日本の昔ながらの夏がたくさん感じられる映画です。撮影の舞台である鎌倉の海たくさん出てくるので、それも涼しげな気持ちにしてくれます」(れれ)

「夏の解放感やどことない切なさが、映像の美しさや4人姉妹の瑞々しい表情と相まって魅了されます。人への優しさをこんなにもサラッとストレートに表現できるところは心に響きました」(くらげもち)

鎌倉で夏の風物詩に囲まれながら過ごす4姉妹が美しい映画

「海街diary」は動画配信サイト NETFLIX で視聴することができます!

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 5位 となりのトトロ

となりのトトロ,動画

引用:スタジオジブリ

第5位は「となりのトトロ」。宮崎駿さんが監督・脚本・原作を手がけたスタジオジブリの名作アニメ。物語の舞台は昭和30年代。学者の父親と一緒に都会から田舎の一軒屋にと引っ越してきた小学3年生のサツキと5歳になるメイ。彼女たちとトトロなどお化けたちとのふれあいを描くファンタジーアニメーション。

となりのトトロ:映画情報

1988年公開
声の出演: 日高のり子 坂本千夏 糸井重里 島本須美 北林谷栄 ほか
監督・脚本・原作:宮崎駿

選んだ理由

「夏のジブリといえばトトロ。作中の風景や季節感が夏をすごく感じます。またおばあちゃんのおいしそうな夏野菜が夏を際立たせてくれてメインのお話以外にも夏を感じるところ満載の作品だと思います」(さくまま)

「私の夏休みといえばとなりのトトロ!小さな頃から毎年夏に観ていた作品。メイちゃんの麦わら帽子や、トウモロコシ、景色や音、全てから日本の田舎の夏を感じられる素敵な映像。何歳になっても夏になったら観たくなる」(syuzu)

「郊外ならではの夏を感じる映画で、自然の美しさも見られていいなと思うからです。不思議な生き物たちもたくさん出てくるし、サツキとメイの郊外での暮らしぶりはいつ見ても心和みます」(ゆかいた)

テレビ放映されるたびに考察でSNSが盛り上がる不朽の名作

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 6位 ぼくたちと駐在さんの700日戦争

ぼくたちと駐在さんの700日戦争,動画

引用: NETFLIX

第6位は「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」。くろわっさん原作のブログ小説を塚本連平さん監督、福田雄一さん脚本で映画化。1979年、田園風景が広がるとある田舎町が舞台。イタズラの天才“ママチャリ”(市原隼人)らエネルギーを持て余す、7人の元気な高校生たちと新任駐在さん(佐々木蔵之介)とのアイデア溢れる憎めないイタズラを巡る攻防を軽妙に綴る。

ぼくたちと駐在さんの700日戦争:映画情報

2008年公開
出演: 市原隼人 佐々木蔵之介 麻生久美子 賀来賢人 倉科カナ ほか
監督: 塚本連平
脚本: 福田雄一
原作: くろわっ

選んだ理由

「夏休みの長期休暇で学生と駐在さんのバトルが面白い。 どこか懐かしさもあり地元の同級生にいそうで感情移入できます。映画から夏の暑さも感じる事ができるthe夏映画だと思います」(ちっふぃー)

「夏に出会った作品で、暑くて天気の良い日に観たくなります。駐在さんと学生たちの攻防を観ていると、学生時代を思い出します。7人の男子高校生たちの青春が夏の暑さにぴったりな心がワクワクする作品です」(雫)

「高校生グループと警察官とのイタズラ戦争のストーリーです。夏休み中家族で見られるような面白い映画です。笑えるようなところだけでなく、涙が出そうになるシーンもあるのでとても面白いです」(まーちゃん)

ブログから人気に火が付き、書籍化。海外でもヒットを飛ばした名作です

「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」は動画配信サイト NETFLIX で視聴することができます!

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 7位 サマータイムマシン・ブルース

サマータイムマシン・ブルース,動画

引用: Hulu

第7位は「サマータイムマシン・ブルース」。本広克行監督が京都の新進気鋭劇団・ヨーロッパ企画の「サマータイムマシン・ブルース2003」を、自ら初プロデュースも手がけ映画化。夏休み中のとある大学が舞台。主人公の甲本拓馬(瑛太)らが在籍する “SF研究会”の部室に現れたタイムマシンを巡って思いがけない事態に巻き込まれる学生たちの姿を描く青春コメディ。

サマータイムマシン・ブルース:映画情報

2005年公開
出演: 瑛太 上野樹里 ムロツヨシ 真木よう子 佐々木蔵之介 ほか
監督: 本広克行
脚本・原作: 上田誠

選んだ理由

「夏の片田舎の町が舞台となっている。SF研究会の男子たちの一夏の夏休みの出来事を描いており、夏の蒸し暑さと涼を求め回る若者の思いと、恋も含めた青春とSFのハラハラを一気に感じたり思い出したりすることができる」(あっきー)

「瑛太さん・上野樹里さん・ムロツヨシさん・本田力さんが出演している映画で、難しいことを考えずほのぼのと楽しめます。仲間内の独特なノリも好きです。クーラーのリモコンをタイムマシンを使って取りに行くなど、しょうもない理由で過去に戻りますが、暑い夏も笑いで吹き飛ばせます」(みーす)

「夏の暑い日の物語であり、いま主役級の俳優達がまだ若い頃の作品であり、有名人がたくさん出ています。何が起こっているのか、途中までぜんぜん理解できないのですが、最後にはきちんとすべてが繋がり、スカッと納得できるようになっています。それぞれの俳優さんたちがとても個性豊かで常に笑いが止まらないとても楽しい映画だからです」(pinoko241)

瑛太さんのほか、上野樹里さん、ムロツヨシさんらブレイク前の人気俳優たちが多数出演

「サマータイムマシン・ブルース」は動画配信サイト Hulu で視聴することができます!

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 8位 リング

第8位は「リング」。鈴木光司さんの人気ホラー小説を中田秀夫監督が映画化。「見ると一週間後に死ぬ」という噂の呪いのビデオについて取材をしていたTVディレクター・浅川玲子(松嶋菜々子)が主人公。玲子の親戚もそのビデオを見て死亡し、一緒にビデオを見た3人のクラスメイトも、同日の同時刻に死んでいたことを知り、真相を探っていく。そして、自らもそのビデオを見て死の予告を受けてしまう。

リング:映画情報

1998年公開
出演: 松嶋菜々子 真田広之 中谷美紀 竹内結子 松重豊 ほか
監督: 中田秀夫
脚色: 高橋洋
原作: 鈴木光司

選んだ理由

「最近ではトンデモ路線に走ってみたり海外作品にぼろ負けしたりしている日本のホラー映画ですが、本気を出せばここまで怖く作れるんだぞ!と見せつけてくれるのが素晴らしいですし、シンプルに背筋が凍って涼しくなります」(よりこ)

「夏になると背中がゾクゾクするようなホラー映画を見たくなるので、リングシリーズを一挙放送してほしいです。リングの展開はわかっているのですが、いつ見ても貞子の登場シーンはゾクゾクします」(テレビ大好きっ子)

「映画の中とはもう時代が変わってしまったけど、今見てもセンセーショナルで、ダントツに怖い。夏に見る方が怖くないし、雰囲気も出ると思うから見るなら夏かなと思いました」(がっちん)

原作小説の内容に沿った続編「らせん」も同時上映されたことも大ヒットの要因に

「リング」は動画配信サイト Hulu で視聴することができます!

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 9位 菊次郎の夏

第8位は「菊次郎の夏」。監督・脚本を北野武さんが務めた母を探す少年と中年男との旅を描いたロードムービー。祖母と暮らす小学3年生の正男(関口雄介)は、夏休みを利用して写真でしか見たことのない母に会いにゆく事を決意。そんな正男を心配した近所の主婦(岸本加世子)は、無職でブラブラしている遊び人の夫・菊次郎(ビートたけし)を同行させるひと夏の物語。

菊次郎の夏:映画情報

1999年公開
出演: ビートたけし 岸本加世子 吉行和子 グレート義太夫 井手らっきょほか
原作・脚本: 北野武

選んだ理由

「久石譲さんの音楽と夏休みを思い出させてくれる映画です。小学生の子が母に会うために夏休みに旅にでるビートたけしとのコミカルな感じがすごく面白いです。 若い人は絶対に見た方がいいです」(mandk26)

「北野武監督の作品は暴力的なシーンが多くて苦手なのですが、この作品だけは別です。少年と、彼と行動を共にすることになったおじさん・菊次郎との物語で、切なさと温かさに満ちた作品です。少年のひと夏の成長を描いた作品なので、夏にぴったりだと思います。また、この作品は久石譲さんの音楽が素晴らしいので、夏になるとこの作品のテーマソングを聞きたくなります」(隣の猫さん)

「夏というキーワードで真っ先に浮かぶタイトルがこの映画です。内容も深すぎず浅すぎず見応えもあり、家族で見られる安心感、また、久石譲の音楽も爽やかで暑い夏にぴったり」(ルナナ)

バイオレンスなシーンが登場しない北野監督のヒューマンムービー

夏の映画 人気おすすめランキング 邦画編 10位 50回目のファーストキス


第10位は「50回目のファーストキス」。アダム・サンドラーとドリュー・バリモアの共演で世界的に大ヒットしたアメリカ映画を原案に福田雄一さんが監督・脚本を手掛けた純愛ラブストーリー。ハワイのオアフ島でツアーガイドとして働く弓削大輔(山田孝之)は、カフェで藤島瑠衣(長澤まさみ)という女性と出会い、恋に落ちる。しかし、彼女は事故で“前日のことをすべて忘れてしまう”記憶障害に陥っていた。

50回目のファーストキス:映画情報

2018年公開
出演: 山田孝之 長澤まさみ ムロツヨシ 太賀 山崎紘菜ほか
監督・脚本: 福田雄一

選んだ理由

「大人から子供まで楽しめる内容。出演者も豪華で、笑うところもたくさんあり、ハワイが舞台なのもあり夏にピッタリです。最後はとても感動して見ている人の心に響き、見てよかったと思える作品」(りりか)

「夏らしいハワイでの熱い恋愛映画で、夏になるとつい観てしまいたくなる作品です。コメディ街道をひた走ってきた福田雄一監督の渾身のラブストーリー性に感動したためです。見終わった後、思わず出た涙を拭い、大切な人に会いたくなる作品です」(ひろ)

「ヒロインは毎朝前日の記憶がなくなってしまう障害を持つ、という設定だが、切なさや感動ともに、コメディのように笑える場面もあって、飽きずに最後まで観られる。結末がどうなるのか、見たことのない人ならドキドキしながら鑑賞できると思う」(ここあ)

原案となったアメリカ版とリメイク版を見比べてみるものおもしろいかもしれません

「50回目のファーストキス」は動画配信サイト Hulu で視聴することができます!

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 10位 ONE PIECE FILM RED

第10位は「ONE PIECE FILM RED」。原作者・尾田栄一郎さんが総合プロデューサー、谷口悟朗さんが監督を務める人気漫画「ONE PIECE」のFILMシリーズ第4弾。音楽の島“エレジア”が舞台。シャンクスの娘であり、素性を隠しながら世界中を魅了してきた歌姫・ウタの過去が明かされ、様々な思惑と真実が絡み合い、苛烈な争いへと発展していくさまを描く。

ONE PIECE FILM RED:映画情報

2022年公開
声の出演:田中真弓 中井和哉 岡村明美 山口勝平 平田広明ほか
監督: 谷口悟朗
脚本: 黒岩勉
原作: 尾田栄一郎

選んだ理由

「ワンピースという作品は連載が始まって以来のファンであり、リアルタイムで応援しているからです。映画は特にFILMシリーズは毎回映画館まで足を運んで見ているので今回もファンとして見に行くつもりでいます。今回はシャンクスが活躍するかもしれないので俄然見逃せないです」(かわらさん)

「元々漫画やアニメを見ており好きだったからです。また、ワンピースのキャラの中でもシャンクスが好きかつ、シャンクスの娘が登場すると聞いたので気になってみたくなりました」(puffy0919)

「今回の映画はついに最終章に入るONE PIECEの物語の中心となる赤髪のシャンクスがメインで描かれています。以前の映画より公開前の盛り上がりがすごいので、かなり期待できると思います」(うゆ)

歌唱キャストを歌手のAdoさんが担当。劇中歌や主題歌の歌唱も担当しています

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 12位 永遠の0

第12位は「永遠の0」。百田尚樹さんの大ベストセラー小説を山崎貴監督が映画化。実の祖父・宮部久蔵(岡田准一)が零戦パイロットだったことを知った青年・佐伯健太郎(三浦春馬)が、わずかな手掛かりから彼がどんな思いで特攻出撃をしたのかなど、真の姿を探る物語。

永遠の0:映画情報

2013年公開
出演: 岡田准一 三浦春馬 井上真央 濱田岳 染谷将太ほか
監督・脚本: 山崎貴
脚本: 林民夫
原作: 百田尚樹

選んだ理由

「夏なので、戦争の映画を選びました。とても悲しいテーマで涙が止まらない作品で、いろいろ考えさせられることがあるので、こちらが夏にはぴったりだと思います。今の幸せを感じます」(か)

「太平洋戦争を通じ改めて知る、戦争のむごさ。人が大切な相手を思う気持ちがすごく表現され、涙が溢れ出た作品です。この夏は、永遠の0を見て泣いて欲しいとも思い選びました」(ネスト)

「是非、家族で観てもらいたい映画。 単なる戦争の惨状を伝える作品とは異なり、現代に生きる青年が自分のルーツとして当時を紐解いてゆく物語。 日本という国を守るため、命を賭けた先人の思いを感じ、受け継いでもらいたい」(krh885)

スペシャルドラマも放送され、宮部久蔵を向井理さん、佐伯健太郎を桐谷健太さんが演じました

「永遠の0」は動画配信サイト Hulu で視聴することができます!

夏に見たい映画人気おすすめランキング 邦画編 12位 時をかける少女

第12位は「時をかける少女」。筒井康隆さんのSF小説を大林宣彦監督が映画化。ある日突然、時間を超える能力を持つタイムトラベラーになってしまった女子高生・芳山和子(原田知世)の不思議な経験と悲しい恋を描く。

時をかける少女:映画情報

1983年公開
出演: 原田知世 高柳良一 尾美としのり 岸部一徳 根岸季衣ほか
監督・脚色: 大林宣彦
脚本: 剣持亘
原作: 筒井康隆

選んだ理由

「古い作品になりますが、青春とSFが混じった作品です。 アニメも両方見ましたが、タイムスリップができたらいいなと本当に思います。 私の青春も足り戻したいと願ってしまいます」(たいちゃん3)

「作品の時期がちょうど夏場のこと、高校生のいつもの日常を描いた作品とはなるのですが、 そんないつもの日常がタイムリープにより友達を助けるという使命に代わります。 なぜ助けたいという気持ちになるのか、それは甘酸っぱい青春だなと思える作品です」(ゆかりごはん)

アニメ化、テレビドラマ化、舞台化もされるなどメディアミックスが相次いだヒット作

「時をかける少女」は動画配信サイト U-NEXT で視聴することができます!

夏に見たい映画 人気おすすめランキング 邦画編 14位~48位はこちら!

14位: 海猿
14位: 世界の中心で、愛をさけぶ
16位: ぐらんぶる
16位: スウィングガールズ
16位: モエカレはオレンジ色
16位: 学校の怪談3
16位: 君の名は。
16位: 残穢 住んではいけない部屋
16位: 呪怨
16位: 真夏の方程式
16位: 打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?
16位: 釣りバカ日誌
16位: 貞子
16位: 溺れるナイフ
16位: 天然コケッコー
16位: 仄暗い水の底から
30位: TANG タング
30位: アキラとあきら
30位: かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~
30位: ザ・ファブル
30位: シン・ウルトラマン
30位: ぼくらの七日間戦争
30位: めがね
30位: ルーキーズ-卒業-
30位: 異人たちとの夏
30位: 夏への扉 キミのいる未来へ
30位: 花束みたいな恋をした
30位: 学校の怪談
30位: 今夜、世界からこの恋が消えても
30位: 弱虫ペダル
30位: 昼顔
30位: 天気の子
30位: 南極料理人
30位: 八日目の蝉
48位: 8月のクリスマス
48位: DIVE!!
48位: DOOR
48位: LIMIT OF LOVE 海猿
48位: ReLIFE リライフ
48位: SUNNY 強い気持ち強い愛
48位: WOOD JOB!?神去なあなあ日常?
48位: いぶき
48位: いま、会いにゆきます
48位: ウッドジョブ
48位: オールド
48位: かもめ食堂
48位: ガリレオ 沈黙のパレード
48位: ガリレオ容疑者Xの献身
48位: くちびるに歌を
48位: クロユリ団地
48位: ゲゲゲの鬼太郎
48位: ゴーストブック おばけずかん
48位: この国の空
48位: コンフィデンスマンJP
48位: コンフィデンスマンJP ロマンス編
48位: サイダーのように言葉が湧き上がる
48位: さがす。
48位: サバカン
48位: さよなら、バンドアパート
48位: シコふんじゃった。
48位: シャイニング
48位: ジョゼと虎と魚たち
48位: シン・ゴジラ
48位: セトウツミ
48位: そこのみにて光輝く
48位: ソラニン
48位: ダーティー・ダンシング
48位: トップガンマーベリック
48位: ハウ
48位: バチェロレッテ・ジャパン シーズン2
48位: バッテリー
48位: バトルシップ
48位: ビーバップハイスクール
48位: フラガール
48位: ユニコーンに乗って
48位: ゆるキャン△
48位: ラストサマーウォーズ
48位: ラストレター
48位: リンダ リンダ リンダ
48位: るろうに剣心
48位: 異動辞令は音楽隊!
48位: 稲村ジェーン
48位: 映画 太陽の子
48位: 乙女たちの沖縄戦~白梅学徒の記録~
48位: 夏の庭 The Friends
48位: 夏美のホタル
48位: 火垂るの墓
48位: 花より男子ファイナル
48位: 解夏
48位: 怪盗クイーンはサーカスがお好き
48位: 海獣の子供
48位: 君が落とした青空
48位: 君たちはまだ長いトンネルの中
48位: 姑獲鳥の夏
48位: 黒い雨
48位: 黒い家
48位: 今際の国のアリス
48位: 思い出のマーニー
48位: 耳をすませば
48位: 七人のおたく
48位: 借りぐらしのアリエッティ
48位: 呪怨 終わりの始まり
48位: 呪怨2
48位: 舟を編む
48位: 少年時代
48位: 星の子
48位: 青夏
48位: 青空エール
48位: 青春デンデケデケデケ
48位: 川っぺりムコリッタ
48位: 台風クラブ
48位: 探偵はBARにいる3
48位: 男たちの大和/YAMATO
48位: 着信アリ
48位: 超高速!参勤交代、超高速!参勤交代リターンズ
48位: 沈黙のパレード
48位: 転校生
48位: 電車男
48位: 峠最速バトル ドリフト86伝説
48位: 日日是好日
48位: 破戒
48位: 薄れゆく記憶のなかで
48位: 範馬刃牙
48位: 僕たちと駐在さんの700日戦争
48位: 魔女の宅急便
48位: 万引き家族
48位: 木更津キャッツアイ日本シリーズ
48位: 夜のピクニック
48位: 余命10年
48位: 羅生門
48位: 来る
48位: 竜とそばかすの姫
48位: 涙そうそう
48位: 恋は雨上がりのように
48位: 恋空

(全148作品)

まとめ

夏の映画 人気おすすめランキングベスト148作品をご紹介しました。もう一度見たい!まだ見ていない作品を動画配信サービスでチェックしてみてください。

※アンケートの調査方法:10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)を対象に、公式Twitterアカウントや、他インターネットでリサーチしたアンケート結果を集計しております。
(アンケート実施期間2022年 7月 7日〜 8月 16日)

※ページの情報は2024年1月9日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画、電子書籍、動画配信サービス(VOD)など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

2024年冬ドラマ 曜日別 無料動画一覧

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日

おすすめ動画配信サービス(VOD)

ランキングの関連記事