カテゴリ一覧

TVログバナー

ドラマ「#家族募集します」の動画を無料で全話フル視聴できる配信サイトを紹介!

#Paravi
2021年9月20日 by

ドラマ「#家族募集します」の無料視聴について紹介するこの記事は、次の方におすすめです!

  • 「#家族募集します」の見逃し配信サービスを探している
  • 「#家族募集します」を無料で視聴したい
  • 「#家族募集します」以外のドラマもたくさん楽しみたい

引用:https://twitter.com/kazoku_tbs

ドラマ「#家族募集します」の動画を無料視聴するならParaviがおすすめ!

現在「#家族募集します」を視聴できる配信サービスはこちら。

動画配信サービス 配信 金額
FOD ×
Hulu ×
Paravi 月額1017円(税込)で見放題。2週間無料
U-NEXT ×
TSUTAYA DISCAS ×
ABEMAプレミアム ×
Amazon Prime Video ×
WOWOW ×
dTV ×
NETFLIX ×

Paraviのサービス特徴まとめ
月額料金
1,017円(税込)
無料期間
2週間
解約料⾦
0円
⾒放題作品数
10,000本以上
Paraviの6つの魅力
  • TBS系のドラマやバラエティ番組が豊富
  • 国内ドラマの配信数が多い
  • テレ東・WOWOWで放送された作品を配信
  • 放送中ドラマのスピンオフドラマを配信
  • 毎⽉もらえるチケットで映画レンタル1本無料
  • ダウンロード機能でオフラインでも楽しめる

ドラマ「#家族募集します」作品紹介

ここではドラマ「#家族募集します」について詳しく紹介していきます。

テレビ局:TBS系列
放送年:2021年
脚本:マギー
主題歌:ジャニーズWEST
公式サイト
公式Twitter

ドラマ「#家族募集します」あらすじ

赤城俊平(重岡大毅)は、ある事情で3か月前にシングルファーザーになったばかり。5歳の息子・陽(佐藤遙灯)を育てながら、児童図書を扱う小さな出版社「エッグプラント」に勤め、育児と仕事に追われる日々を過ごしていた。そんな中、幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀)と偶然再会。ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介は、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする。そんな募集に誰も乗るわけがないと呆れる俊平だったが、その夜、蒼介の携帯に1本の電話が…。かけてきたのは、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙)を育てるシングルマザーの教師・桃田礼(木村文乃)だった。

ドラマ「#家族募集します」みどころ

「家族」をSNSで募集!性格も価値観も違う男女4人+子ども3人がひとつ屋根の下で子育てをし、共に暮らしていく姿を描く新時代のホームドラマ。ある事情で3カ月前にシングルファーザーになったばかりで、5歳のひとり息子の子育てする主人公・赤城俊平を重岡大毅(ジャニーズWEST)。ヒロインで小学校教師のシングルマザー・桃田礼には木村文乃。物語のはじまりとも言える「#家族募集します」というとっぴな募集をSNSに投稿し、周囲を巻き込んでいく小山内蒼介には仲野太賀。息子と共に俊平たちのもとに転がり込んでくるミュージシャンでシングルマザーの横瀬めいくを岸井ゆきのが演じる。

ドラマ「#家族募集します」感想&口コミ

「とても心に響く作品。正解のない人生の中で、大切なものを守るために必死に答えを探しながら生きている、それぞれの家族の形がリアルに描かれていて、毎回考えさせられる。人は誰にでも弱い部分があって、皆んなそれを隠して生きているけど、そこを優しく包み込んで支え合えるのが【家族】なのだと思ったし、血の繋がりだけではない温かさを感じる。あまり期待せずにみたのですが、テンポも良く、最後に必ず泣かせにくる構成にまんまとハマってます。演者が皆素晴らしい」(ninaさん)

「今期のドラマで一番期待できるドラマ。超ナイスなキャスティングで感謝しかない。重岡大毅さんと仲野大賀さんの人柄が、演技に染み出してる感じが熱くていい。家族ってテーマもそうだけど人と人だ。人と人とが本音でぶつかり合っている、ありのままを描いているのがよかった。その人その人の個性や気持ちや環境も、全部ひっくるめて肯定してくれる感じ。現実はこうはいかないって分かっても、どこかでこうであってほしいと見てる」(yurikoさん)

▼【最終回が納得できなかった夏ドラマランキングベスト5】の記事にランクイン!

▼【2021年夏ドラマランキングベスト10】の記事にランクイン!

ドラマ「#家族募集します」キャストを紹介

ここではドラマ「#家族募集します」に出演したキャストを紹介します。

  • 赤城俊平/重岡大毅(ジャニーズWEST)
  • 桃田礼/木村文乃
  • 小山内蒼介/仲野太賀
  • 横瀬めいく/岸井ゆきの
  • 赤城陽/佐藤遙灯
  • 桃田雫/宮崎莉里沙
  • 横瀬大地/三浦綺羅

ドラマ「#家族募集します」1話〜最終話あらすじ&感想(レビュー)

「#家族募集します」1話あらすじ&感想(レビュー)

赤城俊平(重岡大毅)は3か月前にシングルファーザーとなり、5歳の息子・赤城陽(佐藤遙灯)を1人で育てている。ワンオペ育児に悪戦苦闘している時、幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀)と再会し、蒼介はSNSで家族を募集し始める。すると蒼介の携帯に、1本の電話がかかってくる。

引用:TVログ

脚本が”暑苦しい”箇所はあったけど(笑)まさか第1話から泣かされるとは思わなかった。(号泣した)
シングルファザー、シングルマザーは(ワンオペ育児や兼業ママも)どんなに大変でも周りに頼ることができない人もいる。がんばる気力がないときでも、感情を押し殺してなんとかしなきゃいけない。限界になる前に仲野大賀演じる蒼ちゃん的な人が現れたらいいのに。令和にも少し昭和臭のする”暑苦しい”おせっかいが必要なのかもしれない。
”ひとつ屋根の下”の令和版かな。今期ではいちばん見応えがありそうなドラマ!もちろん次週もみる。(BEER)

「#家族募集します」2話あらすじ&感想(レビュー)

SNS投稿を見て、シングルマザーの横瀬めいく(岸井ゆきの)と息子の大地(三浦綺羅)がにじやにやってくる。小山内蒼介(仲野太賀)は、赤城俊平(重岡大毅)と桃田礼(木村文乃)をにじやに集め、さっそくみんなでご飯を食べる。しかしシンガーソングライターのめいくは超自由人で、マイペースな態度に蒼介はイライラしてしまう。

引用:TVログ

予告時点で予感してたけど、ゆきのちゃんのめいくちゃんは仲野太賀の蒼ちゃんとはまた違うベクトルのウザキャラであった…w
ウザとウザがぶつかり合って、初回はそこまで気にならなかった脚本の熱苦しウザさが増したような。自分でまいた種に全然責任取ろうとしないどころか、20年ぶりくらいに顔を合わせたばかりの元親友(あえて元と言っておこう)に何もかもおっかぶせようとする蒼ちゃんすげえな。褒めてないぞ。バランスの取れているような木村文乃ちゃんの先生もアンガーマネジメントなんかしてたりして、なかなかこう…。まあでも、みんなで足りないところを補い合い、短所みたいなところを助け合うという感じでなんだろうな。
核家族化が叫ばれて久しいこの時代、ターゲットであろう若い世代の目にはどう写ってるのかな、このドラマは。(山田スーザンぬ美子)

「#家族募集します」3話あらすじ&感想(レビュー)

横瀬めいく(岸井ゆきの)と横瀬大地(三浦綺羅)が“にじや”で暮らすようになり、赤城俊平(重岡大毅)と桃田礼(木村文乃)も“にじや”をよく訪ねるようになる。小山内蒼介(仲野太賀)は二人にも一緒に暮らそうと提案するも、却下されてしまう。そして俊平は、妻・赤城みどり(山本美月)が亡くなったことを赤城陽(佐藤遙灯)に言えず悩んでいた。

引用:TVログ

1ヶ月近いお休みを経て、ようやくの第3話。しばらく見てなかったししばらく見てないのにまだ3話ということもあってか、あれこんなテンポだったっけ…とか、こんなに毎回絶対に号泣シーン入れるんだっけ…とか、いろんな「あれ?」が気になってしまった。まあでも今回はテーマがテーマなだけに、仕方ないところはあるか。
と思いながら見続けて次回予告見たら橋本じゅん!!そのうえ最近クソ野郎役でも私に定評がある橋本淳くん!!
橋本じゅんさまは見た目通りの(褒めてる)コワモテお父さんっぽいのがちょっとベタすぎて残念だけど、橋本淳くんはこれまたなんだかダメそうな男っぽいにおいがプンプンと…。
途中で挫折しちゃった「きれいのくに」のクソ野郎っぷりがとんでもなかったので、今回もいい爪痕残してくれないかなーと楽しみにしちゃう。(山田スーザンぬ美子)

「#家族募集します」4話あらすじ&感想(レビュー)

赤城俊平(重岡大毅)と桃田礼(木村文乃)は“にじや”で暮らし始め、小山内蒼介(仲野太賀)は店内を改装し、横瀬めいく(岸井ゆきの)はバイトを始めるなど皆が新たな一歩を踏み出していた。そんなある日、SNSでそのまま放置していた「#家族募集します」の投稿を見て、黒崎徹(橋本じゅん)と8歳の娘・いつき(板垣樹)が“にじや”にやってきてしまう。

引用:TVログ

先週の予告でめっちゃ嬉しかった橋本淳くん、今のところさほどのクソ野郎でもなかった…。
現代にまあまあいそうな程度のメンズとして描かれてるという印象かな、礼さんとは合わなかっただけという感じ。かといっていい男かというと…まあそんなこともないんだが。
どちらかというともうひとりの橋本(じゅん)演じるお父さんのほうがいろいろ抱えてヤバそう。
どういう理由でシングルになったかわからないけど、今まで子育てしてなかったんだろうなーという。お父さんはともかく娘ちゃんはにじやの仲間入りするんだろうか。
今週の仲野太賀、くどすぎるところも変に熱いところもなく、かつコミックリリーフとして楽しませてくれてて満足。ソファにトーーン!!のシーン、スローやリピートで見たくなる出来だったわ。(山田スーザンぬ美子)

 

「#家族募集します」5話あらすじ&感想(レビュー)

黒崎(橋本じゅん)の娘・いつき(板垣樹)がたった一人で“にじや”にやってきた。赤城俊平(重岡大毅)は、一晩だけいつきを預かりたいと黒崎に申し出る。その頃、小山内蒼介(仲野太賀)は“にじや”を盛り上げようと、“にじやフェス”を考えていた。それを聞いた俊平は、黒崎親子の仲を取り持とうとある計画を思いつく。

引用:TVログ

はーんなるほど、今さらコワモテだけの橋本じゅんさまなんてもったいないわ~なんて思ってたけど、この父娘のテーマが「父親の笑顔」だったからじゅんさまが選ばれたってワケね。
このテーマをやるなら誰が見ても超コワモテ仕事一筋の頑固野郎じゃないといけないものね。
にじやフェスに関しては楽しそうだなぁというのもあるけど、くそ~いいな~…という気持ちが勝ってしまって素直に一緒に楽しめなかったw
また早くああいうの、普通にできるようになりたいね…。
あと特撮オタク的に5人揃ったトリプルファイブ、トリプルピンクのポージングに昭和感があって気になる…!でも1回ポーズ崩してからまたほぼ同じポージングができるあたり、さすが木村文乃さま女優っ!女優よ!と変なところで感心してしまった。(山田スーザンぬ美子)

 

「#家族募集します」6話あらすじ&感想(レビュー)

桃田礼(木村文乃)は、正式に離婚したことを赤城俊平(重岡大毅)や小山内蒼介(仲野太賀)に打ち明ける。そんな中、横瀬めいく(岸井ゆきの)が「恋がしたい!」と言い出し、音楽仲間のナオト(井口理)を“にじや”に連れてきた。そこに黒崎(橋本じゅん)や野田銀治(石橋蓮司)も加わり、ナオトを囲む家族会議のような雰囲気になってしまう。

引用:TVログ

ここにきてしれっと明らかにされた蒼ちゃんの過去よ。にじやフェスんときおやっさんが「携帯のカメラでいいから」って言ったのはこういうことだったのか。
ただ明るいだけのムードメーカーではもったいないとは思っていたけど、彼の過去に触れるというか蒼ちゃんがメインになるような回は来るのだろうか。ていうか見せてくれ、仲野太賀オンステージを。
めいくちゃんはにじやに来たとき同様行き当たりばったりすぎんか、と思ったけど、そのあとの変わり身の早さというかいい意味での柔軟性はこの人のいいところなのかもしれん。しれんけど周りにいたとしたらやっぱりちょっとめんどくさそうw
じゅん親子もちゃんと馴染めたようでよかった。やわらかブラックじゅん、かわいい。(山田スーザンぬ美子)

「#家族募集します」7話あらすじ&感想(レビュー)

赤城俊平(重岡大毅)は赤城みどり(山本美月)の本を作る決意をし、新しい絵本の構想に打ち込んでいた。その頃、“にじや”では黒崎(橋本じゅん)が皆で旅行に行こうと提案するも、それぞれ仕事があり断念する。するといつき(板垣樹)が「お父さんと2人で行きたい」と言い出し、父娘二人きりで旅行に行くことになる。

引用:TVログ

令和の疑似大家族ものとして、今回みたいにいつでもみーんな一緒!じゃないところは評価したいなー。
本物の家族ならいつでも一緒で旅行も大移動でもいいけど、今回はあくまでシェアハウス形式で家計もそれぞれ独立してるから、それぞれの家庭にあわせた楽しみ方をしてくれたのはよかったと思ってる。

そして今週もまたいい仲野太賀がチラホラチラホラと出てて楽しませてくれたので、蒼ちゃんの過去が見られるかもしれない?次週にも期待しちゃう。
おそらく今回のキャストで一番石橋蓮司さまと長く一緒にいると思うし、いいところいっぱい吸収しまくってほしいわ。

あと実は、重岡大毅くんはこういうキャラはいまいちかなーと思いながら見てたんだけども、今回の浜辺で言葉に詰まってしまうところがとてもすばらしかった。やっぱりやればできる男なんだな。(山田スーザンぬ美子)

「#家族募集します」8話あらすじ&感想(レビュー)

旅行中の赤城俊平(重岡大毅)と桃田礼(木村文乃)に、横瀬大地(三浦綺羅)から「野田銀治(石橋蓮司)が倒れた」と電話が入る。小山内蒼介(仲野太賀)と横瀬めいく(岸井ゆきの)は出かけていたため、俊平たちは急いで東京に戻る。病院に着いた俊平は「銀治の本当の家族に連絡をすべきでないか」と言うが家族の情報がなく、俊平たちはSNSで情報を募ることにする。

引用:TVログ

やっと蒼ちゃんの過去が明らかに…!と楽しみにしてたら、本人の口から出た通りの超ダイジェスト版であった。
とはいえ今回のメインといえるのはずっと横から支えてきた銀じいちゃんと蒼ちゃんだったと思うので、最終回を前にした変化の付け方は悪くなかったと思う。2階の3家族+じゅん家族だけが疑似家族になってるんじゃなくて、銀じいちゃんにも蒼ちゃんにもちゃんと疑似家族になってたってことが伝わってきた。
でも相部屋の病室でちびっこたちの大朗読はちょっとやめてあげてw

にじやの疑似家族たちが一丸となってこれまでにないいい雰囲気の中、銀じいちゃんのリアル家族が関わってきてどうやって着地するのかな。みんな元々の家は引き払ったっぽいし。
最終回楽しみにしてます。(山田スーザンぬ美子)

「#家族募集します」9話あらすじ&感想(レビュー)

【最終回】突然涙を流した小山内蒼介(仲野太賀)を見て、赤城俊平(重岡大毅)は「今度は自分が話を聞く番だ」と思い屋上で蒼介の話を聞く。蒼介は「一緒に野田銀治(石橋蓮司)の見舞いに来てほしい」と言い、そこで銀治の息子の妻・久実子(ヒコロヒー)と会う。俊平は銀治と家族が疎遠になった理由を知り、“にじや”での家族の生活が終わってしまうことを感じ取る。

引用:TVログ

Paraviでは、ほかにこんな作品が見られます

ここではParaviで見ることができるおすすめの作品を紹介します。

Paraviで見れる国内ドラマ

恋はつづくよどこまでも
逃げる恥だが役に立つ
大恋愛〜僕を忘れる君と〜
3年B組金八先生
半沢直樹
テセウスの船
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜

Paraviで見れる国内映画

ROOKIES -卒業-
溺れるナイフ
孤狼の血
バクマン。
モテキ
賭ケグルイ
ビリギャル

ほか多数

ドラマ「#家族募集します」を無料視聴する方法まとめ

こちらでは、ドラマ「#家族募集します」を無料視聴する方法をご紹介しました。今回紹介した動画配信サービス「Paravi」を利用すれば安全に視聴することができますので、ぜひ「#家族募集します」を楽しんでください!

※ページの情報は2021年9月20日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が運営するWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

よく読まれている記事