カテゴリ一覧

TVログバナー
ケイ×ヤク―あぶない相棒―

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」再放送動画を無料で全話フル視聴できる配信サイトを紹介!

#Hulu
2022年3月29日 by

鈴木伸之さん・犬飼貴丈さんが出演する2022年冬ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の無料フル視聴について紹介するこの記事は、次の方におすすめです!

  • 「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の見逃し配信サービスを探している
  • 「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」を無料でフル視聴したい
  • 「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の動画はdailymotion(デイリーモーション)pandora(パンドラ)で見れるか知りたい
  • 「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」以外のドラマも無料でたくさん楽しみたい

【配信サイトリサーチ結果】

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」を1話〜最新話まで”無料”で見れるのは”公式動画配信”のFODだけ!

▼無料視聴はここから!

引用: Hulu

目次

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)再放送の動画を無料フル視聴するならHulu!

現在「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」を視聴できる配信サービスはこちら。

Huluなら2週間「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(動画)を無料フル視聴可能!

動画配信サービス 配信 金額
FOD ×
Hulu 月額1026円(税込)で見放題。2週間無料
Paravi ×
U-NEXT ×
TSUTAYA DISCAS ×
ABEMAプレミアム ×
Amazon Prime Video ×
WOWOW ×
dTV ×
NETFLIX ×

「おすすめVOD(動画配信サービス)徹底比較」記事はこちら!


「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の見逃し無料動画が見れるHuluとは?特徴・メリット・登録・解約・退会方法を紹介!

Huluの特徴紹介


Huluのサービス特徴まとめ
月額料金
1,026円(税込)
無料期間
2週間
解約料⾦
0円
⾒放題作品数
100,000本以上
Huluの5つの魅力
  • ドラマ、アニメ、バラエティ作品が豊富
  • 海外ドラマのリアルタイム配信がある
  • 日本テレビドラマの見逃し配信が見れる
  • 無料お試し期間2週間がついている
  • 解約時に違約金は発生しない

Huluのメリット1 日テレ系ドラマやバラエティの配信数が多い

Huluでは、「3年A組 -今から皆さんは、人質です-」や「あなたの番です」、「今日から俺は!!」や「未満警察 ミッドナイトランナー」など、日本テレビ系列のドラマを独占配信。そして「JIN-仁-」などのTBSテレビ系列や、「勇者ヨシヒコシリーズ」などのテレビ東京系列のドラマも配信されています。

中でも、日テレ系ドラマは、地上波放送分に未公開シーンを付け加えた特別版やオリジナル番組、新たなスピンオフ作品や総集編など、Huluが手掛けたオリジナルストーリーも独占配信。

さらに、「嵐にしやがれ」や「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」、「謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!」や「しゃべくり007」など、日本テレビ系列のバラエティ番組も数多く配信しています。

Huluのメリット2 海外ドラマの独占配信も充実



引用: Hulu

山下智久さんが出演することで話題となったHulu オリジナルの「THE HEAD」をはじめ、Hulu は海外ドラマに特に強く、中でも「24 -TWENTY FOUR-」といった人気シリーズを量産してきた『FOXチャンネル』は、リアルタイム配信&見逃し配信がされているため、最速で視聴することができます。

さらに、どこの定額動画配信サービスよりも早く日本に初上陸する海外ドラマも『Hulu プレミアム』というコンテンツにて配信され、すべて追加料金もかかりません。DVD化されるよりも早くHulu で配信されるケースが多いため、海外ドラマファンにとっては見過ごせませんね!

Hulu のメリット3 バラエティやスポーツのリアルタイム放送



引用: Hulu

Huluには、『ライブTV』というコンテンツがあり、その中のストリーミング配信では、ドラマに加えバラエティ番組も放送されるFOXチャンネル、BBCや日テレNEWS24といったニュースチャンネル、ナショナルジオグラフィックなどのドキュメンタリーチャンネルといった世界のさまざまなジャンルのチャンネルを、地上波テレビのように24時間フルタイムで、リアルタイム視聴することができます。

さらに、海外サッカーリーグや、国内のプロバスケットボールリーグなどの試合は、その都度、リアルタイムで中継配信。もちろん、追加料金なしでスマホやタブレットでも視聴できますので、外出先でも安心して試合に集中することができます。

Huluの登録方法

①「Hulu」のサイトにいき「今すぐ無料でおためし」をクリック。
②氏名などの個人情報とパスワード、支払い方法などすべての入力が済んだら、「2週間の無料トライアルを開始」ボタンをクリック。
③入力したメールアドレス宛てに届いたメールに記載されたURLをクリックし、ページにアクセスすればメール認証が完了。その後すぐに、100,000タイトル以上のさまざまな番組を、2週間無料で楽しむことができます。

Huluの解約・退会方法

①方法はHuluにログイン後、画面右上の「顔のアイコン」をクリックし、「アカウント」を選択、パスワードを再入力して「進む」をクリック。
②次の画面で「契約を解除する」をクリック、
③再登録の際は無料期間が適応されないことを再度確認した上で「契約の解除を続ける」をクリック。
④最後にアンケート(協力はしてもしなくてもOK)画面で、「契約を解除する」をクリック。

▼Huluについて詳しく知りたい人はこちら!

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の最新話が1週間だけ見れるサービスは?


動画配信サービス 配信 金額
TVer 最新話は1週間限定配信。無料
GYAO! 最新話は1週間限定配信。無料

「おすすめVOD(動画配信サービス)徹底比較」記事はこちら!


ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の見逃し無料動画が1週間見れるTVerとは?


引用: TVer

TVerとは、民放のテレビ局が運営している動画配信サービスです。無料&会員登録なしで見逃し配信を楽しめるのが特徴。 日本テレビやフジテレビ、TBSなどで放送されたドラマやアニメ、バラエティ、ドキュメンタリー番組などが7日間見逃し配信されています。

※視聴期間は7日間なので、放送日より7日過ぎてしまうと見られなくなるので要注意!(再放送やライブ中継もあり、番組によって放送期間が異なります) TVerで視聴する場合はドラマやバラエティ番組の途中でCMが入ってしまうデメリットもあります。

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の見逃し無料動画が1週間見れるGYAO!とは?


引用: GYAO!

GYAO!とは、Yahoo!が運営している動画配信サービスです。無料&会員登録なしで見逃し配信を楽しめるのが特徴。 ドラマやバラエティ番組などが7日間見逃し配信されています。

※視聴期間は7日間なので、放送日より7日過ぎると見られなくなるので要注意! GYAO!で視聴する場合はドラマやバラエティ番組の途中でCMが入ってしまうデメリットもあります。

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)(見逃し無料フル動画)作品紹介

ここではドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」について詳しく紹介していきます。

テレビ局:読売テレビ系
放送年:2022年
脚本:関えり香、橋本夏、青塚美穂
原作:薫原好江「ケイ×ヤク −あぶない相棒−」
主題歌:OCTPATH 「IT’S A BOP」「Be with you」
公式サイト
公式Twitter

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」はPandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)・YouTubeで見れる?

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」の動画は

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • YouTube

では視聴できません。もし動画がアップされていても、それを見ることは違法です。

Pandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)を見るのは危険?

Pandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)はドラマやアニメ、映画などの本編動画が無料で見れる動画サイトです。でもその動画はすべて違法でアップロードされた動画です。

Pandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)で視聴することでPCやスマホ、タブレットがウイルスに感染しまうケースがあります。ウイルス感染をすると、PCやスマホ、タブレットが遠隔操作されたり、個人情報やカード情報が盗まれるという危険があります。

Pandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)視聴は違法!?

2020年10月に「著作権法及びプログラムの著作物に係る登録の特例に関する法律の一部を改正する法律」(令和2年法律第48号)が施行されました。

海外動画共有サイト(違法動画サイト)上にある、権利元未承認のアップロード動画をダウンロード視聴すると、罰則の対象になることが決定。罰則の対象の対象になるだけでなく、海外動画共有サイト(違法動画サイト)を視聴すると、フィッシング詐欺の被害、ウィルス被害に遭う可能性あるので要注意です。

そのため、Pandora(パンドラ)・Dailymotion(デイリーモーション)などの視聴は避け、公式配信で公開されている動画を楽しむようにしましょう!

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)(見逃し無料フル動画)あらすじ

警視庁公安部に所属している国下一狼(鈴木伸之)。運動神経抜群で容姿端麗だが、融通がきかずカタブツ。恋愛経験ゼロでバカが付くほど真面目な性格をしている。仕事にかける情熱は人一倍で真っ直ぐ。先輩捜査官の央莉音(栗山千明)の指導を受け、日々職務に勤しんでいた。

ある日、上司である公安部部長の田口(徳井義実)の命令で、指定暴力団・峰上組の若頭、英獅郎(犬飼貴丈)を監視することとなった獅郎は若くして組の統率を任された切れ者であり、政財界の大物との太いパイプを持っている。死に対する恐怖もなく刹那的に生きており、得体の知れない魅力をもつ男。

警察が注目すべき人物ではあるが、公安部である獅郎が監視する理由が分からない。しかも一狼は、もっと解決を優先すべき事件があると思っている。疑問を持った一狼が田口に問い詰めるも、何も答えないまま田口はただ「監視せよ」と告げるだけだった。獅郎の同行をマークしていた一狼は、瀕死寸前の男・白石(中村祐志)に遭遇する。白石によれば、獅郎の経営する会員制サロンでは、夜な夜な「ファイトクラブ」が行われているらしい。相手に勝利すれば1000万の賞金が貰えるとあって、元格闘家やケンカ自慢の男たちが参加していた。

獅郎を探るため、ファイトクラブへ潜入する一狼。サロン内で獅郎との接触に成功するも、ただの参加者ではないことがバレてしまう。公安であることをひた隠しにする一狼に対し、獅郎はゲームを持ちかけた。一狼がゲームに勝てばすぐに解放してくれるというが、負ければ容赦なし、どんな手を使っても一狼の口を割らせるというのだ。勝負を受けた一狼は、獅郎とのゲームに負けてしまう。しかし「口を割らせる」と言っていた獅郎は何も聞かず、出ていってしまうのだった。

一狼は獅郎の監視を続けているが、本当は莉音の事件を解決したいと願っている。莉音はある夜、一狼の留守番電話に「昨日、言えなかったことを話しておきたい。今夜20時、マルサン分室で待っている」と吹き込んだまま姿を消してしまった。

そして椅子に縛られ、銃で撃たれる莉音の動画が公安宛に送られて来る。莉音の安否も確認できないまま田口に極秘だと言われ、その後、「央莉音は死んだ。それが上の決定だ」と聞かされていた。莉音の墓参りに行くと、なぜか獅郎がそこにいる。とまどう一狼だったが、獅郎は莉音の弟だという。そして獅郎も莉音が撃たれる動画を見ており、莉音を見つけることを願っているのだった。

同じ目的を持つ者同士、一狼と獅郎は手を組むことにする。まずは莉音が残した手帳を手がかりに事件を追うことに決めた2人。手帳には総理大臣を含む大物政治家の名前が4名記入されており、何かの隠語が描かれていた。このことから、莉音の失踪は政治的圧力によるものでは?と考える。莉音と、手帳にある4人の政治家の接点を調べることにした。分かったのは、4人の政治家の子どもたちが同じ東永大附属中学に通っている同級生だということ。そしてそのうちの1人、東高茂の娘・幸子(中田クルミ)が20年前から精神病院に入院しており、一狼は所在地に思い当たる節があるのだった。さらに手帳によれば、莉音は失踪前にその精神病院を訪ねているようだ。

清掃員に変装し、精神病院へと潜入する2人。さりげなく幸子に話しかけ、中学時代の話を聞き出す。すると、幸子は突然叫びだし、「ごめんなさい」と繰り返し口にするのだった。幸子の様子を見た一狼と獅郎は、20年前に起きた何らかの事件が莉音の失踪に関係していると確信する。そして、莉音を探すためにヤクザとなった獅郎は、自分に私怨を持つ兄貴分に一狼が袋叩きにされたことから、もうヤクザでいる必要はないと決意。兄貴分の前に組のバッジを置き、辞めると意思表示をするのだった。

 

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」は、薫原好江さんの漫画を、日本テレビ系列でドラマ化した作品です。原作は「Palcy」(講談社)にて連載され、2021年11月時点で1000万PVを突破している人気作。

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)(見逃し無料フル動画)見どころ

カタブツで猪突猛進な公安捜査官・国下一狼を鈴木伸之さん、ミステリアスなヤクザの若頭を犬飼貴丈さんが演じています。

警察とヤクザが手を組み、相棒となって事件解決に挑む……。この、普段であれば敵対しているはずの両者が手を取り合う、という設定が本作の見どころの1つ!互いに央莉音という1人の女性を見つけたい一心であり、そのためなら巨悪に挑むことも辞さない覚悟を持っています。そして、一狼と獅郎それぞれに「なぜ警察になったのか?」「なぜ極道になったのか?」という過去や理由もしっかりとあり、知れば知るほどこの2人に共感しながら見てしまうことになるでしょう。しかしこの2人が“禁断のバディ”たる所以はそれだけではありません!

獅郎はバイセクシャルであり、さらに一狼と偽装の恋人契約を結ぶことで、周囲の目を欺こうと画策しているのです。同居をしながら事件解決の糸口を探っていくのですが、時折挟まれる2人のやり取りが本当の恋人のように見える……というドキドキが。

傷ついた一狼を手当する様子や、唇から流れる血を獅郎が指で拭う姿など、何気ないシーンにも妄想が掻き立てられてしまうことでしょう。第2話では、獅郎の入れ墨に見惚れる一狼の表情や、思わず触れそうになる指先が色気たっぷりに描かれていました。さらに会話のテンポもコミカルで、一狼と獅郎の、更には鈴木伸之さんと犬飼貴丈さんの相性の良さも感じさせます。扱っている事件は失踪や爆破、政治家の隠蔽、そして最終的には裏社会や諜報員まで絡み始めるストーリーとなっていますので、この2人のやり取りが一服の清涼剤のよう……。

各話のラストには「おまけ」が付いており、2人のなにげない会話や日常生活が見られるのも注目ポイントです!本作に参加するにあたり、一狼を演じる鈴木伸之さんは、自身のターニングポイントにしたいと発言していました。それだけこの役への思い入れが強いようです。今までは不良やヤクザの役が多かったため、今回はヤクザ側ではなかったことに驚いたそう。新鮮な気持ちで一狼に挑んでいることが伺えますね。また、獅郎に対しては「本当に恋しそうなくらいかっこいい」と思って演じていると答えていました。一狼と獅郎の空気感が、ドラマ本編にしっかりと現われているのか?注目して視聴してみるのもオススメですよ!

獅郎を演じる犬飼貴丈さんは、設定を聞いて最初は「詰め込み過ぎでは?」と少々不安だったそう。しかし原作を読んでその面白さを理解し、心配はさっぱりと消えてなくなるほど好きになってしまったと言います。前のめりな気持ちで挑んでいるという本作への参加は、ドラマを見れば一目瞭然!今までにない犬飼貴丈さんの魅力が詰まりに詰まったドラマと言えるでしょう。

演出は、「SP 警視庁警備部警護課第四係」「BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係」「コールドケース 〜真実の扉〜」の波多野貴文さん。ハードボイルドな演出に定評があり、「ケイ×ヤク」の世界を表現するのにぴったりの監督ですね。原作の漫画には、大掛かりなアクションシーンや壮大な陰謀も登場し、2022年1月時点では未完結となっています。ドラマでは果たしてどこまで描かれるのか?そしてどんなラストが用意されているのか?こちらにも注目してみてください!

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)(見逃し無料フル動画)キャストを紹介

ここではドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」に出演したキャストを紹介します。

国下一狼役(鈴木伸之、幼少期:青木凰)

警視庁公安部に所属する捜査官。幼い頃に両親を失い天涯孤独。容姿端麗で運動神経も抜群でありながら、馬鹿がつくほど真面目なため、公務以外の人生の楽しみ方を知らない。恋愛経験もゼロ。3年前に起きた失踪事件、通称「ジョーカー事案」の捜査が早々に打ち切られたことに納得がいかず、捜査再開を訴え続けている。上司の田口から指定暴力団「峰上組」若頭・英獅郎の内偵と監視を命じられるが、任務の過程で驚愕の事実を知り、獅郎と手を組んでジョーカー事案の謎を追うことに。

英獅郎役(犬飼貴丈)

指定暴力団「峰上組」の若頭。生まれて間もなく親に捨てられ、児童養護施設で育った。3年前までフリーターをしていたが、ある目的のため「峰上組」に潜入。異例のスピード出世で若頭まで上り詰め、政財界をはじめとした各界の大物と関係を築いている。死に対する恐怖心がなく、刹那的に生きているが、大の甘党で、甘いものが主食。行きつけのパティスリーのスーシェフ・葉月千夏(萩原みのり)は、一狼の幼なじみでもある。組員の中村雄司役(松本利夫/EXILE)は獅郎の兄貴分だが、スピード出世を果たした獅郎を目の敵に。

央莉音役(栗山千明・特別出演)

警視庁公安部の捜査官。サバサバとした性格で、一狼の教育係兼バディとして世話を焼いていた。一狼を投げ飛ばせるほど腕っぷしが強いが、3年前、大須公昭総理大臣(板尾創路)をはじめ4人の政治家の名前や、大使館や諜報員を表す隠語などが書かれた手帳を残して失踪。獅郎にとっても大切な存在である莉音の失踪事件を解明するため、一狼と獅郎は手を組むことに。

田口晶役(徳井義実/チュートリアル)

警視庁公安部長。常に冷静で感情を表に出さないため、本心が掴めない。一狼に、英獅郎を監視する任務を命じる。

大須公昭役(板尾創路)

内閣総理大臣。表向きはクリーンで支持率の高い総理だが、ある秘密を抱えている。央莉音が失踪したときに残された手帳に、名前が書かれていた。息子の大須匡役(吉村界人)は、自政党の衆議院議員。

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)(見逃し無料フル動画)1話〜全話のあらすじ

第1話「出逢い」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第1話 あらすじ

警視庁公安部に所属する捜査官・国下一狼(鈴木伸之)は、先輩捜査官・央莉音(栗山千明)に仕事を教えられながら日々任務に励んでいた。そんなある日、一狼は公安部長の田口晶(徳井義実)に指定暴力団「峰上組」の若頭・英獅郎(犬飼貴丈)を監視するよう指示される。一狼は「なぜ公安警察の自分がヤクザを監視しなければならないのか」と問うも、田口は何も答えないのであった。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第1話 あらすじ(ネタバレあり)

公安捜査官の国下一狼(鈴木伸之)は、3年前に捜査が打ち切られた失踪事件の捜査再開を公安部長の田口(徳井義実)に掛け合い続けていた。しかし、田口は「目の前の任務に集中しろ」といい捜査再開を許してくれないでいた。そんな中、国下一狼は田口から峰上組の若頭である英獅郎(犬飼貴丈)の監視を命じられる。英獅郎は3年前に組に入ってから異例のスピードで若頭まで上り詰めた謎な人物だった。また、英獅郎は政財界をはじめとした各界の大物たちとも関係を持ち、影響力を強めていた。国下一狼は田口から「この件は我々以外あずかり知らないところで動いている」と言われ、「なぜ公安警察がやくざをマークしなければならないのか」と尋ねる国下一狼だったが、田口は何も答えてくれなかった。

そして、英獅郎の行方を追っていた国下一狼は、袋の中で瀕死の状態になっている男性を発見する。その男は傷だらけになっていたが、かろうじて意識はあった。その男が意識を取り戻したため話を聞くと、英獅郎が経営する闇サロンで開催されるファイトクラブに行っていたと話した。そのファイトクラブに来ているのは借金をかけた元格闘家や喧嘩に自信がある男たちばかりだった。そして、男は元キックボクサーで世界チャンピョンにもなったことがある「佐々木」という人物に負けて傷だらけになっていたのだった。また、そのファイトクラブでは対戦相手に勝つと賞金1000万円がもらえるという話を聞き、国下一狼はファイトクラブを突き止め、参加者のふりをして紛れ込むことにする。そして、英獅郎との接触に成功するが、身元を偽っていることを見破られてしまった。すると、英獅郎は問いただしても白状しない国下一狼にあるゲームをしないかと持ち掛ける。国下一狼が佐々木との試合に勝てば何も聞かずに開放するが、負けたらどんな手段を使っても口を割らせるというものだった。それを受け入れ試合に臨んだ国下一狼。すると、国下一狼は試合中に記憶が呼び起されてタガが外れてしまった。そして、そんな国下一狼に気づいた英獅郎は時計の反射を使って試合を止めた。国下一狼が胸の中にごちゃごちゃした感情を抱えているという英獅郎。実は、国下一狼は先輩捜査官の央莉音(栗山千明)が突然失踪した3年前の事件のことにとらわれていた。莉音が失踪した後、殺害動画が公開されたことで殉職したとされていたが、莉音の事件に関する捜査をどんなに掛け合っても田口は許してくれなかったのだ。

翌日、国下一狼が莉音のお墓を訪ねると、そこには英獅郎がいた。英獅郎は莉音の弟であり、莉音の行方を捜していたのだ。そこでお互いに莉音を探し出すという同じ目的を持っていることを確認しあった2人。国下一狼は自分と手を組まないかと英獅郎に持ち掛ける。英獅郎を監視するという立場を使って莉音の事件についてを調べれば、周りから怪しまれないという作戦だ。こうして、英獅郎と国下一狼は手を組み莉音の事件について調べていくことに。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)1話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「まず最初の獅郎の登場が衝撃的でした。どっちもイケるみたいですが、裏の世界で生きてるって感じで斬新ですね。まだまだ素性の知れない感じですが、クールで頭も良い印象ですね。冒頭の不穏勢力にも、感情は抑えて素直に謝れたりとかはなかなか出来ないでしょう。一狼との相性はまだ分かりませんが、2人の目的は同じだから上手くやっていけるでしょう。お互い、大切な人を亡くした事に代わりはないのですから。それにしてもひどすぎる殺され方ですね、いくら公安でも女性に対してあれはないんじゃないでしょうか。観るのも辛かったです。」(みちゅ)

「田口が全ての黒幕で間違いないでしょう。冒頭のシーンで決定的な感じはしましたが、莉音の話題になるとあんなにも遮るのが明らかに怪しいです。しかし公安の上層部ですし、今ここで動いても隠蔽され数の暴力で殺されてしまうかもしれないからですね。そして全ての証拠を消されて揉み消されるのは確定ですからまずは裏をとって証拠集めですね。裏の世界より何より警察組織が敵に回る事ほど恐ろしい事はないです。人数にシステムに法律ともう何でもやりたい放題。是非力を合わせて一矢報いて欲しいですね。」(やすこ)

「一狼の家族と別れた過去は、壮絶で胸の奥底にある暗い影はずっと埋まらないんだと思います。そこに来ての親切に公安の仕事を伝授してくれた先輩の死の瞬間。ファイトクラブでの戦いは、一狼のそのどす黒い過去への気持ちを表しているんだなと感じました。それを見抜いていた獅郎。獅郎もまた闇を抱えていたんですね。莉音のあの映像があるのに殉職とされてしまった姉への思い。知能の獅郎と体力の一狼がバディになり、莉音の抱えていた事件は何だったんだのか。警察も事件に関係しているのか。それともそれ以上の大物の黒幕がいるのか暴いてほしいです。警察とやくざでも、亡くなった大切な人への思いは一緒で、その思いが解決に導いてくれることを願います。」(たろう)

「一狼の先輩の莉音は、公安にとっての大切なことをわかりやすく教えてくれました。その後、はじめの撃たれた映像がまさか莉音の姿なんて衝撃的でした。その後、公安の上の命令でヤクザの若頭の獅郎を監視対象にすることになりましたが、莉音の弟ですよね。弟と言う事実には驚きましたが、絶対に公安はなにか隠していますし、莉音殺害に関与しているのではないでしょうか。殺された莉音が獅郎と一狼の二人を繋いでくれたように感じました。莉音が二人で私の無念を晴らして。と言っているようです。獅郎は、何かを掴むために総理大臣の愛人になっていたんでしょうね。獅郎と一狼の二人がタバコをふかしたとき、かっこよさとともに二人の決意も感じました。そこからどうやって冒頭の恋人関係になるんだろなと今後楽しみです。」(ぱぱ)

「初回から先が読めないスリリングな展開に魅入った。国下一狼を演じる、鈴木伸之 と英獅郎を演じる、犬飼貴丈 が既に嵌り役。莉音(栗山千明)が拉致された事件を追う為、手を組んだ刑事とヤクザ。次回以降もどう展開していくか期待。これはかなり良いぞ。」(nogiイケ坂)

「国下一狼にとって英獅郎は張り込み対象だったのに、国下一狼の先輩であり英獅郎の姉の事件をきっかけとして2人が再開したところはとても面白かったです。警察官とやくざというなかなか協力することのない環境にいる2人が今後どのような関係になっていくのか楽しみです。性格も育ってきた環境も違う2人だけどなんだかんだいいバディになりそうだなと思いました。しかし、英獅郎は総理大臣である大須公昭と会って何かを探っている様子なので、危険が及ぶのではないかと思いました。」(るり)

「張り込み対象だった英獅郎の姉が国下一狼の先輩である莉音だと知ったときはとても驚きました。そして、莉音の事件のことを2人で協力して調べていくことになり、警察とやくざという異色のコンビが生まれたのがおもしろいなと思いました。しかし、国下一狼の上司である田口は何かを隠していそうだし、英獅郎が定期的に会っている総理大臣の大須公昭も何か怪しいなと思います。そもそも、なぜ英獅郎が総理大臣の大須公昭の愛人になっているのかが謎です。また、国下一狼がよく見ている子どもが爆発に巻き込まれる夢も何か気になります。」(にーに)

第2話「覚悟」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第2話 あらすじ

国下一狼(鈴木伸之)は央莉音(栗山千明)の失踪事件を解明するために、英獅郎(犬飼貴丈)と手を組むことに決める。2人は莉音が残した手帳から手掛かりを探すが、そこには大須公昭総理大臣(板尾創路)ら4人の政治家の名前、そして大使館や諜報員を表す隠語が記されていた。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第2話 あらすじ(ネタバレあり)

国下一狼(鈴木伸之)と英獅郎(犬飼貴丈)は、怪しまれず莉音(栗山千明)の失踪事件を追うべく同棲を始める。獅郎は莉音の手帳に4人の大物政治家の名前が書かれていることを発見していた。いずれもかなり大物の政治家だったため、一狼は莉音が何かつかんではいけない情報をつかんで消されたのではないかと考えた。さらに、莉音が残し手帳には大使館を表す隠語も書かれていた。

ある日、一狼は獅郎の行きつけのパティスリーで幼馴染の葉月千夏(萩原みのり)と再会する。その夜、一狼・獅郎・千夏の3人で居酒屋に飲みに行くことになる。一狼と千夏は久しぶりの再会を喜んで楽しい時間を過ごしていたが、その帰り道に千夏は何者かに後をつけられてしまう。何とか千夏にばれないようにストーカーを捕まえた一狼と獅郎。しかし、一狼は今後まわりに迷惑をかけたくないと千夏と距離を置こうとする。また、公安警察官は機密性の高い事件を扱うことが多いため、千夏には自分のことを隠しておきたいと言う。そんな一狼に対して獅郎は「周りを危険にさらすかもしれないからといって周りに自分のことを隠しておくのが理解できない」と言った。

その後、莉音の手帳に書いてあった政治家たちの子供がみんな東永大付属中学校という名門私立中学校の同級生であったことが判明する。そして、その中の1人である東幸子(中田クルミ)は病院の精神科に入院していた。手帳に書かれた「八王子」という予定から、莉音は失踪する数日前にその病院を訪れていたのではないかと2人は推測する。そして、2人は幸子に接触するために清掃員に扮して病院に潜入。しかし、獅郎が学生時代の話をすると幸子はパニックを起こしてしまった。幸子がパニック状態に陥ってしまったことに焦った2人は慌ててその場を去ることに。2人は、幸子が学生時代の話をしたことに対してパニックを起こしたことから、中学校の時に幸子の身に何かがあったのではないかと推測。

そして獅郎は、敵対する兄貴分の中村に一狼の存在を知られてしまった。一狼は峰上組に襲撃され、峰上組のバッジを手に握って倒れていた。倒れている一狼を発見し、手に峰上組のバッチを握っているのを見つけた獅郎は、1人で中村のもとに向かう。

その後、獅郎は家に帰ってきて一狼の手当てを行う。そして、一狼のことを襲ったのは自分の兄貴分であることを伝える。その時、獅郎は自分のせいで傷ついた一狼を見て、一狼が千夏を巻き込みたくないという気持ちだった時のことをやっと理解した。そして手当を受けた一狼は、自分が警察官になった理由を打ち明け始める。一狼が警察官になったのは、両親を亡くした負の感情からだった。そして、一狼の話を受けて獅郎も自分の過去についてを話し始める。お互いの過去を話したことで絆が深まった2人。

そんな中、獅郎のもとにある人物から呼び出しの連絡が入る。獅郎が連絡を取り合っているのは総理大臣の大須公昭(板尾創路)であり、大須公昭は莉音が残した手帳の中にも名前があった人物でもあった。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)2話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「いよいよ動き出す一狼と獅郎ですが、調べれば調べる程キナ臭い事実が浮かび上がってきてて怖くなってきますね。最終的には公安に辿り着くとは思いますが、闇が深すぎます。しかし流石ですね。早速一狼の知人が変な男に襲われそうになってる所を2人で救った。すぐに異変に気付いてまわりこんで追い詰めると。仕事が早いと言うか何と言うか、獅郎も相当修羅場を潜ってきたのでしょう。この世界に入ってまだ3年とはとても思えないです。あの落ち着きぶりであれば、数々の困難も冷静に対処できるでしょう。体は小さいですが、一狼より大人な感じはしますね。この先どう潜り抜けるか期待です!」(リスク)

「どうせ親に捨てられた人生。養子に出されて離れてしまっても気に掛けてくれた姉の莉音。姉の為ならどんな事をしても真相を解明してやる。という理由で獅郎はヤクザの世界に入ったのですね。総理大臣の愛人までになるとは驚きです。獅郎は両親と衝撃な別れ方をした一狼となんだか似てますね。心の中の黒い部分をもった一狼と獅郎なら思いを共有できそうで、何でも素直に話せそうです。一狼の先輩の莉音への尊敬の気持ちも強く、莉音の強い信念と優しい人柄がわかります。莉音が生きていたらと思うと本当に悔しいです。だからこそ、捜査の奥まで踏み込みすぎて殺されたのかもしれません。獅郎が政治家と繋がる事が出来たからこそ少しずつ真相に近づいた事は、獅郎の執念ですね。最後獅郎が一狼を手当している時も、仲間としていい雰囲気でしたが、入れ墨を触ろうとした指にドキッとしました。獅郎がどっちもいけるという事なので今後の展開も楽しみです。」(なな)

「獅郎視点から見るとまた、一狼との景色は違いますね。親に捨てられ、強い姉弟の絆が感じ取れます。そしてヤクザになると決心した理由もわかります。見る景色は違うけど、公安として周りに迷惑かけないように幼馴染みに嘘をついた一狼。ヤクザの兄貴分から獅郎の仕返しに一狼がやられてしまい迷惑をかけてしまい、ヤクザを辞めてきた獅郎。これからまた報復があるのかはわかりませんが、姉の手かがりさえ見つかればいいんですよね。政治家の娘さんが精神的に病んでしまった事は昔かなり酷い事がないとあれだけ酷い状況にならないのと思うのです。政治家が姉の事件とどう関わっているのか、政治家なら警察の圧力はかけられます。総理大臣との関わりもあるのではないでしょうか。獅郎の魅力で総理大臣にポロッと言わせて欲しいですね。獅郎の入れ墨は魅力的で、一狼が引き寄せられてしまう気持ちがわかります。そこから二人の関係が発展するのかも見守りたいです。」(ふらんくりん)

「本格的に2人で莉音の捜査に入りますが、まずお互いを知る事から始めてて何だかほっこりですね。確かに、相手を信頼する為に共にいてしかも相手は恐らく相当大きな規模。仲間の好みや考え方を知らないと連携もとれないでしょうからね。いい友人になれるんではないでしょうか。そう言う意味ではおまけの所も、2人の可愛いところが観れていいですね。これから血みどろの殺し合いが始まるとは思えませんが、何とか「無血」で解決出来ないでしょうか。女性をあんな風に殺す事が出来てしまう組織だから難しいとは思いますが・・2人の身が心配です。」(なな)

「莉音の事件について調べていく中で、英獅郎と国下一狼の関係性が深まってきているが、あまり親しくなりすぎると調べていることが上にばれてしまうのではないかと心配になりました。しかも、千夏とせっかく再開したのに千夏がストーカーに狙われてしまったときはとても怖かったです。そして、幸子の中学時代に莉音が失踪した手がかりがあることを突き止めたが、潜入したことがバレて2人に危険が及ばないといいなと思います。さらに、英獅郎と敵対している組の人に国下一狼が襲われたことをきっかけとして、2人の絆がよい一層深まってよかったなと思いました。」(さく)

「最初はぎこちなかった英獅郎と国下一狼ですが、それぞれの過去を知っていくうちに少しずつ関係が深まっている様子が見られました。しかし、病院に清掃員が入る日ではなかったことから、2人が幸子のいる病院に潜入したことがバレてしまい、今後どうなってしまうのかヒヤヒヤしています。まだ黒幕が誰かはわからないけれど、莉音が何かを突き止めていたから消されたのではないかと思っています。そのため、張り込み対象と刑事という立場の英獅郎と国下一狼も一緒に捜査しているところがバレないかとても心配です。」(こーひー)

第3話「存在」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第3話 あらすじ

国下一狼(鈴木伸之)が英獅郎(犬飼貴丈)のマンションに転がり込み、2人は同居しながら央莉音(栗山千明)の失踪事件を追うことになった。2人はまるで同棲カップルのように見え、獅郎の舎弟たちは動揺していた。そんなある日、獅郎のもとに里親からのプレゼントが届き、獅郎の誕生日が判明する。実は獅郎の誕生日は、一狼にとっても複雑な意味を持つ日だったのだ。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第3話 あらすじ(ネタバレあり)

警視庁公安部の捜査官である国下一狼(鈴木伸之)と指定暴力団若頭の英獅郎(犬飼貴丈)は莉音(栗山千明)失踪事件の捜査のために同居を開始。そしてその夜、莉音失踪事件との関係が疑われる政治家4人の子供たちが通っていた付属中学校の創立記念パーティーがあることを突き止める。一狼はそのパーティーに協力者Sを使って政治家4人の子供たちについて調べることに。協力者Sが忍び込んで彼らの会話を録音し、パーティーが終わった後に協力者SからICレコーダーを回収するという作戦だった。

一方、獅郎は総理大臣である大須公昭(板尾創路)を探るためにホテルでの密会に出かけて行った。その後、一狼はパーティーに出席した協力者Sから無事にICレコーダーを回収する。そして、ICレコーダーに録音された会話から、幸子が20年前の中学校2年生の音楽祭の日から不登校になったことを知る。しかし、パーティーに協力者Sが忍び込んでICレコーダーで会話を録音s知恵いたことが何者かに気づかれており、一狼はバイクに乗った怪しい人物たちによって襲撃を受けてしまう一狼。

その頃獅郎は、総理大臣である大須公昭と密会を行っていた。大須公昭の息子である大須匡(吉村界人)の過去を聞き出そうとする獅郎だったが、大須公昭は時間だと言って早々に帰ってしまう。

そして、一狼を襲った怪しい男たちは大須匡の差し金によるものだったことが分かる。差し金たちは大須匡に脅されており、再び一狼を襲うように言われていた。たしかに、以前から一狼と獅郎が捜査をしていると男が後をつけてくる気配がしていたのだ。2人は海沿いの階段を降りたところで後をつけてくる男を捕まえ、誰が自分たちを襲うように指示してきたのかを聞き出そうとする。しかし、男は「おおすま・・・」と言いかけて黙ってしまう。なんと、上から怪しい女が男を笑いながら見ていたのだ。それに気づいた男は隙を見て逃げ出した。そして、慌ててその男を追う2人だったが、追いついた頃には、男が首から血を流して倒れていた。

しかしその男の死は自殺として報道されたのだった。

その後、一狼は20年前の音楽祭の日付に心当たりがあることを獅郎に話していた。その心当たりとは、20年前に一狼が両親を亡くした東京テトラビルで起きた爆破事件のことだった。そして、莉音は失踪前にその爆破事件を調べていた可能性が浮上してきたのだ。

それから数日後、獅郎は一狼の幼馴染である千夏が働いているケーキ屋でケーキを買って帰ってきた。すると、一狼は獅郎の誕生日のためにホットケーキを作り感謝を伝えようとしていた。実は2人は同じ誕生日だったのである。仲良くそれぞれのケーキを食べる2人。そしてケーキを食べ終わった2人は屋上で事件のことについて話していた。そこで一狼は20年前の誕生日に起きた爆破事件で両親を失ったことを打ち明ける。その日誕生日プレゼントを買いに来ていた一狼と両親はショッピングモールの中にあるカフェで休憩していた。しかし、一狼だけが風船をもらうために席を離れていたため直接爆破の影響を受けずに済んでいたのだ。一狼はいまだに「あのとき自分がプレゼントなんかほしいって言わなければ」と悔やんでいた。そして、獅郎はその一狼の告白を聞いてある記憶が蘇っていた。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)3話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「ハードボイルドな男同士の友情がこのドラマの売りの1つだと思います!2人が互いの誕生日を祝うシーンなんて、もう何とも言えない良さがありましたね!何だかただ目的を共有する仲間で終わる訳でもなく、照れながらもお互いを大切にしようと言う感じが好感が持てました。しかし獅郎はいわゆるどっちもイケるはずなのに、イケメンで男臭くて若い一狼にはそう言う感情は抱かないんでしょうか?自然の流れでそこだけは疑問に思いますが、もしかしたら絶対言いづらいし秘めたる想いがあるのかもしれませんね。2人のホッコリエピソードはもっともっと観たいです!」(ブルータス)

「まさかの驚愕の事実。何だか変だなと思ってましたが、一狼にそんな過去があったとは・・。自分のやる事なす事が結果として両親を殺してしまう事になるとは悔やんでも悔みきれないですね。あとほんの少し行動が違っていたら2人は死ななかったと。しかし獅郎も声を掛けられないでしょう。せっかく心を通わせようとし、かけがえのない存在になろうとしているのに話を知ってしまったら2人はどうなるか分からない。切ないです。しかしここには全てを操る黒幕がいるでしょう。まずは田口を調べるしかないですが、職業柄半端じゃなくガードは堅いですよね。でももう止まれないでしょう、激化しそうな戦いが楽しみです。」(まるる)

「国下一狼が両親を失った20年前の事件のことを思い出して苦しくなっているところは見ていてつらかったです。しかも、相棒である英獅郎が子供のころに関わっていた人が国下一狼が両親を失った20年前の事件の犯人だったことには驚きました。その事実を知っていながらも国下一狼に本当のことを言えずにいるのも見ていてつらかったです。また、英獅郎の姉を拉致して殺害した黒幕がなんとなくわかっているのに、権力によってもみ消されてしまうのがとても怖いです。2人にはこれからも仲良くいてほしいし、笑いながらケーキを食べていてほしいと思いました。」(かあさん)

「英獅郎が買ってきたショートケーキと国下一狼が作ったちょっと豪華なホットケーキを一緒に食べているところが楽しそうで何よりでした。事件のことを追っているときはピリピリしているので、ほっこりするシーンがとてもありがたいです。でも、国下一狼が両親を失った20年前の事件の犯人が英獅郎の知り合いだと分かったシーンはつらかったです。英獅郎はそのことをまだ話していないけれど、今後それを国下一狼が知る時が来ると思うと涙が止まりません。また、事件をもみ消すことができるほどの権力がはたらいているので、2人には気を付けて捜査してほしいです。」(エル)

「事件の解明が少し進む中、一狼と獅郎の二人がお互い認めあい、必要としている仲になり接近してく所はこのドラマの癒やしになります。獅郎と同じ誕生日なのに言わなかった一狼は、誕生日にあの爆殺事件があったから余計に今まで辛かったんですね。あの時プレゼント欲しがらなければ等、自分のせいで両親がなくなったとずっと悔いていたなんて。そんな一狼の深い苦しみは、とても伝わります。あんな亡くなり方したら被害者家族はそう思ってしまうのも当然ですが、悪いのは犯人です。でも、その犯人が獅郎の誕生日にホットケーキを焼いてくれた野々村だったなんて、まさかそこから二人が繋がっていた事に驚きました。獅郎はとても一狼には言えませんでしたけど。その爆破と、総理の息子達が何か関係しているのか。莉音が殺された事にも関係があるのか、獅郎の監視を命令した田口は何を隠しているのか。今回だけでも驚きの展開で、ますます目が話せないです。」(みつき)

「総理の息子の匡はかなり悪い男ですね。二人を襲わせた男は匡の名前を出したから殺された気もします。その事件を自殺として警察が隠蔽した事で、一狼は過去にも隠滅された事件があると考えるのも当たり前。上司の田口の事も疑心暗鬼にもなります。総理が息子への言葉で、あいつの問題にもう少し早く気づいていれば。と言う事は、何かあったんでしょう。あと少しで聞き出せそうでしたね。それにしても獅郎の総理の言葉を聞き出す手段は上手いですね。総理といる時はかなり色っぽくてセクシーで、見惚れてしまいました。そしてあなたの秘密になれて嬉しい。という言葉。誰でも話したくなります。姉の為なら何でもやると言う獅郎の覚悟も感じました。一狼のドス黒い重い気持ちは誕生日だったのかと思うと絶句でした。そこに獅郎の過去も加わってくるなんて。でも二人のほのぼのシーンも沢山ありメリハリがある所がいいですね。おまけ付きなのも楽しみの一つです。」(コンフォート)

第4話「奪還」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第4話 あらすじ

ある日、国下一狼(鈴木伸之)は英獅郎(犬飼貴丈)の異変に気が付く。獅郎は昨晩酔って帰ってきており、その後風邪をひいてしまったようだ。そして一狼は、獅郎を寝かせてから田口晶(徳井義実)との定期連絡のために、待ち合わせ場所にしている銭湯へと向かう。一方、寝込んでいた獅郎は、舎弟の蒼井(弓削智久)から闇サロンに呼び出されていた。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第4話 あらすじ(ネタバレあり)

ある朝、英獅郎(犬飼貴丈)はソファーの上で目を覚ました。帰ってきてそのままソファーで寝てしまっていたためどこか体調が悪そう。キッチンに水を飲みに行くと、国下一狼(鈴木伸之)が朝ごはんを食べていた。その日、一狼は田口(徳井義実)が隠していることを問いただす覚悟を決めて会いに行こうとしていたのだ。そんな一狼に「油断するなよ」と告げた獅郎だが、一狼は獅郎の異変に気が付いた。実は、酔っ払って帰ってきてそのままソファーで寝てしまっていた獅郎は熱が出てしまっていたのだ。熱が出た獅郎を寝かせて田口のもとに向かう一狼。

その頃、田口は一狼の動きを把握しており、何者かと電話で連絡を取っていた。その後、いつも通り銭湯で会った田口と一狼。そこで一狼は莉音(栗山千明)が残した留守電を田口に聞かせる。また、莉音が20年前の爆破事件のことを調べていたのではないかと田口に問が、一狼は田口から任務から外れるようにと言われてしまう。

一方、おかゆを食べ終わって寝ていた獅郎のところに組の部下から連絡が入る。熱があった獅郎だが組のために闇サロンに行き、組の禁忌を犯した組員に制裁を加えていた。しかし、闇サロンから帰ろうと駐車場を歩いている獅郎に銃を持った怪しい影が迫っていた。一人の存在に気づき取り押さえる獅郎だったが、もう一人いた怪しい男に銃を向けられてしまう。

そして、一狼のもとに非通知からある動画が届く。その動画とは、獅郎が袋をかぶせられ殴られているものだった。動画には「RION was here too.」と書かれており、投稿者は「JOKER」。その動画を見た一狼は田口に「莉音の動画が撮影された場所と同じではないか」と疑念をぶつける。田口から獅郎の居場所を聞いた一狼はすぐさま獅郎の救出に向かうが、何者かが一狼の後を追っていた。

一方、拉致された獅郎の前には謎の女が現れていた。話しかける獅郎に対して「莉音の時も同じだった」と言う女。

そして田口から獅郎の居場所だと教えられた廃墟に着いた一狼は、警戒しながら獅郎を探していた。倒れている人影を見つけるが、それは獅郎ではなくただの人形。何者かに銃を当てられている感じがした一狼は「銃を下ろせ」という声に従って銃を下ろすが、「違うよ国下」という聞き覚えのある声が聞こえた。すると、そこには失踪したはずの莉音が立っていた。莉音から失踪したのは田口による作戦だったと聞かされる一狼。そして、獅郎を助け出すために莉音が謎の女と対峙していると、複数の男たちが現れ囲まれてしまう。莉音だけでなく謎の女まで襲うその男たちは、匡による差し金だった。複数の男たちが謎の女を取り囲んでいる隙をついて救出に成功した一狼と莉音。そして救出した獅郎を車に乗せるが、複数の指輪をしている怪しい人物がその姿を防犯カメラの映像で見ていた。

そして、家に帰ってきて意識を取り戻した獅郎は莉音を見て困惑する。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)4話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「前半は獅郎と一狼の絆が強くなって互いの身を案じたりしていると同時に、田口の裏の顔が浮き彫りになってきて光と闇の対比がハッキリしてきた回だなと思います。誕生日を祝ったり、獅郎の熱があるのを気付いて心配したりと2人のやり取りにはほっこりさせられます。しかし、そういったシーンを見る度にこの先に待ち受ける恐ろしい展開を見るのが怖くなってきますね。莉音と田口がちゃんと目的を持って隠密行動していたのはわかりますが恐らく相手はとてつもなく大きな組織。新たな男が現れ、微笑んでいたので余程自身があるのでしょう。公安を相手にしてあの態度はどんな規模なのか、注目します。」(ハローワーク)

「突然の莉音の登場には痺れました。最初見た時に全ての人間関係が?となり少し混乱したのですが、とてつもない希望を覚えました。そして獅郎を救う為、いきなりの共闘も胸躍らずにはいられなかったですね。登場人物みんな強い!あれだけの人数をどんどん倒していくのはスッキリですね。また莉音に会えた時の2人の反応も凄く良かったです。やっと会う事が出来た3人の今までになかった新しい関係がこれから築けて幸せになるのを願ってます。しかし闇はこれからでしょう、悲しい展開にはならないで欲しいです。」(みさ)

「獅郎が苦しめられているシーンはとても辛くて、女の罠でも早く一狼助けてー。って思ってましたが、まさかの、莉音の声。幻聴か幻想かと思ったら、敵の後ろから姿を表した莉音に、驚きと一狼の潤んだ目。生きててよかった、と思うと同時にどうして、という疑問。しかも田口の指示で隠れていたとは、田口は味方だった事にもびっくりでした。だから田口は場所をすぐ一狼に話していたんですね。それにしても莉音、かっこいいですね。女との睨み合いにも負けてませんでした。ようやく会えた獅郎との対面。感動よりも、なんでって思いますよね。莉音の事件を調べるために何でもしてきたわけで、獅郎の辛い莉音への思いを知ってるからこそ、獅郎の気持ちはとてもわかります。莉音が生きていたからくりがどういった事なのか早く知りたいです。そして女が莉音と会いたかった理由も知りたいです。」(勝間)

「3年前の莉音が撃たれる動画はフェイクですかね。急展開すぎです。一狼からすれば、日々莉音の事を考えながらも両親の爆弾事件の事も関係していると苦しむ日々。俺にも言ってよ。って思いますよね。獅郎なんて莉音の為にヤクザになって、総理大臣とも関係を持ったというのに。莉音は獅郎がヤクザになってるのも知ってましたよね。そこまでして、莉音を死んだと見せかけ、3年も隠れないといけなかった事案とはどういった事なんでしょう。黒幕の総理の息子の匡と、政治家の息子の二人とは意見が合わないようで、そこから綻びが生まれてきそうです。また、あの女は何ものなんでしょう。めちゃくちゃ強かったですね。匡と繋がっていて、消されそうになってましたが、その辺りも20年前の事に関係してきますよね。莉音が生きていた事で、獅郎もびっくりしてましたが、獅郎と一狼の二人の生活が終わってしまうのは寂しいので、ぜひ3人で暮らしてほしいです。」(スマート)

「英獅郎が何度も殴られた上に水に顔をつけられているところは、見ていてとてもい痛々しかったです。もしかしたら莉音と同じような結果になってしまうのではないかと心配でした。でも、これまで怪しいと思っていた田口が実は味方なのではないかという感じだったので少し安心しました。また、死んだと思われていた莉音が生きており、死んだとされていたのも田口の作戦だったことには驚きました。ただ、大須匡らの中学校時代には確実に何かがあったし、そのことは20年前の爆破事件にも関わっているのではないかと思いました。」(カフェ)

「朝から熱があったのに何度も殴られ、しかも気を失うまで顔を水につけられていた獅郎がとてもかわいそうでした。でも、まさか死んだとされていた莉音が生きていたのには驚きました。莉音が生きていたとしたら打たれた映像を撮ったのが誰なのか、莉音は田口に何を頼まれていたのかが気になります。また、獅郎の拉致に関わっている謎の女が何なのかが明らかになるといいなと思います。さらに、大須匡ら付属中学校の同級生が隠していることが何なのかも明らかになってほしいです。」(ITプロ)

第5話「再会」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第5話 あらすじ

国下一狼(鈴木伸之)と英獅郎(犬飼貴丈)は、央莉音(栗山千明)と無事に再会し獅郎のマンションで話をすることになる。莉音は殉職を装ってずっと身を隠しており、その理由を2人に明かす。4年前、莉音はある国による諜報活動をマークしていた。そして大使館周辺で見かけた怪しい男の捜査を続け、命を脅かされたため殉職を装うことにしたのだった。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第5話 あらすじ(ネタバレあり)

一狼(鈴木伸之)と獅郎(犬飼貴丈)は莉音(栗山千明)から話を聞いていた。そして、莉音が失踪した「ジョーカー事案」はフェイクであり、莉音が何者かに殴られたあとに撃たれた動画もフェイクだったことが分かった。莉音を殉職という扱いにしたのは、敵から身を守るための策だったのだ。4年前、莉音は諜報員らしき男と総理大臣の息子であり国会議員の大須匡(吉村界人)の密会を目撃していた。そして、公安部長の田口(徳井義実)と一緒に内密に捜査をすることになった。20年前の東京テトラビル爆破事件には手と組織が関与しているとも思われていたが、単独犯の野々村という男が出頭してきたため、その男が犯人として逮捕された。しかし、爆破事件が起こった東京テトラビルの現場近くで諜報員らしき男の目撃情報があった。そして、被害者名簿の中には4人の政治家の子供たちの名前が書かれていたのだ。爆破事件の被害者であるはずの大須匡と諜報員らしき男が会っていたため、大須匡が事件に関与した疑いがあると莉音は言う。そして、その後も爆破事件のことについて捜査を続けていた莉音だが、後をつけてきた何者かに拉致されてしまう。幸い何とか脱出して田口のもとに戻ったが、再び狙われる危険性を考えてとある計画を練ることにしたのだ。そして莉音を死んだことにしたのは田口だった。犯人をおびき出すために莉音殺害の偽装工作を行ったのだ。あえて、莉音が監禁されたのと同じ場所に行き、莉音を撃つ動画を撮影していた田口は、怪しんだ犯人たちが戻ってくると考えて組んだ作戦だった。見事に大須匡が訪れたが、匡の背後にいる黒幕を探るため、あえて大須匡はとらえず、田口は「20年前のビル爆破事件はまだ終わっていない」と言った。そして、田口は一狼にも力を課すてほしいと頼んだ。

一方、謎の女のエミリ(青野楓)は、何者かと電話をしていた。そして、裏切り行為がバレた大須匡は焦って同級生の澤口と森川に当たり散らすが、2人からも見放されてしまう。そして、一狼と2人きりになった獅郎は、自分も20年前の東京テトラビル爆破事件に関わりがあることを話し始める。犯人として自首した野々村という男と知り合いであったことを一狼に告白した獅郎。野々村という男は獅郎と同じ施設の出身であり、爆破事件当日も獅郎のためにケーキを焼いてくれていた。誕生日だった自分のためにケーキを焼いてくれた優しい野々村が爆破事件を起こした犯人とは思えない獅郎。その話を聞き、一郎は「お前は手を引け」と突き放す。「じゃあ、この家も出ていくの?」と聞く獅郎に「ああ」と返す一狼。そして、「せっかく安住の地に帰ってこれたのにな」という獅郎の言葉を聞き、一狼は犯人を殺したいと思っていたことを打ち明ける。獅郎の大事な人なのに、自分が殺したいという思いをもっている自分が許せない一狼。それに対し「だったら、なおさら一緒にいねえと」と言う獅郎。そして、一狼は子供のころから押さえてきた感情があふれ出し、号泣をしてしまう。

そして電話をしていた謎の女のエミリは、何者かに「任務が終わった」と伝えていた。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)5話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「今回のお話はまずホッとしたの一言です。今まで死んでしまったと思っていた莉音と裏切っていたと疑ってた田口の2人が目の前で事情を全部喋ってくれる事で本当に良かったなと思います。しかし獅郎と一狼からしたらやっぱり早く言ってよと言うのもよく分かります。なかなか難しい話ですが、まずは皆生きてて良かったです。大切なのはこれからですね、当の峰上組達やその背後にある物を何とかしなければいけないです。表に出た以上、本格的な戦争になりますから今まで以上に覚悟を決めなければいけないです。また大須達のおぼっちゃん振りには腹が立ちました。至極勝手な理由で一連の事件を起こしてると思うとやはり許せないです。」(マス)

「獅郎と一狼、そして莉音の3人のシーンが夢にまで見た理想の光景で凄くほっこりしました。一狼が料理上手なのが地味にツボですね!エプロン姿もなかなか新鮮でした。しかしそれはこれから起こる激しい戦いの前触れと言う事で緊張感も高まると言うものです。だからこそ大切な人を失いたくない、そんな気持ちを起こさせる様な対比なのがよく分かります。そして20年前の真相ですが、やはり一狼にとってはショックだった事でしょう。田口と一狼が出会った時の事と言い、全ては繋がっていると言う事ですね。運命とも言うべきそれぞれの境遇からどう言う結末となってくのか、この先が見ものです。」(バス)

「あの3年前の莉音の動画に犯人をおびき出す作戦もあったなんて、さすが田口は公安のトップです。莉音が匡をマークしたのをやめさせたのは多分今の総理の大須が動いたんでしょう。田口は莉音を守りながらも20年前の真相に近づく為に、一狼も公安に呼び、熱心に手がかりを掴もうとしていたんですね。すっかり初めから公安のトップだからっ権力に弱く悪者だと思ってました。先入観はよくなかったです。獅郎から見れば莉音も一狼も掌で動かされていたと思うのも仕方ないです。爆破事件の犯人で逮捕された男、確かに獅郎の誕生日にパンケーキ焼いてくれてましたが、養護施設の出身で熱心に施設に子供たちの世話をしていたとは、犯人像とは異なる気がします。しかも爆破当日施設にいたら、莉音と獅郎は特に野々村が犯人だと思えないですよね。一狼も獅郎もあの事件で大切な人と離れ離れになった、似た境遇。そんな悲しい気持ちにさせた事件の黒幕は許せないです。」(フロー)

「獅郎は莉音の事件を探るためなら何でもする思い、莉音は獅郎がヤクザになった事を心配し、姉と弟の絆は深いですね。獅郎は姉貴ズラするんじゃねぇ。って莉音に向けて言った言葉撤回できて良かったですね。本当に、莉音が無事で3人での晩酌シーンがあるなんて、初回からは考えられなくて嬉しいです。一狼がいる家に帰ってくるのが安住の地って素敵な言葉です。ようやく見つけた自分達の場所。一狼も同じ思いなのはすぐわかります。獅郎に手を引かせるために、足で纏と言う言葉を使ったのでしょう。一狼は両親を殺した犯人を殺したい自分の気持ちが怖く、その犯人は獅郎の世話になった施設出身者。ずっと憎んでいた犯人が犯人ではない可能性も出てきて、特に一狼の気持ちは複雑で辛いですね。莉音が生きてるとわかった事で確かにまた狙われそうですので、やっぱり3人一緒に住めませんかね。一つの布団で男二人て寝るなんてそれはそれでいいじゃないですか。」(YU)

「莉音が何者かに銃で撃たれた動画はフェイクであり、あの動画を作ったのが田口部長だったことに驚きました。今まで莉音のためにいろんなことをやってきた獅郎が少しだけかわいそうにも思えました。また、田口部長は一狼が20年前の爆破事件の遺族であることを知ったうえで、公安に配属するようにしたことにも驚きました。そして、一狼が獅郎の言葉で泣き崩れたところは感動して泣いてしまいました。今までつらくて泣けなかったけど、やっとなくことが良かったねと言ってやりたいです。」(ゼロ)

「莉音が失踪したというのはフェイクであり、班員をおびき出すために莉音殺害の偽装工作が行われていたことにはびっくりしました。ずっと莉音の事件について調べていた一狼と獅郎にとってはうれしいことかもしれないけれど、数々の危険をおかしてきた獅郎が少しだけかわいそうに思えてしまいました。でも、爆破事件の犯人として捕まっている人物が破人とは思えないという獅郎の話を聞いたとき、一狼は複雑だっただろうなと思います。黒幕が誰なのかはまだ分かりませんが、一狼と獅郎が幸せなまま終わるといいなと思います。」(アブ)

第6話「真相」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第6話 あらすじ

国下一狼(鈴木伸之)・英獅郎(犬飼貴丈)・央莉音(栗山千明)の3人は、事件のカギとなる4人の政治家の子息のうち、澤口(前原滉)が自殺、大須匡(吉村界人)が緊急入院したという情報を入手する。澤口は諜報員とのトラブルから口封じのために殺害され、身の危険を感じた匡は入院で自身の安全を守ろうとしていることが推測された。そんな中、一狼は爆破事件の犯人である死刑囚・野々村(眞島秀和)と面会する。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第6話 あらすじ(ネタバレあり)

一狼と獅郎は、大須匡の同級生である澤口と言う人物が自殺したというニュースを知る。そして、莉音の元には田口から「大須匡が体調不良で緊急入院をした、諜報員と大須匡の間で何らかのトラブルがあったのかもしれない」という情報が入る。澤口と言う男が口封じの目的で殺されたと考えた一狼は、東京テトラビルの爆破事件で逮捕された野々村という男との面会を決意。

一方、獅郎は峰上組の過去について調べるように組の部下に頼んでいた。そんな中、一狼は東京テトラビル爆破事件の関係者が次々と行方不明になっていることを田口から聞く。大須匡(吉村界人)の同級生である森川という男や病院に入院していたはずの東幸子も行方不明になっており。どう考えても偶然ではない事態に、一狼は覚悟を決める。

そして、複雑な感情を抱えながらも、一狼は東京テトラビル爆破事件の犯人として出頭した野々村という男の接見に臨むことに。野々村は、一狼の問いかけに対して「あの爆発で私は時間を止めたんです」と言うが、爆破事件ついては何も語ろうとしない。しかし、一狼が獅郎と莉音が育った施設の名前を口にすると反応を示した。一狼は、その反応を見て野々村が何かを隠しているのだと考えた。そして、獅郎は元施設長に当時の野々村のことを尋ねた。すると、当時は施設の経営が危なかったため、いくつかの施設に子供たちを引き取ってもらえないかと交渉していたことを明かされる。しかし、野々村が「子供たちの家はここしかないから」と、経営が厳しかった施設の手伝いを無償で行っていたのだ。そして、東京テトラビル爆破事件の少し前、施設に匿名の寄付金があったことも明らかになる。獅郎は寄付金に野々村が関わっていると察しがつき、施設長に「野々村がその寄付金に関係あるのでは?」と聞いた。すると、案の定野々村のところに不審な電話が何度もかかってきていたという。

家に帰ってきた獅郎は、莉音と一狼に「野々村が施設のために自分の組の闇金から借金をしたのでは」と推測を話した。そして、自分の組から借金をしていたということは、峰が見組との接点があったことになるとも話した。その話を聞いた一狼は、再び野々村と面会することに決めた。「これで最後にしてください」という野々村に対し、一狼は「少し自分の話をさせてください」と言い、自らが爆破事件で両親を失ったことを告白した。そして、莉音が爆破事件の真相を追って3年ものあいだ失踪していたことも話した。さらに、獅郎が峰上組の若頭に上りつめた事実も伝えたのだった。そして、ついに「施設を守るために罪をかぶったのでは?」という一狼の質問を聞きて真実を語り始めた。野々村は、借金を帳消しにして施設を援助するのと引き換えに、爆破事件の犯人として自首をするように言われていたことを告白した。そして、事件の真相に近づいた一狼と獅郎は、「すべてが終わった後も今までのように話したい」とお互いの想いを確かめ合った。その後、野々村の借金が峰上組からのものだったことが判明する。さらに、その借金を取り次いだのが中村という組員だったことも明らかになる。そして、獅郎の知り合いに中村という組員がいるため、中身らと言う男については獅郎に調査を任せることにした一狼。

そんな中、行方不明になっていた森川が殺害されてしまう。一方、大須匡の病室には父親である大須公昭が訪れていた。大須匡が自分を嗅ぎまわっている2人だとして見せた写真に写っている男を見て驚く公昭。その写真に写っていたのは獅郎と一狼だったのだ。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)6話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「とうとう事件の全貌が見えてきましたね。全ては20年前の東京テトラビルの事件に繋がる事が確信に変わってきました。そしてそこには当事者と思われた野々村は想像とは全くの違う人物で獅郎の大切な人である事がわかり一狼も戸惑っていましたね。まずはその辺の誤解が解けて本当に良かったです。しかし野々村も、これだけ長年隠してきた事だから本当の事を話すには相当な決断を迫られた気持ちでしょう。そして新たな疑惑の人物、中村の存在。果たしてあの中村なのかどうストーリーが繋がっていくか見ものです。」(アフ)

「冒頭のシーンから、もう一狼と獅狼、そして莉音の3人の描写はまるで違和感がなくてずっと3人で暮らしてもいいんじゃないかと思ってしまうほどでした。しかし彼らの目的は20年前の事件の清算です。これが終わるまでは本当の意味で笑う事はdけいないでしょうから頑張って欲しいです。そして黒幕が意外と身近にいる様な気がしますが、ストーリー的に田口がやっぱり裏切り者だったとかいう展開だったら個人的に面白いです。しかし一狼と獅郎が仲良くなるほどどちらかの死亡フラグに見えるのは気のせいでしょうか。来週とうとう動き出す大須に恐怖ですね。」(マヤ)

「野々村は自分が身代わりになる事で施設への寄付が継続されてるものだと思っていたから、ずっと真相を話さなかったんですね。ずっと誰にも言えなかったその真相が話せたのも、その爆弾の被害者の一狼の心情と、施設で育った莉音と獅郎が自分の為に人生が変わってしまった事を知ったからでしょう。私は何も守れてなかったという落胆の言葉が野々村の一番の本音ですよね。お世話になった施設を守る為だけに自分の時間を止めた野々村、その善意を利用した犯人は、許せないです。その犯人に繋がる人物に中村が出てくるとは、獅郎と対立関係のヤクザとしか思ってなかったので、名前が出た時は驚きました。匡の父親が黒幕だと思ってましたが、林という人物なのでしょうか。どちらにしても総理が獅郎の正体に気づいてしまって今後心配です。今回は一狼と獅郎二人のシーンが多くて二人を引き離さないで欲しいです。」(ビンラディン)

「莉音と獅郎が思っていたように野々村が爆弾犯でなくて、良かったとたと共に、野々村の施設への熱い気持ちがとても切なく思えます。莉音からの言葉を直接聞かせてあげたかったですね。今回は一狼と獅郎のツーショットでの食事シーンが多くて、何だか相棒以上の関係って感じがいいですよね。一狼が料理が上手いのは一人ぼっちで育ったんだなと考えてしまいますけど。チカとの関係も気になりますが、あまりほのぼのしたシーンが続くと不安になります。実際匡のまわりの人間は亡くなったり行方不明になったり恐ろしい事になっています。二人や莉音、もしかしたら、チカまでも狙われるかもしれません。一狼や獅郎、莉音は野々村の為にも20年前の事件の犯人を探すのに急いでしまいそうですが、慎重に動いてほしいです。おまけでは一狼が童貞ということがバレてしまいましたが、初めての人は好きな人。といった事はぜひ貫いてほしいです。」(ダーク)

「20年前のテトラビル爆破事件の班員で死刑囚として捕まっている野々村さんに一狼が話を聞きにいったところはしびれました。前回、自分が野々村さんを目の前にした時にどうなってしまうかわからないと言っていたので、何かしてしまうのではないかと不安でした。しかし、莉音や獅郎たちと電話をつないで割と落ち着いて話ができたのは良かったと思います。そして、本当は野々村さんが爆破事件を起こしたのではなく、借金を消してもらう代わりに出頭しろと言われたことがわかり、ほっとしました。」(プーチン)

「野々村さんに怖い印象を持っていたので、野々村さんが20年前のテトラビル爆破事件を起こしたんだと思っていました。しかし、野々村さんは獅郎たちの施設を守るためにお金を借りて、そのお金を返すのをチャラにしてもらう代わりに犯人として出頭しただけとのことで、優しい人だったんだなと思いました。でも、野々村さんが班員ではなかったということは、他に誰があの爆破事件を起こしたのか、何が目的だったのかがますます気になりました。」(わりえわ)

第7話「悪戯」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第7話 あらすじ

国下一狼(鈴木伸之)と英獅郎(犬飼貴丈)は、野々村(眞島秀和)を爆破事件の犯人に仕立て上げた人物について調べていた。野々村は獅郎と莉音(栗山千明)が育った児童養護施設を救おうと、峰上組配下の闇金から多額の借金をしていたのだ。そして野々村は、闇金側から「借金を帳消しにして施設に資金援助をする代わりに、爆破事件の犯人になれ」と取引を持ちかけられていた。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第7話 あらすじ(ネタバレあり)

国下一狼(鈴木伸之)は、野々村を東京テトラビル爆破事件の犯人に仕立て上げたのが誰なのかを調べ始めていた。一方、総理大臣の大須公昭(板尾創路)は、理髪店で謎の男と密会。その男は一狼と獅郎(犬飼貴丈)の始末をすることを約束したのだった。

そして、獅郎は兄貴分である中村(松本利夫)を拉致した。一狼と莉音(栗山千明)と電話をつないだまま、中村に真相を話すように詰めよる獅郎。20年前、野々村に取引を持ち掛けた人物が誰かを問い詰めると、峰上組若頭の「山田」という人物が関わっていたことを白状した。しかし、莉音によると、山田と言う人物は峰上組から独立し、志尾組を立ち上げたが現在は行方が分からないという。そして、一狼と獅郎は中村を使って山田との接触を試みようとするが、中村の前には「林」と言う謎の男が現れた。林は一狼と獅郎が盗聴していることに気づき、あるパティシエの話をし始める。そのパティシエとは一狼の幼馴染である千夏(萩原みのり)のことであり、「今日で彼女のケーキが楽しめなくなる」と次のターゲットが千夏だと匂わせた。その話を聞いた獅郎は、一狼に千夏のところに行くように言う。一狼は獅郎が無理をするのではないかと心配するが、「無理はしない、約束する」という獅郎の言葉を信じ、千夏のところに向かうことにする。外に出て千夏に電話をかけてみるがつながらず、千夏が拉致されてしまったのでは?と焦る一狼。その後、再び電話を掛けたときに千夏が出たことから安心する一狼。莉音と協力して千夏の安全を確保することに成功する。一方、獅郎の闇サロンには山田という男が訪れていた。

一狼は獅郎の帰りが遅いことを心配し千夏に言われて電話をかけるが、獅郎ではなく獅郎の部下が出た。そして、その部下から闇サロンに山田という男が訪ねてきたことと、中村が消えたことを聞かされる。一狼は中村の位置情報を頼りに獅郎の居場所を探す。すると、マップの山田理髪店という店にピンが刺さっていた。そして、マップでピンが刺さっている山田理髪店は、大須総理がSPをつけずに通っている理髪店だという情報が田口(徳井義実)から与えられる。

その頃、獅郎は山田理髪店で山田に東京テトラビル爆破事件への関与について話を聞いていた。すると、山田はひげをそるために使用する剃刀を獅郎の首に当ててきた。一狼が店に入ってきて銃を見せたため、間一髪獅郎の首から剃刀が離された。何とか獅郎を助け出せたものの、一狼は無理をしないと言っておきながら無理をした獅郎に怒っていた。「もう二度とあんな危険な真似はするな」と言う一狼に対して「ああ、来てくれてありがとう」と感謝を伝える獅郎。2人は抱擁を交わし、「こんなこと、早く終わらせたいな。早く終わらせて一日でも早くみんなが心から笑える日が来てほしい」と願い合った。

一方、山田理髪店には手を結束バンドで縛られた状態の中村の姿が。そして、中村は山田に剃刀を使って殺されてしまう。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)7話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「一狼と獅郎、2人ともかなり危ない所までクビを突っ込んできてるのがよく分かりますね。バックに首相がいるとなると、警察組織どころではない強大な相手と言う事になります。そして大須と繋がっていた獅郎もその目的がバレてしまい動きは筒抜け。今回登場した林がどれ程の人物かわかりませんが、殺し屋なんでしょうか。とにかく余裕があって底を見せない感じに恐怖を覚えますね。早速中村がやられてしまってこれからどうするのでしょう。ますます緊迫の展開にドキドキします!」(チャイナ)

「冒頭の獅郎が一狼に迫るシーンですが、やはり元々獅郎がそっち系だからそうなるのかなと思ってましたが意外にも今まではただの男同士の仲間と言う関係でした。しかしここに来てまさか一狼が獅郎に対して潜在的に恋心の様な感情を見せるとは思わなかったです。それを匂わせながらも結局そうはならないと思ってましたが、どうなるんでしょうか。てっきり莉音の事が好きだから一狼は莉音とくっつく気がしてました。メインのスリル展開もですが恋愛の方もとても気になりますね。」(メドベージェフ)

「一狼と獅郎の関係性がどんどん深くなっているように感じました。お互いが無事だったことに安心してハグしたり、なかなか帰ってこなくて心配になったりしていて、もはや本当の恋人なのではないかと思いました。そして、序盤で出てきた一狼の夢の話と獅郎が千夏ちゃんに話した夢の話が同じだったところには驚きました。最後までまるっきり一緒だったかはわかりませんが、同じ夢を見てしまうのは運命だろうなと思います。此からも危険がたくさん降りかかると思いますが、二人には幸せに暮らしてほしいなと思います。」(エジプト)

「大須総理が獅郎と一狼の関係に気づいてしまったのでどうなるんだろう?と思っていました。すると、優しそうな床屋のおじさんが出てきたので、何も罰をくださないんだと安心しました。しかし、その床屋のおじさんも関係者であり、髭を剃るための道具を使って獅郎の首を切ろうとしていたところにはビックリしました。まさか、あんなに優しそうなおじさんが組の関係者だとは思いませんでした。そして、最後に床屋でおじさんが血を洗い流しているシーンがあったので、獅郎の兄貴分が情報をしゃべったことの口封じをさせられたのではないかと思いました。」(いろはす)

「床屋の店主が、20年前に若頭で、志尾組を立ち上げた山田って事は、総理や林も繋がっていてかなり怖い存在です。獅郎が顔を剃られながら、20年前の話をする場面、山田がとても怖そうな雰囲気で、どうなるかハラハラしてました。実際中村が多分殺されてましたよね。獅郎には傷をつけず、山田を殺したのは何故なのでしょうか。獅郎が山田から逃れた後の一狼との抱擁にはグッときました。獅郎にとって一郎は頼りになる存在で、一狼にとっても獅郎は大切な存在。何も言わなくても二人は感じているのでしょう。千夏も一狼を昔から見ているので一狼の気持ちはもう知ってましたね。獅郎を思う一狼は心ここにあらずでしたし。どんどん事件が闇深くなっていくとともに、獅郎と一狼の仲がグッと深まっていくそのギャップがこのドラマの面白い所です。」(マウスパッド)

「爆破の事件を追っていくうちに、ヤクザや政治家の触れてはいけないような怖い所まで近づいてきた気がします。中村が簡単に獅郎の言う事を聞くのはおかしいと思ってましたが、中村もいいように使われた感じです。林と山田は、怖すぎて何考えているかわかりません。林が黒幕だと思っていたのですが、その奥に、山田がいたと言うことでしょうか。ヤクザを辞めて床屋をしているのは、その黒い部分を隠すためにも見えます。獅郎達は総理から間違いなく狙われていますが、相手がちょっと怖すぎます。そんな中でも、獅郎と一狼のツーショットは本当に癒やされますね。同じ夢を見ていた所や、抱き合うシーンなど、もう二人のシーンは恋人同士。獅郎はとてもセクシーで、一狼はよりカッコイイ。千夏がそんな二人を見守っている感じもとてもいい関係。誰にも被害が出ずに早くみんなが心から笑える日が来てほしいです。」(是連)

第8話「反撃」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第8話 あらすじ

国下一狼(鈴木伸之)と英獅郎(犬飼貴丈)、央莉音(栗山千明)は、大須(板尾創路)と山田(平田満)が諜報員「J」と繋がっていることを知る。しかし20年前の東京テトラビル爆破事件への彼らの関与を明らかにするには、確実な証言を得る必要があった。一狼は、入院中の匡(吉村界人)に会おうとすると、獅郎のもとに大須から会いたいと連絡が入る。一狼は危険だと止めたが、獅郎は対峙することを決める。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第8話 あらすじ(ネタバレあり)

一狼(鈴木伸之)・獅郎(犬飼貴丈)・莉音(栗山千明)の3人は、莉音が追っていた諜報員と20年前に起きた東京テトラビル爆破事件のつながりを示す証拠を得られないかと話し合っていた。しかし、20年も前の物証を得るのは難しいため、関係者の口を割って当時の情報を得るしかない。

そんな中、獅郎のもとに兄貴分である中村の行方が分からなくなったと部下から連絡が入る。山田の仕業によって中村が消されたと考える3人。中村が消された今、当時の情報を聞き出すには大須総理(板尾創路)やその息子の大須匡(吉村界人)と会わなければならない。入院中の大須匡に聞き出すのが一番手っ取り早いが、それ無理だと言う獅郎。しかし、一狼は「状況が変わった」と言う。実は、少し前から大須匡の入院している病院に「看護師S」を潜入させていたのだ。そして、看護師Sから大須匡が早ければ飽津にも違う病院に移るかもしれないという情報が一狼のもとに入る。転院されると新しい看護師Sを用意しなければならないため、決行するなら今夜しかないと踏み切る一狼。すると、獅郎のもとにある人物から「今夜会いたい」というメッセージが送られてくる。そのある人物とは大須総理であった。自分が総理から情報を聞き出してくるという獅郎に対して一狼は危険すぎると止めるが、獅郎の意思は固かった。

そして、獅郎は経営するサロンで大須総理と待ち合わせることを決意する。獅郎は拳銃をポケットから出して大須総理に握らせて自分の眉間に当てたのだった。その行動に戸惑う大須総理だったが、今すぐ手を引けば何をしないと言った。しかし、獅郎は大須総理の申し出を拒否し、必ず真相を明らかにすることを誓った。一方、その頃一狼は大須匡に電話で接触していた。一狼は大須匡に「助ける代わりにすべてを話してほしい」と取引を持ち掛けた。そして、協力したら自分も消されるため協力しないと拒絶した大須匡に対し、協力するわけではなく自分たちに拉致されるだけだと言う一狼。あくまでも大須匡は自分たちに拉致されただけであり、協力をしていないとすれば助かるだろうと言う作戦だった。

その後、帰ってきた獅郎は無茶な行動をしたとして莉音から叱られていた。「一狼からも言われたことあったな」と笑う獅郎だったが、「もう無茶なことはしない」と誓った。そして、3人は大須匡との交渉に成功し、拉致を装って保護をしようとするが、莉音が車を用意した場所に行くと謎の女・エミリの追跡によって阻まれてしまった。大須匡のことを一狼に任せて、獅郎と莉音はエミリを追うことに。獅郎はエミリを発見するが、エミリも銃を持っているため思うように身動きが取れない。そして、外の銃声を耳にして隙をつかれてしまい、危険な状況に陥る獅郎。その後、危機一髪のところで莉音が助けに来たことで何とかエミリの拘束に成功する2人。

一方、一狼と大須匡のところには林が現れていた。林は3年前から莉音が行方を追っていた諜報員Jであると判明する。一狼は林に20年前の東京テトラビル爆破事件への関与を聞き出そうとするが、林は一狼の問いかけに答えなかった。その代わり、大須匡に一狼たちを選ぶか自分を選ぶか問う。林のもとに寝返ってしまった大須匡に気をとられていると、林がエミリに銃を向けていた。そして、いち早く気づいた莉音がエミリの盾になり撃たれてしまう。エミリには罪を償わせなければならないと言う莉音。慌てて駆け寄る2人だったが、莉音は亡くなってしまう。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)8話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「まさかここに来て莉音が・・。今回急に死亡フラグ立てまくりでしたが、嫌な予感が的中する形となってしまいました。しかし世の中的にも死んだ事になっている莉音が結局そのまま本当に亡くなってしまうなんて、本当に切ない気持ちになりました。これから一狼と獅郎は莉音をやられた怒りから無謀な行動に走らなければいいですが、それこそ莉音がやった事が無駄になってしまうので心配です。そしてとうとう2人の前に現れたあの男が本格的に牙を剥いてきますね。もう大須総理も敵に回してしまいましたし、どのようにして戦っていくのか見ものです。」(経費削減)

「今回、大須の息子をこちら側につける事でかなり有利になると思っていましたが、まさかの失敗。やはり巨大な組織の力には恐れ平伏してしまうのもまた人間ですね。仕方ないですが、こうなった場合の事も何か1つくらい想定した作戦を持ってて欲しかったです。全然考えられた範囲かなと。そして残念ながら莉音は退場となってしまいましたが、あと頼れるのは誰か。獅郎にはまだ自分の部下がおり、言っても一狼は田口の庇護があるからまだまだ逆転できる要素はあるはずです。1番いいのはやはりメディアなどマスコミやネットの力を利用して拡散するのがいい気がしますが、どこまでやれるでしょうか。こんなシリアスな展開ですが、今回も普通におまけコーナーあったのはほのぼのします。」(いろはす)

「獅郎が自分に拳銃を向けたところは鳥肌が立ちました。それほどの覚悟があることを大須総理に見せるためだったのかもしれませんが、もし本当に撃たれちゃたらどうするんだと思いました。また、大須総理と会っているときの獅郎は色気が駄々洩れているなと感じます。この色気で多くの大物たちを虜にして情報を引き出していたのかなと思いました。また、エミリに隙をつかれたのは、銃の音がして一狼のことが心配になったからなんだろうなと思いました。また、みんなで旅行にでも行きたいねと言っていた莉音さんがエミリの代わりに撃たれてしまったところは涙が止まりませんでした。」(スマホ)

「寂しそうな雰囲気を出していない人の方が寂しさを抱えていると話しているときに、獅郎が一狼を見たのがきゅんときました。また、莉音がみんなで旅行にでも行きたいねと言ったところがとても印象的でした。3人とも20年前の事件に縛られているけれど、本当はこんな危険な捜査なんてやめたいよなと思いました。そして、獅郎が自分に銃を向けたところはひやひやしました。獅郎の事だから無茶をしそうだなとは思っていましたが、まさか自分に銃を向けて引き金を大須総理に握らせるとは思いませんでした。」(時間)

「莉音の野々村に対する感謝の気持ちは、私が思っていたより、もっともっと深かったんですね。真相を掴む為なら自分の命を擲つまでもの気持ちでいたんですね。だから三人での思い出や、今後旅行に行きたいなと言う言葉が出たんでしょう。私のそばにはいつも二人がいてくれた。という言葉は過去形で、嫌な予感しかしませんでした。でも、あんな正体がわからないような女の為に庇って撃たれてしまうのは納得出来ません。関係者に死なれたら真相がわからなくなると思ったとしても、獅郎も一狼も、犯人として捕まっている野々村も、悲しみが増えるだけな気がします。もしかしたら命を張ってまで守ったあの女が重要な事を知ってると莉音は察したのでしょうか。予告では莉音が出ていなかったですが、二人の為にも死なないでほしいです。」(マインドの仕組み化)

「事件の真相が近づいて来ていると思ったら、まだ遠ざかった気がします。せっかく匡は一狼が助け出して、話を聞く為にいい作戦を実行したのに、結局林の元に戻ってしまった所は本当に選択を間違いましたね。林は簡単に人殺しをする人物だと思うので、一狼が話していたように用済みになったら殺されるかもしれないのに。総理は暗に爆破事件に関与した事を話したのも同じです。獅郎はよく生きて帰ってこれました。総理は獅郎の事をやっぱり好きなんでしょう。総理と会う時の獅郎は一段と綺麗ですし。莉音は三人で話している今を大切にしている感じや、普段言わない二人への感謝の言葉を口にしていましたが、公安刑事として何があってもいいように覚悟していたんでしょう。ただ、撃たれても防弾チョッキ来ている事に期待します。でないと何の為に三人で今まで捜査していたのか、死んだフリまでしたのに、獅郎や一狼が報われないです。」(竹ノ内)

第9話「潜行」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第9話 あらすじ

国下一狼(鈴木伸之)と英獅郎(犬飼貴丈)の事件の証言者を取り込むという作戦は阻まれ、央莉音(栗山千明)は撃たれてしまう。そして獅郎は大須匡(吉村界人)を誘拐した容疑者として警察に追われることになった。莉音の容体を心配しながら、2人は郊外のラブホテルに潜伏。すると田口晶(徳井義実)から、失踪したとされていた幸子(中田クルミ)が自殺未遂を起こし運ばれたと連絡が入る。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)第9話 あらすじ(ネタバレあり)

林に撃たれた莉音(栗山千明)は意識不明の重体になっていた。病院で莉音の手術が終わるのを待っていた獅郎(犬飼貴丈)と一狼(鈴木伸之)のところに田口部長(徳井義実)がやってくる。そして、獅郎は大須匡(吉村界人)を誘拐した容疑で警察から追われる身となってしまい、身を隠さなければ捕まってしまうと田口から告げられる。獅郎は郊外にあるラブホテルに潜伏して身を隠すことに。

警察に見つからないかと不安な中、一狼と獅郎は2人でゆっくりと過ごしていた。一狼がたばこを吸っていると、横から奪って吸い始める獅郎。「最後の1本なんだぞ」と言う一狼に対し、獅郎は「俺は外に出られないんだぞ」と言った。お互いにタバコを吸い始めたころのことを思い出す2人。獅郎はタバコを吸い始めた時期に莉音と公園で話した時間のことを思い出していた。そして、獅郎は莉音を守れなかった悔しさを一狼に吐き出した。

一方、林は大須匡を山奥の別荘に監禁していた。大須匡は自分の父である大須総理(板尾創路)がこの監禁のことを知ったら大変なことになるのではと聞く。しかし、大須総理は大須匡を見放し、「お前と話すことはもうない」と言う。その後、大須総理が手を回したことで獅郎の指名手配が解かれる。久しぶりに自分たちの家に帰ってきた2人は安堵する。しかし、田口が訪ねてきて東幸子が自殺未遂を起こして病院に搬送されたと知らされる。東幸子の父親は、東幸子を行方不明と装って家にかくまっていたのだ。東京テトラビル爆破事件の真相を突き止めるには幸子の証言が必要になる。田口部長は幸子の父親である東に接触して直接交渉しようと言うが、それは危険だと一狼が止める。今回の件に公安部長である田口が関わっているとなれば、事件の真相がもみ消されてしまう恐れがあるからだ。しかし、田口部長の決意は固く、幸子の父親と直接会うことになる。その後、東の父親と会う3人だったが、幸子の父親は事件について何も語ろうとしない。幸子を助けたいのではなく、自分の証言が欲しいだけだろと言われてしまう。そこで獅郎は、東に事件で一狼の両親が亡くなったことを伝える。すると、東はかすかに反応した。さらに、一狼は東に「以前幸子さんにお会いした」と病院でのエピソードを語り始める。その話を聞いて少し表情を変える東。

そして、2人のもとに莉音が意識を取り戻したという連絡が入る。莉音は何とか意識を取り戻し、「よっ」と2人に挨拶をして見せた。その頃、田口部長のもとには非通知設定で電話がかかってきていた。その電話をかけてきたのは東であり、「お話したいことがあります」と言った。東から証言とするという連絡が入ったことを2人に伝える田口部長。その夜もう一度東に会うことになったため、ついに証言を得られると喜ぶ2人。しかし、

その頃、東の家には警察が訪れて任意同行を求められていた。その後東は逮捕されてしまい、この逮捕は大須たちの差し金だと田口部長は話した。東は獅郎たちに寝返ったのがばれ、大須たちに口封じをされてしまったのだ。今度こそ証言を得られると思っていた矢先の出来事に肩を落とす2人。そして、2人は東幸子に危険が迫っていると悟る。その頃、東幸子の家には林が訪れていた。東幸子を救うために全力で走る一狼と獅郎。しかし、東幸子は林の手によって気絶させられてしまっていた。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)9話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「大須の喉元にまで迫れるかと思ってましたが、頼みの綱の大須匡を奪われてしまいましたね。彼もまたこの先どうなるか分からないでしょう。しかしかたや総理大臣の父と、勝てるかどうか分からないいち公安とヤクザでは気持ちはわかる気はします。しかしここでもう1人希望となる人物が出てきましたが、やはり敵の手を回すスピードは早いですね。あっという間に襲撃されて正になす術が無くなりそうな状況です。林を抑えればいいんでしょうが、間に合いそうにないし次回がかなりハラハラな展開で楽しみです。」(金閣寺)

「一狼と獅郎の距離が気のせいか少しずつ縮まってきてる気がしますね。あくまで戦友の様なポジションのはずが自然と甘え上手な獅郎のペースにのせられて何だか一狼の方が意識してきてる感じがしますね。元々獅郎は両方いけるから分かりますが、一狼からとなると獅郎は拒む理由はあまり無いからすぐに進展しそうですよね。でもそれは見たい様な見たくない様な友達のままでいるからカッコいいみたいな気持ちもあります。戦いの方が重要ですが、人間模様の変化にも注目します。とにかく莉音が死ななくて本当に良かったです。でももう死んだ事にはなってないと言う事でしょうか?」(いるま)

「莉音が意識を取り戻してくれて本当に良かったです。ずっと意識が戻らないままでは、獅郎も一狼も、一息ついてもどうしても莉音への後悔が残っていましたからね。特に獅郎は、莉音に今度は俺が守るからと言ったばかりなのに守れなかった事を嘆いていましたから。そんな獅郎にいつまでも寄り添ってくれた一狼、本当に心強い存在です。そして田口も莉音への後悔から、今回は東への接触を直接してくれました。一応約束した場所に東は来ましたが、一狼の東への説得はすごく響いているようでした。一狼は人の心を動かす話の持って行き方がとても上手いですよね。家族への思いが人一倍強いからだと思います。東と会えば、最終回前なのでそろそろ真相に近づくかと思ったら、警察に連れてかれてしまいましたか。あー残念すぎるー。と思っていたら、東の娘のユキコは林に殺されてしまい、怖すぎて寒気がしました。」(image)

「20年前の爆破事件の捜査が進む度に、人が殺されどんどん深みにはまって行く中で、莉音が助かったり、一狼と獅郎の二人の絆が深まっていくシーンはホッとしますね。莉音が意識を取り戻した後の泣いてるし、泣いてないしのやり取り、ホッとしている感じが自然でとてもいいですね。この三人が、心のそこから安心して楽しく暮らせる為にも、早く事件の真相が明らかになってほしいんですが、本当に中々相手が手強いですね。総理と林、山田の三人が揃ったら何をするかわかりません。東も警察に持っていかれて、匡も林に監禁され、どうやって真相にたどり着けるのでしょうか。そして、一狼と獅郎の深まった絆がどう発展するのか、見逃せないですね。今回は特に獅郎が綺麗に見えるシーンが多く、その獅郎を守る一狼の広い背中、本当にお似合いの二人です。二人の仲を察知した千夏の「またね」は切なかったです。」(kl)

「千夏ちゃんの店のケーキを2人で食べているところがとても微笑ましかったです。20年前の事件がなければ出会っていなかったであろう2人ですが、事件の謎を突き止められたあとも仲良くしていてほしいなと思います。しかも、一狼がケーキを食べているときに、「しれ、俺が一番好きなやつ」と一狼の手を止めた獅郎がかわいかったです。でも、いつもいいところまで進むのに、総理の手によって隠蔽されてしまうのが悔しいです。東との約束を取り付けたのに、東が逮捕されることになってしまった場面はとても悔しかったです。」(クライマッチョ)

「前回撃たれてしまっていた莉音が意識を取り戻したので、本当に良かったと思いました。そして、ホテルの泡風呂に入っているときの獅郎がとてもかわいかったです。獅郎は今まで偉い大人たちと関係を持つためにあざとさを身に着けたのだと思いますが、一狼はそのあざとさをさらっと流すから一緒にいても楽なんだろうなと思いました。しかも、無事に家に帰ってこれたときに一狼が「やっと帰ってこれた」と言っていたのも、もはや自分の家かのように思っているからなんだろうなと思いました。」(コーク)

最終話

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)最終話 あらすじ

【最終回】国下一狼(鈴木伸之)と英獅郎(犬飼貴丈)は、田口(徳井義実)から逮捕された東高茂(矢柴俊博)のパソコンから不審なメールが見つかったと連絡を受ける。差出人は山田(平田満)で、「大須匡(吉村界人)と東幸子(中田クルミ)をお預かりしました、お迎えは2日以内に」というメールだ。しかし東ではなく自分たちに宛てられたメールであり、一狼は2日以内に助けに来なければ匡と幸子が殺されると理解する。

引用:TVログ

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)最終話 あらすじ(ネタバレあり)

公安警察官の一狼(鈴木伸之)は、獅郎(犬飼貴丈)と一緒に、いつもの銭湯で田口部長(徳井義実)と落ち合っていた。そして、2人は田口から、逮捕された東高茂(矢柴俊博)のパソコンから不審なメールが見つかったことを聞く。そのメールの差出人は理髪店を営んでいる山田(平田満)だった。しかも、そのメールは匡(吉村界人)と幸子(中田クルミ)をお預かりしました、お迎えは2日以内に、という内容だった。この内容を見て、2人は2日以内に大須匡と東幸子の居場所を突き止めて救出しないと、2人が殺されてしまうと悟った。逮捕された東ではなく、自分たち2人に向けたメッセージだと受け取った一狼と獅郎は、大須匡と東幸子を探し出さなければと動き出す。しかし、このメッセージは、山田が2人をおびき出して始末するためのものではとも思われた。危険ではあるが、一刻も早く匡と幸子の監禁場所を割り出さなくてはならないと覚悟を決め、獅郎は大須総理(板尾創路)に会いに行こうとする。大須総理に直接会いに行くなんて危険すぎるとして止める一狼だが、獅郎は覚悟をしていた。

そして、獅郎は大須総理とホテルで会うことになる。獅郎と大須総理の会話を一狼も聞いていた。大須総理と会った獅郎は匡と幸子の監禁場所を聞き出そうとするが、大須総理はなかなか話してくれない。「あんた、一体何を守ろうとしてるんだ」と詰め寄る獅郎。大須総理は、匡を守るためには山田に従うしかなかったと言った。その後、大須総理は獅郎に「那須の別荘。頼む、息子を助けてくれ」と言う。匡と幸子の監禁場所を突き止めた獅郎と一狼は早速別荘に向かうことに。そして、林(三浦誠己)が謎の女を撃とうとした時にその女を守り、大ケガを負っていた莉音(栗山千明)が退院してくる。まだ本調子ではないが、一狼と獅郎が済むマンションに戻ってきた。命がけのミッションに向かう2人を励ます莉音。

そして、獅郎と一狼による匡と幸子の奪還作戦が始まった。銃を構えて那須の別荘に乗り込んでいく2人。そこには、匡と幸子と山田の3人がいた。すると、山田は唐突に東京テトラビル爆破事件の真相を語り始めた。東京テトラビル爆破事件を起こしたのは大須匡と東幸子、他に殺された2人の同級生だと言う。そして、大須総理が爆破事件をもみ消したことも話した。その話を聞いた東幸子は置いてあったナイフで手首を切ろうとする。止める一狼だったが、大須匡の自分は悪くないという言葉に怒りを覚え、ナイフを持って大須匡に詰め寄ってしまう。このまま刺してしまうのでは、と思われたが大須匡に振り上げた手を獅郎がそっと止める。そして、2人は山田に罪を償いように言うが、山田は「あくまで自分は必要なものを用意しただけだ」と言う。その後、大須総理は突然辞任を発表する。山田と林は大須総理を脅していたのだ。

しばらくして、家に戻った2人は莉音からある話を聞いていた。獅郎拉致に使われた爆弾が東京テトラビル爆破事件のものと酷似していたというのだ。また、爆弾をつくって置いたのは大須匡たちだが、林が爆弾をすり替えて大惨事を招いた可能性が浮上したのだった。

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(見逃し無料フル動画)最終話感想&レビュー(ネタバレ&考察あり)

「もう少し激しい戦いになると思われましたが、次回作を予感させる余韻を残した終わり方でしたね。林があの場面で一度も出てこなかったのには少し驚かされました。それだけ山田には余裕もあって自分に手出しできないのも分かっていたんでしょう。また山田が一狼が復讐にとらわれ幸子に対し思わずナイフを手に取って構えた時に幸子に怒鳴ったのは、自分が東京テトラビル爆破の関係していない事にする為だったのでしょうか。いずれにせよまだまだ深い闇を抱えたまま獅郎と一狼の戦いは続きますね。」(フェーズ)

「一狼と獅郎の2人が戦いに赴く時のシーンがいつもカッコよくてクセになってましたね。正装に着替え、戦闘態勢バッチリで敵の居場所へ臨む時の顔は見ててたまりませんでした。あれがもう見れないとなると残念ではあります。しかし獅郎は自分を犠牲にするというかちょっとあぶなかっしい戦い方をするから観ててハラハラしてましたね。しかし最後に莉音も揃って晴れて3人揃って生活できる様になったのは本当に良い事です。野々村も出てこれればいいですが、まだテトラビルの謎を暴かない限りは終わりそうにないですね。今度こそ戦いを終わらせて欲しいです!」(MLM)

「匡達が、嫌がらせからの犯行だった事に驚き、そんな凄い爆弾が作れるんだと、納得してました。幸子がおかしくなるのも仕方なく、匡や幸子も父親への反発心もあったんでしょう。匡に対する一狼への怒りは凄い迫力でしたね。でも、まさか林が爆弾をプラスチック爆弾にすりかえたなんて、理由は何か最後まで見てましたが、結局林の背景はほとんどなく消化不良でした。塾の先生だった林が、どうしてそうなったのか、何も解決してないじゃないですか。最後、山田が林を殺してるかもしれないし、そうでないかもしれない。想像におまかせという事でしょうか。今まで事件を一緒に追ってきた目線で見てましたから、てっきりスッキリするのかと思ってました。でも多分一狼と獅郎達目線では解決したので、温泉に行ったんでしょうね。せっかく契約更新と、最後の最後はキレイに終わり、途中まで凄く良かったのに、一番大切な事件の真相が解明されなすぎて、ショックです。」(win)

「黒幕だと思っていた総理は実は脅されていて、息子の匡の為にした事って所は安心しました。でもその匡への愛情は伝わってなさそうでしたが。匡と幸子は自分達が20年前の犯人だと思っていましたが、本当の犯人は林でしたね。山田はそれを知っていたのでしょうか。林は匡達の事を総理達に脅す為だけに爆弾をすり替えたんでしょうか。匡の仲間の二人を殺したのも匡と総理を追い詰める為って事でしょうか。初回のはじめの映像に戻り、ようやく本気の対決か。って所で終わってしまいましたので、最後のおまけもあまり集中して見れなかったんですが、獅郎の恩人の野々村が釈放された所は見たかったですね。一狼と獅郎の同棲はまだまだ続くって事でしょうが、林と山田が捕まってないと怖い世界な気がします。本編ではあまり家での場面は少なかったですが、拉致場所へ侵入する前の星空とおでこつけてる所、一狼の変わりに獅郎がなぐる所等は、とても良かったです。」(ますかけ)

「獅郎と大須総理の誕生日の回想シーンに感動してしまいました。獅郎は話を聞き出すために会っていただけかもしれませんが、大須総理は獅郎のことを本当にかわいがっていたんだなと思いました。生まれ年のワインを用意したり、誕生日を祝ってくれたりしたので、話を聞き出すためとはいっても楽しい瞬間があったんじゃないかと思いました。また、最後が解決しない状態で終わったので、続編があるのではないかと期待が膨らみました。またいつか2人のコンビが見られるといいなと思います。」(鈴木)

「大須匡が自分は悪くないと言ったところに腹が立ちました。確かに自分のしてしまったことを受け入れたくない気持ちはわかるけれど、多くの人に迷惑をかけているのにあの態度は一狼も我慢できなくなるよなと思いました。そして、山田のひょうひょうとした感じにも怒りを覚えました。もし続編があるなら、なんとしてでも山田を裁いてほしいなと思います。また、大須総理と会っているときの獅郎の色気のある感じがとてもかっこいいなと思いました。しかも、ちょうどよくタメ口を挟むので、大須総理がかわいがるのもわかるなと思いました。」(KIO)

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)出演の犬飼貴丈おすすめ作品

犬飼貴丈出演おすすめドラマ:オー!マイ・ボス!恋は別冊で

【あらすじ】
地方の田舎町で生まれ育ち、夢もやりたいことも特にない平凡女子の鈴木奈未(上白石萌音)が主人公。東京で暮らす片想い中の幼馴染を追いかけるために上京。大手出版社の備品管理部の求人募集に応募するも、新設されたファッション雑誌編集部での採用に。24時間仕事モードの毒舌・冷徹な鬼編集長の宝来麗子(菜々緒)に振り回される地獄のような日々がスタート。運命的に出会った子犬系イケメン御曹司でカメラマンの潤之介(玉森裕太)や同僚のツンデレ編集者の中沢涼太(間宮祥太朗)らに支えられながら過ごすうちに「人並みに仕事をして普通の幸せを手にしたい」という奈未の気持ちがどんどん変化していく。

【ドラマ詳細】
TBSテレビ系 火 22:00~21:57
放送 2021年1月12日~
出演 上白石萌音 菜々緒 玉森裕太 間宮祥太朗 久保田紗友
脚本 田辺茂範

【感想・レビュー】
「平凡な幸せを願う鈴木奈未(上白石萌音) と彼女の美人で個性的なボス、宝来麗子(菜々緒) を巡るストーリー。熊本出身の奈未は、幼馴染みのけんちゃん(犬飼貴丈) を追って、東京に就活にやって来る。その空港で、麗子に出会う。自販で買おうとしたコインを奈未は落としてしまう。そのコインが、麗子のヒールに当たるが、スルーされ、東京は冷たい所だと感じた相手が未来のボスだと知らずに。面接に早く着きすぎた奈未は、ベンチに座ろうとするが、あいにく、どこもいっぱい。ようやく見つけたベンチで、ある男子に出会う。それが、これから縁ある潤之介(玉森裕太) だった。1話から、失恋、出会い、思ってもない仕事についたり、波乱含みの奈未。最後の潤之介の姉が、意表を突いた以外は、アメリカ映画の『プラダを着た悪魔』, 2006年を彷彿させると思うのは、私だけであろうか?演出が、恋つづ、花男、ナギサさんに出ていた方々なのも、どう表現されるのか見物だし、ユースケサンタマリア、なたぎ武、宮崎よし子、山ノ内すずなどの、周りを固めるキャスト陣もチェックしたい。何はともあれ、今後の展開が楽しみだ。(鑑定士エムコ)」

犬飼貴丈出演おすすめドラマ:青天を衝け

【あらすじ】
幕末時代、武蔵国の血洗島村で、栄一(子役・小林優仁)は養蚕と藍玉作りを営む農家の長男として生まれる。人一倍おしゃべりで剛情っぱりな栄一は、いつも大人たちを困らせてばかり。父である中の家(なかんち)当主・渋沢市郎右衛門(小林薫)は骨身を惜しまず働く勤勉な男で、藍玉づくりの名手と呼ばれていた。栄一もその教えを受け、藍玉づくりの仕事から思わぬ商才を発揮することに。そして成長した栄一(吉沢亮)は、農家の仕事をしながら剣術を学び、尊王攘夷思想にのめりこんでいく。「日本資本主義の父」と呼ばれた渋沢栄一を主人公に、激動の幕末から明治までを描いていく大河ドラマ。

【ドラマ詳細】
テレビ局:NHK
放送年:2021年
出演:吉沢亮 小林薫 和久井映見 竹中直人 草彅剛 堤真一 村川絵梨 藤野涼子 高良健吾 成海璃子
脚本:大森美香

【感想・レビュー】
「渋沢栄一を題材としていますが、江戸幕府のストーリーも進行しているので、篤姫を思い出しながら楽しく見ることができます。一応渋沢の方がメインとなるので、幕府の方はあっさり目に描かれていますが、わかりやすくて見やすいです。徳川慶喜役の草彅剛さんとか、平岡円四郎役の堤真一さんとか、幕府側の演者さんも素晴らしくて毎回楽しみにしています。(トッシーさん)」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)出演の鈴木伸之おすすめ作品

鈴木伸之出演おすすめドラマ:今日から俺は!!

引用: Hulu

【あらすじ】
転校をきっかけに、金髪パーマのツッパリになった三橋(賀来賢人)と、トゲトゲ頭のツッパリになった伊藤(伊藤健太郎)。お互い昨日までツッパリでなかったことを知るふたりは、今日からツッパリになった秘密を共有する相棒となった。卑怯者で調子に乗りやすい三橋と、頑固で真面目な伊藤を中心に、近隣高校の不良やスケバン、学校や街の人々も巻き込む80年代ツッパリ青春コメディー!

【ドラマ詳細】
出演 賀来賢人 伊藤健太郎 佐藤二朗 ムロツヨシ 清野菜名 橋本環奈 太賀 矢本悠馬 若月佑美 柾木玲弥
脚本 福田雄一

【感想・レビュー】
「学生の時に読んでた大好きな漫画だったので、期待値高かったけど、面白い感じに仕上がってて満足!あの漫画特有のギャグをどう表現するのかと思ってたけど、いい味だしてたなー。やっぱり理子ちゃんかわいい!(はっちゃんさん)」

鈴木伸之出演おすすめドラマ:お茶にごす。

【あらすじ】
強面で威圧的な雰囲気の船橋雅矢(鈴木伸之)は、その見た目からむやみやたらと喧嘩を売られ“悪魔(デビル)まークン”と呼ばれていた。高校入学を機に“暴力の連鎖を抜け出し平穏な日々を過ごしたい”と意気込むが入学初日に喧嘩を売られ、中学時代の悪名により周りの生徒から避けられる。そんな中、部活勧誘で唯一声をかけてきた茶道部の部長・姉崎奈緖美(久間田琳加)の事が気になり茶道部に入部することに。親友の山田航(瀬戸利樹)や茶道部新入部員の浅川夏帆(萩原みのり)達と関わり、茶道の心得を知る中で少しずつ変わっていく船橋だったが…。果たして、暴力を卒業し平穏な日々を手に入れることができるのか!

【ドラマ詳細】
テレビ局:テレビ東京系
放送年:2021年
脚本:加藤拓也/幸修司
原作:西森博之「お茶にごす。」
主題歌/湘南乃風 「茶柱立つ」/iScream「Maybe…Yes」
出演:鈴木伸之 瀬戸利樹 萩原みのり 久間田琳加 永島聖羅 仁科かりん 平川結月 山本直寛 濱正悟 野間口徹
公式サイト
公式Twitter

【感想・レビュー】
「間違いなく、りんくま(久間田琳加)にとって、マリーミー! に匹敵するぐらい新たな代表作となった。 茶道部を中心にもっと見たかっただけに脱線しすぎな不良展開は、冷めてしまったのが本音💦 ただ、最期までストレスなく肩の力を抜いて楽しめた良作であった。(nogiイケ坂)」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)出演の栗山千明おすすめ作品

栗山千明出演おすすめドラマ:アルジャーノンに花束を

【あらすじ】
28歳ながら6歳児並みの知能を持つ知的障害者の白鳥咲人(山下智久)は、訳ありの若者たちが働く花の配送センターで働いていた。ある日、同僚とバラの花束を届けに行ったところ、咲人が精神遅滞者であると知らない受取人・望月遙香(栗山千明)が思わず警察を呼ぼうとしてしまう。届け物すらうまくできない咲人だが、ママが喜ぶお利口さんになるのが夢であった。一方、遙香が勤務する脳生理科学研究センターで、知的能力を向上させる実験が進んでいた。そんな中、実験をしていたネズミのアルジャーノンが逃げ出して行方不明になってしまう。その頃、咲人はガラの悪い男たちに絡まれ血だらけになって転がり、そこへ白いネズミが近寄ってきた。

【ドラマ詳細】
テレビ局:TBS
放送年:2015年
話数:全10話
脚本:池田奈津子
キャスト:山下智久 栗山千明 窪田正孝 工藤阿須加 菊池風磨 谷村美月 大政絢 河相我聞 勝矢 前田公輝
原作:ダニエル・キイス「アルジャーノンに花束を」
主題歌:ベット・ミドラー「ローズ」
公式サイト
公式Twitter

【感想・レビュー】
「やさしさがあってステキな話だなとは思うんだけど、最後の結末が悲しすぎて見ながら泣いてしまった。山Pの演技って今まであんまり気にしたことがなかったんだけど、これを見て結構演技派だったんだなと気づく。脇を固めるメンツも窪田正孝に工藤阿須加と成長著しい人ばっかりで、毎週吸い込まれるようにドラマの世界に入り込んでしまった。(希望山Kさん)」

「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)出演の徳井義実おすすめ作品

徳井義実出演おすすめドラマ:Nのために

引用: Paravi

【あらすじ】
高層マンションに住むセレブ夫婦が殺害された。その場に居合わせたのは、ある計画を立てたという4人の若者たち。その場でひとりが逮捕され、有罪判決を受け10年後に出所する。事件に疑いを抱く元警察官が事件の真相を追い求める中、すべては15年前、瀬戸内海のある島で起こった事件にあると確信する。彼らが犯した罪とは、そしてそれぞれの「N」への思いとは…。

【ドラマ詳細】
出演 榮倉奈々 窪田正孝 賀来賢人 三浦友和 小西真奈美 徳井義実 小出恵介 原日出子 柴本幸 モロ師岡
脚本 奥寺佐渡子

【感想・レビュー】
「プロデューサーの新井さん、演出の塚原さん、脚本の奥寺さんが手がけるNためは、湊かなえ三部作ドラマの中でも群を抜いています!!「罪の共有」を愛だとして大切にしてしまう成瀬と望は、傍から見ると本当に危険ですが、帰ってその共依存は美しいとも思ってしまいます。私もシャーペンカチカチ、やりたい(なしさん)」

Huluでは、ほかにこんな作品が見られます

ここではHuluで見ることができるおすすめの作品を紹介します。

Huluで見れる国内ドラマ

あなたの番です
今日から俺は!!
3年A組 -今から皆さんは、人質です-
ハコヅメ〜たたかう!交番女子〜
ホタルノヒカリ
女王の教室
地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子
トドメの接吻

Huluで見れるアニメ

ハイキュー!!
涼宮ハルヒの憂鬱
HUNTER×HUNTER
カードキャプターさくら
犬夜叉
僕のヒーローアカデミア
ちはやふる

ほか多数

ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」(ケイヤク)(見逃し動画)を無料視聴する方法まとめ

こちらでは、ドラマ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」を無料視聴する方法をご紹介しました。今回紹介した動画配信サービス「Hulu」を利用すれば安全に視聴することができますので、ぜひ「ケイ×ヤク―あぶない相棒―」を楽しんでください!

2022年1月スタート冬ドラマ一覧はこちら!

放送中ドラマ視聴率一覧はこちら!

▼「2022年放送冬ドラマの原作漫画一覧まとめ」の記事にランクイン

※ページの情報は2022年3月29日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が運営するWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画、電子書籍、動画配信サービス(VOD)など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

2022年春ドラマ 曜日別 無料動画一覧

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日

おすすめ動画配信サービス(VOD)

国内ドラマの関連記事