カテゴリ一覧

TVログバナー
サンクチュアリ-聖域-

「サンクチュアリ-聖域-」のあらすじ&見どころ&キャストを紹介【Netflixシリーズ】

#Netflix
2023年6月14日 by
本ページはプロモーションが含まれています

『サンクチュアリ-聖域-』は、恵まれた体格と才能を買われ、金目当てだけで相撲部屋に入った元ヤンキーの主人公が、強力なライバルの登場や様々な試練に遭うなかで、最高の力士を目指して相撲道を突き進んでいく物語。大相撲の世界を舞台に描く、未だかつてないヒューマンドラマだ。Netflixシリーズとして2023年5月4日から全世界で配信がスタートされると、日本国内のテレビ部門トップ10にランクインして上位をキープ。また、日本の国技“大相撲”を題材にした内容はでも注目を集め、グローバルトップ10のテレビ部門・非英語圏で6位にランクインするなど国内外に渡って高い注目を集めています。

主演は、元格闘家の一ノ瀬ワタル。オーディションで抜擢され、2年半に及ぶ相撲の稽古、体重増加と肉体改造によって、本物の力士と遜色ない体格を作り、荒くれ者の主人公・猿桜が角界でのし上がっていく姿を熱く演じている。ほか、染谷将太、忽那汐里、田口トモロヲ、きたろう、余貴美子、ピエール瀧など多彩な顔ぶれが集結している。

こちらでは、日本サンクチュアリの国技“大相撲”の世界を舞台に描く『サンクチュアリ-聖域-』を詳しくご紹介します。

引用: NETFLIX

Netflixシリーズ『サンクチュアリ-聖域-』とは?

『サンクチュアリ-聖域-』は、恵まれた体格と才能を買われ、金目当てだけで相撲部屋に入り、大相撲の伝統や礼節など無視していた元ヤンキーの主人公が、強力なライバルの登場や様々な試練に遭うなかで、強い力士を目指して相撲道を突き進んでいくヒューマンドラマだ。Netflixシリーズとして2023年5月4日から全世界で配信がスタートされると、日本国内のテレビ部門トップ10にランクインして上位をキープ。また、日本の国技“大相撲”を題材にした内容は海外でも注目を集め、グローバルトップ10のテレビ部門・非英語圏で6位にランクインするなど国内外に渡って人気作に。監督は『ガチ星』、『ザ・ファブル』シリーズの江口カン、脚本は大ヒットドラマ『半沢直樹』の脚本で知られる金沢知樹。2人は『ガチ星』以来のタッグを組み、大相撲の世界を舞台にして力士たちの野望や闘志、葛藤、そして相撲の美しさを未だかつてないスケールで描き出しています。

主演は、元格闘家で『獣になれない私たち』などで知られる一ノ瀬ワタル。オーディションで勝ち残り、2年半に及ぶ相撲の稽古、体重増加と肉体改造によって本物の力士と遜色ない体格を作った上で徹底した役づくり。手の付けられない札付きの不良で相撲に一切、敬意など払わなかった主人公の猿桜が角界でのし上がっていくなかで、心身共に成長していく姿を熱演しています。また、相撲愛は人一倍だが体格に恵まれない、同部屋の力士・清水役を染谷将太が好演、帰国子女で嫌々相撲担当の記者になる国嶋飛鳥役を忽那汐里が演じ、その上司に田口トモロヲ、猿桜の両親をきたろうと余貴美子、そしてピエール瀧が猿桜の師匠でかつて名力士と謳われた猿将役を演じているなど多彩なキャスト陣も話題を呼んでいます。

『サンクチュアリ-聖域-』あらすじ

北九州に暮らす小瀬清(一ノ瀬ワタル)は札付きの不良。借金苦から家庭が崩壊し、荒み切った日々を送っていた。そんな清の恵まれた体格や格闘センスを見込んだ猿将親方(ピエール瀧)がスカウトする。全く相撲に興味はなかった清だったが大金が稼げると言われて上京。
部屋では兄弟子たちによるしごきという名の暴力が待っていたが、清は傍若無人な態度で兄弟子たちからの反感を買うばかりだった。

力士としてデビューするも、大相撲の伝統や格式は無視し、土俵上で派手なパフォーマンスをする清に角界からは非難の嵐が。そんな中、父・浩二(きたろう)が事故で重体に陥る。借金地獄から父を捨て、若い男と自堕落な生活を送る母・早苗(余貴美子)から治療費など一切払うつもりはないと言われた清は多額の費用を得るために相撲に力を入れる。

持ち前の強さで勝ち上がっていく清に、親方の猿将から“猿桜”の四股名を与えられる。だが、慢心する猿桜の前に、強大なライバルが現れるなどさまざまな試練や困難が降りかかる…。

【サンクチュアリ-聖域-】登場人物

小瀬清・猿桜(えんおう)/一ノ瀬ワタル

猿将部屋の力士。北九州市出身。幼少期は寿司屋を営む父と母との3人で幸せに暮らしていたが、父の借金がもとで家庭崩壊。カツアゲやケンカに明け暮れる札付きの不良に成り下がっていた。だが、柔道を経験した格闘のセンスと恵まれた体格を猿将親方に見込まれて角界入りすることに。荒くれ者だが、根は優しく、女性には純情すぎる男。

1985年7月30日生まれの一ノ瀬ワタルは佐賀県出身、元プロ格闘家。三池崇史監督の『クローズZERO』に出演したことを機に、演技に興味を持ち、俳優に転身。ドラマ『アンナチュラル』の8話でヤンキー息子だが、火災現場で奮闘したという感動エビソードに出演しているほか、『獣たちになれない私たち』、映画『宮本から君へ』、『HIGH&LOW』シリーズ、『ヴィレッジ』などに出演。初主演作となった『サンクチュアリ-聖域-』で演じた一ノ瀬ワタル役で一躍注目を集め、今後の活躍が期待されている。

清水・正喜/染谷将太

猿将部屋の力士。相撲愛が人一倍あり、練習にも全力で取り組むが、体格が恵まれず力士としての将来は暗い。清の力士としての素質を見抜き、部屋を辞めようとした彼を引き留め、
猿桜になった後も支え続ける。

1992年9月生まれの染谷将太は、子役出身、映画『ヒミズ』で、第68回ヴェネチア国際映画祭のマルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞、映画、ドラマに数多く出演し、活躍している。
23年7月2日より『CODE-願いの代償-』、9月公開の映画『ほつれる』が待機している。

国嶋飛鳥/忽那汐里

関東新聞社の相撲担当記者。政治部でエリート記者として活躍していたが、問題を起こして左遷される。帰国子女で、相撲界の伝統や格式などが古臭いものとして映り、今一つ納得できずに、上司・時津を困らせる。相撲番に回され、当初は嫌々ながら相撲の取材をしていたが、破天荒な清と出会い、彼の相撲に惹かれ、大相撲の世界にのめり込んで行く。

1992年12月生まれの忽那汐里は、オーストラリア出身。『3年B組金八先生(第8シリーズ)』で帰国子女役でデビュー。近年は、映画『アウトサイダー』『デッドプール2』などハリウッド作品への出演も増えており、24年公開予定の『デッドプール3』にも出演している。

時津敬一郎/田口トモロヲ

飛鳥の上司で関東新聞社のベテラン相撲担当記者。相撲愛が深い。政治部から左遷された飛鳥を引き受け、世間知らずな彼女をたしなめながら、相撲の魅力に開眼していく姿を見守っている。

小瀬浩二/きたろう

清の父。寿司屋を営んでいたが、借金を抱えて廃業。別居中で自堕落な暮らしをしている妻を責めもせず、「自分が悪い」とすっかり卑屈に。交通整理のアルバイト中にこう追事故に遭い、病院で寝たきりに。

小瀬早苗/余貴美子

清の母。もともとは愛情深く優しい母だったが、借金を抱えた夫に愛を尽かして家出して以来、借金を踏み倒し、息子のような若い男と付き合うなど自由奔放。力士になった清に金の無心をするように。

猿将親方/ピエール瀧

猿将部屋の親方で、清(猿桜)の師匠。清の才能を見込んで、相撲界にスカウトする。破天荒で問題ばかり起こす清に手を焼き、時には叱り飛ばすが、角界から解雇されないように手を尽くす。現役時代の四股名は猿風(えんふう)。最終番付は大関。低い姿勢から当たる取組が十八番で、名力士の誉れが高かった。

花/小雪

猿将部屋の女将。優しく、部屋の力士たちの憧れの的。実は大相撲協会理事長・熊田の隠し子であり、その力を使うしたたかさもある。

猿谷(えんや)/澤田賢澄

猿将部屋の力士、清の兄弟子。相撲に対して真摯で膝の故障に悩まされる。才能ある清にアドバイスをする。

猿空(えんくう)/石川修平

猿将部屋の力士、清の兄弟子。猿谷を尊敬し、追いつこうとひたすら練習し努力を欠かさない。

猿河(えんが)/義江和也

猿将部屋の力士、清の兄弟子。傲慢で礼儀知らずの清を快く思わず、かわいがりと称して、清をしごき、いびる。

静内(しずうち)/住洋樹

虎空部屋の力士。北海道・羅臼出身。寡黙で顔に大きな火傷痕があり、巨体で圧倒的な力を持つことから「化け物最強」と恐れられている。猿桜からは“フランケン”のあだ名をつけられる。

龍貴(りゅうき)/佳久創

龍谷部屋の力士。親方の息子で角界のブリンス。現在・大関。親方からのプレッシャーに苦悩している。

龍谷親方/岸谷五朗

龍谷部屋の親方で、龍貴の父。龍貴に横綱の期待をかけ続け、父としても親方としても龍貴に全く甘い顔を見せない。

犬嶋親方/松尾スズキ

力士時代の私怨を未だに、猿将親方に抱き、猿将部屋を潰そうと画策する。

馬山親方/おむすび

犬嶋親方の腰巾着で、猿将部屋潰しを手伝う。

熊田/中尾彬

日本大相撲協会の理事長、花の実父。

【サンクチュアリ-聖域-】見どころ

【サンクチュアリ-聖域-】見どころ1 日本の国技“大相撲”の世界で、ヤンキー力士が大暴れ!

『サンクチュアリ-聖域-』は、1500年以上も続く日本の伝統文化であり、神事として神秘のベールに包まれている大相撲の世界を舞台に、人生崖っぷちに追いやられた札付きの不良が、力士を目指してのし上がっていく物語。5月4日にNetflixで世界同時配信されると、日本国内の人気はもちろん、公式グローバルTOP10のテレビ部門(非英語圏)でも6位を獲得はして、日本オリジナルのNetflix作品として2019年の「全裸監督」を超える勢いを感じる作品となっています。

これまで相撲を題材にした作品といえば、NHKの朝ドラ『ひらり』(92~93年)がありますが、こちらは石田ひかり演じる相撲好きなヒロインを描いたもの。また映画では周防正行監督の『シコふんじゃった』(92年)が大ヒット。昨年ディズニープラスで同作をリメイクした『シコふんじゃった!』が世界配信されましたが、描かれたのは大学相撲の世界でした。つまり、大相撲の世界を真正面から描いたドラマは本作が初めてです。

主人公は金を稼ぐためだけに相撲界に飛び込んだ元ヤンキーの新米力士・猿桜こと小瀬清。
大相撲に全く興味のない彼は、「四股(しこ)を踏め!」と言われても耳を貸さず、稽古もいい加減。神聖な土俵の上で雄叫びをあげて勝利をアピールするなど、怖いもの知らずです。そんな猿桜が想像もしなかった強力なライバルや、猿将部屋を潰そうとする対立部屋との戦いを経て相撲にまい進していきます。王道のスポ根要素満載! 傍若無人で手も付けられなかったような元ヤンキーの主人公が真摯な努力を重ねて力士としてどのように成長するのか。圧倒されるような熱量と、痛快すぎるストーリー展開に引き込まれること必至です。

【サンクチュアリ-聖域-】見どころ2 体つきから力士になり切った主演・一ノ瀬ワタルの徹底した役作り

格闘センスと恵まれた体格で相撲部屋にスカウトされて、紆余曲折を経ながら力士になっていく猿桜。オーディションで役を射止めた一ノ瀬ワタル。元キックボクサーだったという経歴を持ち、これまでにドラマ『獣になれない私たち』や、映画『宮本から君へ』、『HIGH&LOW』シリーズ、『ヴィレッジ』などに出演してきています。そんな彼が本物の力士と遜色ない体つきに体をつくり、土俵で迫力満点の凄まじいぶつかり合いを見せることで、これまでタブーとされてきた大相撲という聖域に切り込み、リアリティー満点の力士たちの野望を描くことに成功しています。

今回、大相撲の力士という唯一無二のキャラクターを演じたキャストたちは全員、ハリウッドで肉体改造を行う専門家や、プロのスポーツトレーナー、栄養士たちの指導で120kg以上になるまで体重を増やしながら相撲の稽古を行っています。一ノ瀬も猿桜になりきるために過酷な体づくりにチャレンジ。鍛え上げた体で行う稽古や取組シーンは説得力十分。全8話で猿桜の体を順に見ていくと、徐々に力士らしく、そしてより強くなっていることを体が物語っています。

同時に、傍若無人ゆえに伝統と格式を重んじる角界から批判の的になりながら、借金で廃業した父の寿司屋を取り戻すため、「目標額800万円」の貯金をしているというところや、純情過ぎて同郷のホステス七海(寺島莉緒)に翻弄されるなど、憎めないキャラクター猿桜を好演。決して、一ノ瀬は誰もが知る俳優ではありませんが、外見はもちろん徹底した役作りで
観る人たちを釘付けに。初主演ながら堂々たる演技力に、今後の活躍を期待せずにはいられません。

【サンクチュアリ-聖域-】見どころ3 猿桜を取り巻く人間模様と、演じる多彩な顔ぶれが魅力的

強烈な生き様を繰り広げていく猿桜と、そんな彼を取り巻く人間模様も見ものです。相撲愛については人一倍ながら、体格的に力士としては不向きと知りつつも猿将部屋で頑張る清水。そんな彼が、力士としての才能に恵まれながら、相撲には全く興味のない猿桜との出会いは運命的なものになっていきます。清水役を演じるのは染谷将太。相撲に対する一途な思いには涙を誘います。

帰国子女の新聞記者・国嶋も猿桜を取材していくなかで、記者として成長していきます。演じている忽那汐里自身もオーストラリア出身の帰国子女、近年は『デッドプール2』をはじめ、ハリウッド作品など国際的にも活躍しています。仕方なく相撲番の記者になり、大相撲の伝統や格式など認めがたい彼女が、破天荒な猿桜にシンパシーを感じていく過程は見ものです。

ほかに、猿桜を「土俵には金、地位、名声…が埋まっている」と相撲界にスカウトし、問題児の彼に悩まされながらもいっぱしの力士として育てようとする猿将親方役をピエール瀧、その女将の花役を小雪。また、深い相撲愛を持ち、部下の国嶋を見守るベテラン記者の時津を田口トモロヲ、息子である猿桜を愛する父親にきたろう、そんな夫を嫌悪し、若い男の間を自由奔放に渡り歩き、息子にも金の無心をする毒母を演じる余貴美子など、それぞれが
ハマり役と言っても過言ではないほどの名演を見せています。

【サンクチュアリ-聖域-】見どころ4 猿桜だけじゃない! 個性的な力士たちから目が離せない。

猿桜役を演じた一ノ瀬だけでなく、本物と見紛うほどの体を作った力士役の顔ぶれにも注目。

猿将部屋の兄弟子で、寡黙で真摯に相撲に取り組む猿谷役を演じる澤田賢澄は元幕下力士で、“力士俳優”としてCMや海外で行われている相撲ショーで活躍していました。今回の抜てきされたことで、35㎏も増量して猿谷役に挑んでいます。俳優デビューながら、膝の故障を抱えながらも力士としての夢を全うしようとする姿には心揺さぶられずにはいられません。同じく猿将部屋の兄弟子の猿河役の義江和也はお笑い芸人ですが、もともと日大相撲部出身で相撲歴13年もあり、本作で俳優としてデビュ―。先輩の自分に敬意も払わず、ふてぶてしい猿桜が気に入らなくてしごくのですが、全く猿桜に相手にされずに空回りする。憎たらしいのに面白おかしいキャラクターをユーモアたっぷりに演じて、印象を残しています。

角界のプリンス“龍貴”役を演じる佳久創は、スーパー戦隊シリーズ「王様戦隊キングオージャー」でハチオージャー/カグラギ・ディボウスキ役としても活躍中。元ラクビー選手から俳優に転身し、近作では『鎌倉殿の13人』の武蔵坊弁慶役でも注目されました。7月28日公開の『キングダム 運命の炎』にも出演しています。

そしてもう一人、無敵のモンスター静内役を演じるのは元力士の住洋樹。身長193cmで260kgもの巨体で、ひと言もしゃべらず謎多きキャラクターとして存在感を発揮しています。元十両飛翔富士の四股名で活躍し、引退後は飲食店経営や米プロレス団体WWEのリングにも参戦したことも。日本では9月22日公開のキアヌー・リーブス主演の映画『ジョン・ウィック:コンセクエンス』に出演しています。

【サンクチュアリ-聖域-】見どころ5 リアリティー抜群の土俵シーンと、闘う男たちを熱く美しく描く。

1500年以上続く日本の伝統文化であり、神事でもある大相撲。その戦いが行われる土俵=聖域に真正面から切り込んだ本作。限りなく力士のような体つきの力士役の俳優たちが激しいぶつかり合いを繰り広げる取組シーンは迫力満点、とくにスローモーション撮影によって鍛え上げた肉体からほとばしる汗も美しく見えるほどです。

監督の江口カンは、デビュー映画『ガチ星』で競輪の世界でも人生がけっぷちの主人公がのし上がっていく生き様を熱く描いています。今回は『ガチ星』で脚本を担当し、『半沢直樹』の脚本を手掛けたことでも知られる金沢知樹と再タッグ。男の熱いドラマを描くのに最高なコンビで、日本の国技“大相撲”を題材に男たちの野望、闘志、苦悩と喜び、そして相撲の美しさを真正面から描いた作品。国内だけでなく、海外からも注目されています。

【サンクチュアリ-聖域-】に関するQ&A

Q1 サンクチュアリ-聖域-はどこで見れる?

2023年6月時点で「サンクチュアリ-聖域-」はNetflix独占配信作品です。
キャストやあらすじ、みどころはこちらから

Q2 サンクチュアリ-聖域-は全何話?

Netflixドラマ「サンクチュアリ-聖域-」は全8話の作品です。
キャストやあらすじ、みどころはこちらから

Q3 サンクチュアリ-聖域-のあらすじは?

Netflixドラマ「サンクチュアリ-聖域-」は、恵まれた体格と才能を買われ、金目当てだけで相撲部屋に入った元ヤンキーの主人公が、強力なライバルの登場や様々な試練に遭うなかで、最高の力士を目指して相撲道を突き進んでいくヒューマンドラマです。
その他キャストやみどころはこちらから

まとめ

こちらでは、Netflixドラマ「サンクチュアリ-聖域-」についてご紹介しました。神秘のベールに包まれている大相撲を舞台にした人間ドラマ。ぜひNetflixにてご覧ください!

※ページの情報は2023年6月14日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画、電子書籍、動画配信サービス(VOD)など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

2024年冬ドラマ 曜日別 無料動画一覧

月曜日
火曜日
水曜日
木曜日
金曜日
土曜日
日曜日

おすすめ動画配信サービス(VOD)

国内ドラマの関連記事