カテゴリ一覧

TVログバナー
TOKYO MER〜走る緊急救命室〜,動画

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」の動画を無料で全話フル視聴できる配信サイトを紹介!

#Paravi
2021年9月12日 by

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」の無料視聴について紹介するこの記事は、次の方におすすめです!

  • 「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」の見逃し配信サービスを探している
  • 「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」を無料で視聴したい
  • 「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」以外のドラマもたくさん楽しみたい

引用: Paravi

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」の動画を無料視聴するならParaviがおすすめ!

現在「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」を視聴できる配信サービスはこちら。

動画配信サービス 配信 金額
FOD ×
Hulu ×
Paravi 月額1017円(税込)で見放題。2週間無料
U-NEXT ×
TSUTAYA TV/DISCAS ×
ABEMAプレミアム ×
Amazon Prime Video ×
WOWOW ×
dTV ×
NETFLIX ×

Paraviのサービス特徴まとめ
月額料金
1,017円(税込)
無料期間
2週間
解約料⾦
0円
⾒放題作品数
10,000本以上
Paraviの6つの魅力
  • TBS系のドラマやバラエティ番組が豊富
  • 国内ドラマの配信数が多い
  • テレ東・WOWOWで放送された作品を配信
  • 放送中ドラマのスピンオフドラマを配信
  • 毎⽉もらえるチケットで映画レンタル1本無料
  • ダウンロード機能でオフラインでも楽しめる

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」作品紹介

ここではドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」について詳しく紹介していきます。

テレビ局:TBS
放送年:2021年
脚本:黒岩勉
主題歌:GReeeeN「アカリ」
公式サイト
公式Twitter

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」あらすじ

救命救急チーム”TOKYO MER”の活躍を描く。”MER”とは、モバイル・エマージェンシー・ルームの略称で、彼らの使命は。最新の医療機器とオペ室を搭載した大型車両(ERカー)で、危険極まりない重大事故・災害・事件の現場に駆けつけ、負傷者にいち早く救命処置を施すこと。”一人も死者を出さないこと”が、彼らに課されたミッションである。チームリーダーの喜多見幸太(鈴木亮平)、医師の音羽尚(賀来賢人)、研修医の弦巻比奈(中条あやみ)、看護師の蔵前夏梅(菜々緒)ら7人のメンバーから成る「TOKYO MER」発足記念式典のさなか、事故で重篤患者が出ているという通報が入る。喜多見らは現場でオペに挑むが、そのことが厚生労働省で問題視される。

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」みどころ

鈴木亮平主演。重大事故、災害、事件の現場に駆けつけ、命を救うために危険な現場に勇猛果敢に飛び込んでいく救命救急チーム“TOKYO MER”を舞台に繰り広げられる医療ドラマ。知事の命で新設された”TOKYO MER”という救命救急のプロフェッショナルチームのリーダー・喜多見幸太を鈴木が演じる。「本格的な救命医療」をリアルに再現するべく、専門的で高度なオぺのシーンに鈴木が挑む。大型バスの多重事故やトンネル崩落など、破格のスケールのエピソードが連続するのも今作の見どころ。また、チームメンバーで厚生労働省の若手エリート医系技官・音羽尚を賀来賢人、研修医の弦巻比奈を中条あやみ。脚本は「グランメゾン東京」の黒岩勉。

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」感想&口コミ

「移動オペ車をテーマにしたドラマ。政治が絡んだりするのがリアル。日曜ドラマのあの枠だから為せる社会描写か。たまに『これ半沢直樹だっけ?』ってなる笑 医療ドラマを緊急医療、災害時医療に焦点を当てて描いているので展開もあり、面白い。命の現場で、がむしゃらに働く医療従事者、レスキュー隊、警察がカッコよすぎる。連携素晴らしい。1話完結型で毎回焦点が当たるメンバーが変わるのでワンピースさながら『次は誰の回だろう?』と期待する。そして『死者は‥ゼロです!』はやはり言いたい笑。とにかくキャストが素敵すぎる」(ななこさん)

「とにかく鈴木亮平に惚れてる。あんな上司いたらずっとモチベ高いまま仕事できるじゃん。かっこいいし、フォローしてくれるし、間違ってることはちゃんと指摘してくれるし、話し方穏やかだし、仕事できるし。2回見たいと思うくらい最高のドラマ。全身に鳥肌たつ。ドラマのストーリーを通して、医療従事者に敬意とエールを込めてて良い!ドラマの中くらい毎回死者0でいいと思う。そこに現実を求めてどうする??全員最高だよ。医療ドラマ散々見てきたけど、このドラマは本当に素晴らしいと思う」(けいこさん)

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」キャストを紹介

ここではドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」に出演したキャストを紹介します。

  • 喜多見幸太/鈴木亮平
  • 音羽尚/賀来賢人
  • 弦巻比奈/中条あやみ
  • 蔵前夏梅/菜々緒
  • 冬木治朗/小手伸也
  • 徳丸元一/佐野勇斗
  • ホアン・ラン・ミン/フォンチー
  • 赤塚梓/石田ゆり子
  • 千住幹生/要潤
  • 駒場卓/橋本さとし
  • 白金眞理子/渡辺真起子
  • 久我山秋晴/鶴見辰吾
  • 高輪千晶/仲里依紗
  • 深沢陽斗/佐藤寛太
  • 喜多見涼香/佐藤栞里

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」1話〜最終話のあらすじ・口コミ(レビュー)

第1話「待っていては救えない命がある」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第1話 あらすじ

救命救急チーム「TOKYO MER」が発足し、チーフドクターの喜多見幸太(鈴木亮平)は6人の救命医療のスペシャリストたちと働くことになる。そして発足記念式典が行われる中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報が入る。早速チームは現場へ向かうも、事故現場でオペをしなければならない状況に陥ってしまう。
引用:TVログ

「レンアイ漫画家」とはまたぜんぜん違うキャラクターの喜多見(鈴木亮平)。冒頭からイイ体を惜しげもなく披露。目の保養になります!TOKYO MERの緊急車両ERカーがすごい!!プラモデルとか、模型とか作って売り出したら売れそうな気がしますね。すごくかっこいい!!救急救命医が監修して、8トン車を半年かけて改造した架空車両とのこと。未来、実際に登場して活躍するかもしれない車両。まだまだどんな機能があるかわからない未知の車両。これからどんな新たな顔を見せてくれるのか楽しみ!それと東京都知事の赤塚(石田ゆり子)と厚生労働大臣の白金(渡辺真紀子)のバチバチも気になる!ポスト総理の赤白バトルもこれから白熱しそう!7人のチーム内での音羽(賀来賢人)と喜多見のバチバチも引き続き見逃せない!!(佐藤史恵)

第2話「若き研修医が挑む『命を背負う責任』」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第2話 あらすじ

TOKYO MERは鉄骨が落下した事故現場に出動した。再び危険な状況の中でオペをする喜多見幸太(鈴木亮平)に、研修医の弦巻比奈(中条あやみ)は反発する。しかし比奈のミスで患者の命が危険な状態となり、比奈は自信を失う。その後、夏祭りでの爆発事故現場に向かうこととなり、比奈は喜多見に重大オペを任されてしまう。
引用:TVログ

第2話今回2か所にTOKYOMERが出動!喜多見(鈴木亮平)の現場での瞬時の判断と指示が冴えわたっていました。チームメンバーへの的確な指示をしながら、患者への説明もしっかり行う喜多見チーフ。技術だけではなく、ハートが熱いのも魅力ですね!しかし、TOKYOMER解体を狙う白金厚生労働大臣(渡辺真起子)と医局長の久我山(鶴見辰吾)が絵にかいたような悪人(笑)音羽(賀来賢人)はこのふたりをどう思っているんでしょうか。MERメンバーに指示を出す危機管理対策室の駒場室長(橋本さとし)も素敵です。東京都知事の赤塚(石田ゆり子)が久我山の鼻をあかすシーンは最高でしたね。赤塚知事がひとり廊下でMERの成功を「よっしゃー!」と飛び上がりながら喜んでいる後ろ姿はかわいらしかった!ラスト、驚くべき事実が発覚しましたが、、。(佐藤史恵)

第3話「立てこもり事件…人質の少女を救え!」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第3話 あらすじ

立てこもり事件が発生し、凶悪犯が重病の少女を人質に取る。現場に急行したTOKYO MERの喜多見幸太(鈴木亮平)は「少女に薬を渡したい」と言うも、メンツを気にする警察と対立してしまう。そして看護師・蔵前夏梅(菜々緒)が身代わりを要求すると、犯人は夏梅に発砲してしまう。
引用:TVログ

第3話今回は立てこもり事件現場での救助にTOKYOMERが駆けつけました。拳銃を持った男が妻が働く店に立ち入って刺して重傷。他の店員らを傷つけて娘を人質に立てこもっているという現場。妻をまず、救出して緊急手術して救出。しかし、娘が糖尿病の持病があり、危険な状態。以前は、消防との連携でしたが、今回は警察との連携。最初は喜多見(鈴木亮平)と警察とがバチバチにやりあっていましたが、喜多見と看護師の蔵前(菜々緒)の熱意と少女の命の危険が迫る中で、協力体制に。この流れがグッときましたね。看護師として、娘を持つ母として、人質の少女を救うために犯人が立てこもる現場に出向いた蔵前はかっこよかった。蔵前が犯人と一緒にいるところをテレビで見ていた蔵前の娘も看護師になるんじゃないかなと。ナイチンゲールの絵本を持ってましたし。今回は蔵前の母の顔がクローズアップされました。これからもその他のチームメンバーのプライベートや人となりも明かされていくんでしょうね。(佐藤史恵)

第4話「トンネル崩落!移植手術へ命のタイムリミット」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第4話 あらすじ

トンネル崩落事故が起こり、移植手術のための心臓を運搬中の医師が埋まっていることに喜多見幸太(鈴木亮平)は気が付く。新たな崩落も起こる中、千住幹生(要潤)と蔵前夏梅(菜々緒)はガレキの中に突入することを決める。一方で心臓移植をする少女は、オペをする高輪千晶(仲里依紗)とともに到着を待つもタイムリミットが迫っていた。
引用:TVログ

第4話移植用の心臓を運搬時、トンネル崩落事故に巻き込まれるという前代未聞の危機的状況!!TOKYOMERとレスキュー隊に加え、喜多見(鈴木亮平)の元妻で心臓外科医の高輪(仲里依紗)が共闘が熱かった!!トンネル内で崩落が進む中、心臓を運搬中に負傷した医師の命を救う喜多見、レスキュー・千住幹生(要潤)や看護師・蔵前夏梅(菜々緒)。心臓がなかなか届かず、移植を待つ少女の両親と手術を行うチームメンバーたちの間に挟まれ、命の選択を迫られる高輪。なんとかギリギリで心臓が到着し、高輪が移植手術を開始。同時刻でTOKYOMERの中で、足を負傷した医師の手術を行う喜多見。それぞれが置かれた1分1秒を争う危険な状況下で、目の前の命を救うために戦う元夫婦。こんなに通じ合っているふたりがなぜ、別れたのか…。気になりますね~!!(佐藤史恵)

第5話「妊婦に迫る炎!絶体絶命の密室で母子の命を救え」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第5話 あらすじ

喜多見幸太(鈴木亮平)の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)と妊婦が乗ったエレベーターが、急停止してしまう。そしてそこには音羽尚(賀来賢人)と大物政治家・天沼夕源(桂文珍)も乗り合わせていた。徐々に酸素が薄くなる中、妊婦の容体が悪化してしまいMERが出動することになる。しかしMERには、政治家である天沼の救出を優先するよう指示が下りてくるのであった。
引用:TVログ

第5話もう早いもので折り返しですかね~!?恋愛ドラマでよくあるエレベーターに閉じ込められてしまう事件がこのドラマでも勃発!閉じ込められた男女の距離が縮まるきっかけになるというアレです。このドラマで閉じ込められてしまったのは音羽(賀来賢人)と喜多見(鈴木亮平)の妹・涼香(佐藤栞里)。吊り橋効果でふたりの距離がググっと縮まったような気がしました。しかし、今回は大物政治家のために尽くす「官僚」か、目の前の命を救う「医師」かの狭間で揺れた音羽。でも、「医師」として目の前で苦しむ妊婦を優先。喜多見と連携して妊婦と新しい命を救出。そして、音羽が医師と官僚を目指した理由も泣けましたね。ラストの深夜のMER詰所で二階で音羽がもくもくと手術の腕が鈍らぬように手術のトレーニング、一階では喜多見が筋トレをしているシーンは名シーンでした。(佐藤史恵)

第6話「小学生が山で謎の大量失踪…親子の絆を救え」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第6話 あらすじ

18人の小学生が山中で突然いなくなるという謎の事件が発生する。TOKYO MERの喜多見幸太(鈴木亮平)は、子供たちを捜索するためチームメンバーをバラバラにして動く決断をする。そして音羽尚(賀来賢人)や弦巻比奈(中条あやみ)が重傷患者の対応をする中、喜多見は必要な薬が足りなくなりピンチに陥ってしまう。
引用:TVログ

第6話今回も見応えがありました!TOKYO MER VS スズメバチ!!10人以上の子供たちが山の中でハチに襲われ、あちこちに!チームが3つに分かれて捜索、救助。喜多見幸太(鈴木亮平)と麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)弦巻比奈(中条あやみ)・蔵前夏梅(菜々緒)・徳丸元一(佐野勇斗)音羽尚(賀来賢人)とホアン・ラン・ミン(フォンチー)。今回は比奈の成長ぶりが特に目立った回。喜多見がそばにいなくても適切な処置を行い、堂々と命を救っていました。徳丸の秘密兵器のドローンも活躍。予備の点滴を離れた喜多見たちのもとに運ぶ連携は拍手モノでしたね。ホアンのハチに刺されながらの音羽の治療フォローもプロ意識を感じさせるものでした。冬木親子が助かってよかった。冬木自身もハチに刺されていたはずなのに息子のオペをする喜多見のフォローを勝手出るシーンはグッときました。そのふたりのもとに応援に駆け付けた他メンバー。今回もチームが一丸となって死者ゼロ人にしたTOKYOMERの活躍ぶりは素晴らしかったです。(佐藤史恵)

第7話「新たな敵は警察ー追い込まれた弱者を救え!」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第7話 あらすじ

TOKYO MERのメンバーは、外国人労働者が原因不明の症状を訴えたために出動する。集団食中毒かと思われていたが、現場に到着するとなぜか警察官たちが占拠していた。状況が飲み込めない中、喜多見幸太(鈴木亮平)が患者を運ぼうとすると、公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が患者を拘束してしまう。実はこの事件には、喜多見の「空白の1年」とのつながりがあったのだ。
引用:TVログ

第7話「MER了解 出動しまぁす!!」今回は喜多見(鈴木亮平)、冬木治朗(小手伸也)、ホアン・ラン・ミン(フォンチー)の3人で出動。外国人労働者たちが原因不明の症状でバタバタ倒れている。単なる食中毒ではなく、国に10億円を要求してきた犯人によるテロ。今回から喜多見を知る公安刑事・月島しずか(稲森いずみ)が登場。喜多見の空白の1年間を知っている可能性が高い人物ですね。これまでのMERメンバーたちのとんでもない現場で見せる救出劇に、テロリストと喜多見とのつながりを巡る謎がプラスされ、おもしろさが倍増!!今回はホアンの熱演が光った回。同じ外国人の労働者が虐げられている現場で、傍観を命じられた警察官たちの心を揺さぶり救護に参加させたシーンは胸アツでした。そして、テロリストのツバキが城田優さん。来週どんな動きを見せるのか楽しみ!!(佐藤史恵)

第8話「暴かれた禁断の過去!仲間との絆に、終焉ー」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第8話 あらすじ

ある病院で停電が起こり、全ての医療機器が停止するという事態が発生する。喜多見幸太(鈴木亮平)たちMERは出動するも、音羽尚(賀来賢人)は喜多見の空白の1年のことを知ってしまい反発する。そして音羽が喜多見に「命令には従わない」と断言したことで、MERは崩壊の危機に陥ってしまう。
引用:TVログ

第8話今度は自然災害。大雨で停電に見舞われ、病院の緊急用の電源が切れそうに。人工呼吸器など電気で動いている機械なしでは生きられない患者たちが多数。そんな現場に向かう途中で音羽(賀来賢人)が空白の一年を秘密にしている喜多見(鈴木亮平)にメンバーには明かすように言うも、赤塚知事(石田ゆり子)からの口止めで黙秘。不信感を募らせた音羽は現場で喜多見の指示を聞こうとしません。喜多見の見事な采配で患者たちの保護をしますが、救急車が別の土砂崩れで遅れるとの情報。MERから取った電源もまもなく切れてしまう。。まさに万事休す!!そこで喜多見は土砂崩れの危険がある外の発電機へ。そして過去についてメンバーに告白。喜多見は泥まみれで発電機を直して復旧したものの、感電。喜多見のもとに向かうMERメンバーたち。呼吸していない喜多見の蘇生措置をメンバー全員で行う姿は感動的でした。そして、まさか音羽が空白の一年についてウソの報告書をあげるとは。。もう完全にチームメンバーですね。音羽さん。(佐藤史恵)

第9話「大使館で事故!突入すれば国際問題…究極の選択」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第9話 あらすじ

外国大使館で二酸化炭素中毒事故が発生し、MERのメンバーは現場に向かうが「大使館内は各国の領土」という法律の壁が立ちはだかる。その頃、都知事・赤塚梓(石田ゆり子)が倒れたため指揮官が不在になっていた。そして喜多見幸太(鈴木亮平)とレスキューの千住幹生(要潤)は救助に行ったものの、患者と一緒に地下駐車場に閉じ込められてしまう。
引用:TVログ

第9話赤塚都知事(石田ゆり子)が持病の心臓病で余命3ヶ月ということが判明。助かる見込みのある手術は厚労省の認可が下りていない。どこまで厚労省は赤塚の壁になるんだ!!厚労省大臣の白金(渡辺真起子)が赤塚が倒れている間に指揮を執りはじめる。今回は大使館の中での事故。大使の許可がないと立ち入れない。しかし、大使と連絡が取れず。国際問題になりかねない。目の前の命を救いたい、喜多見(鈴木亮平)らMERメンバー。病床の赤塚がすべて責任を取ると大使館の中での治療を指示!消防とMERメンバーたちが命懸けで二酸化炭素がまん延する地下駐車場へ。喜多見と消防の千住(要潤)とが協力して患者を救出。このときの共闘が良かったですね!しかし、千住は一時心肺停止。「戻ってこーい!」状態に毎週毎週生死をさまよう状況が登場するこのドラマ。来週もまた誰かが大ピンチになるのでしょうか。いよいよテロ組織が動き出しそうな予感。喜多見の過去が明るみに出てしまい、いったいどうなるのか!来週も目が離せませんね!(佐藤史恵)

第10話「最終章前編 ついに死者が…?誰よりも守りたい人」

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」第10話 あらすじ

喜多見幸太(鈴木亮平)がテロ組織と関わっているという報道が出てしまい、喜多見はMERへの出勤が停止となってしまう。そんな中、ある大学で爆破事件が発生し、喜多見と音羽尚(賀来賢人)は急いで駆け付ける。しかしそれはエリオット・椿(城田優)の罠で、現場を見た大学生が喜多見をテロリスト扱いしてしまう。
引用:TVログ

第10話音羽(賀来賢人)を守るためにと、厚生労働大臣・白金(渡辺真起子)の部下・久我山(鶴見辰吾)に騙され、兄の喜多見(鈴木亮平)の過去を告白してしまった涼香(佐藤栞里)。喜多見の過去がネットで拡散され、テロリストとのレッテルがはられて大炎上。TOKYOMERの活動が制限されてしまいます。そして、喜多見と音羽が爆破があった大学へ急行。大学へ行くと爆破の影響で教授と生徒がケガを追っていて予断を許さない状況。目の前の命を救おうとする喜多見と音羽にネットでの炎上状態を見て協力をしようとしない学生たちがバトル。生徒たちを逃がすと新たな爆破をするとテロリストから脅迫。全員の命を救いたい喜多見。そして音羽。喜多見たちがまたゴリゴリに追い詰められます。テロリストの椿(城田優)、公安、政府、周りにいる学生たちがただ目の前の命を救いたい喜多見の行く手を阻む。ネットの情報を見てテロリストだと信じ込む学生たちは、音羽と喜多見の決死の治療を見て心を動かされていくシーンが良かった。喜多見に「助けたことを後悔させる」といった椿が有言実行。まさか涼香を手にかけるとは。。恐ろし過ぎる椿。なぜ助けた喜多見を敵視するのか!?次週の最終回で明らかになるのでしょうか。。(佐藤史恵)

最終話

「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」最終話 あらすじ

【最終回】妹の喜多見涼香(佐藤栞里)を亡くした喜多見幸太(鈴木亮平)は、MERを脱退することを告げる。そして赤塚梓(石田ゆり子)は意識不明となってしまい、音羽尚(賀来賢人)は大物政治家・天沼夕源(桂文珍)に逆らえずMERはこのまま消滅しようとしていた。そんな中、エリオット・椿(城田優)が連続爆破事件を起こし、多くの負傷者が出てしまう。
引用:TVログ

最終話妹の涼香(佐藤栞里)の命を救えなかったことで自分を責める喜多見(鈴木亮平)。喜多見が紛争地域に行った際にたまたまテロリストのツバキ(城田優)を助けてしまった過去まで自身で責める始末。メンバーたちに「MERは解散すべきだと思います」と伝えて自宅に引きこもってしまいます。ここで登場したのが元妻の高輪(仲里依紗)。喜多見のもとにやってきて説得しはじめます。テロ被害の現場で治療にあたるメンバーたちのマイクのやりとりを聞かせて説得。これは心がゆさぶられましたね。そのときに今まで喜多見のそばで頑張ってきたMERメンバーたちがひとりひとりが命懸けで頑張る姿、成長する姿を映した映像が流れて。。今まで喜多見がやってきたことが間違ってなかったと思わせるシーン。この時点で21時51分。自宅でモヤモヤしてる喜多見。このままウジウジしたまま終わるわけないよね!と思った瞬間、音羽(賀来賢人)の大ピンチシーンに颯爽と現れるヒーロー喜多見!!そして、銃で撃たれて瀕死状態になってしまった妹の仇であるツバキをまた救ってしまうという。。「目の前の命を救う」を全うした喜多見。そしてTOKYOMER。100%、らしいラストでした!(佐藤史恵)

Paraviでは、ほかにこんな作品が見られます

ここではParaviで見ることができるおすすめの作品を紹介します。

Paraviで見れる国内ドラマ

恋はつづくよどこまでも
逃げる恥だが役に立つ
大恋愛〜僕を忘れる君と〜
3年B組金八先生
半沢直樹
テセウスの船
SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜

Paraviで見れる国内映画

ROOKIES -卒業-
溺れるナイフ
孤狼の血
バクマン。
モテキ
賭ケグルイ
ビリギャル

ほか多数

ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」を無料視聴する方法まとめ

こちらでは、ドラマ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」を無料視聴する方法をご紹介しました。今回紹介した動画配信サービス「Paravi」を利用すれば安全に視聴することができますので、ぜひ「TOKYO MER〜走る緊急救命室〜」を楽しんでください!

※ページの情報は2021年9月12日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が運営するWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

よく読まれている記事