カテゴリ一覧

TVログバナー
大豆田とわ子と三人の元夫,動画

200人に聞いた!坂元裕二脚本ドラマ人気ランキングベスト13

#高橋一生 #広瀬すず #瑛太 #坂元裕二 #岡田将生 #松たか子
2021年10月5日 by

2021年春ドラマで話題になったのが坂元裕二さん脚本の「大豆田とわ子と3人の元夫」。このドラマをきっかけに過去の坂元作品を見返した人も多いのではないでしょうか。

TVマガでは坂元裕二脚本で好きなドラマを200人にアンケート調査してランキングを作成。ドラマの概要と合わせて感想コメントも紹介していきます。

引用: FOD


脚本家・坂元裕二関連記事はこちら!

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング1位 大豆田とわ子と三人の元夫

大豆田とわ子と三人の元夫,動画

引用: FOD


第1位は「大豆田とわ子と三人の元夫」。これまで人生で3度結婚し、3度離婚している大豆田とわ子(松たか子)と中村慎森(岡田将生)、佐藤鹿太郎(角田晃広)、田中八作(松田龍平)の個性的な3人の元夫たちとのふれあいを描くロマンティックコメディー。坂元裕二さんの脚本らしい日常に潜む細々とした事柄や、人間の機微とユーモアを巧みに入れ込んだ大人の会話劇は大きな反響を呼びました。

大豆田とわ子と三人の元夫:ドラマ情報

フジテレビ系 火21:00~21:54
放送 2021年4月13日~
出演  松たか子 岡田将生 角田晃広 松田龍平 市川実日子 高橋メアリージュン
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「とわ子と3人の夫たちのやり取りが、とても良かったです。劇的なストーリーではないが、なかなか先が読めない展開も、面白かったです」(リンリン)

「各キャラクターの存在感や面白さとは別に、兎にも角にもセリフの一言一言が1ミリたりとも聞き逃したくないと思えるくらい面白かった。個性的なんだけど、どこか憎めないというか、その人にしかわからないこだわりや面倒臭さのようなものが、ありえないと思いながらも自分にも思い当たることがあったりで、すべての登場人物が愛しかった」(erina)

「三人の夫がみんな個性的でおもしろく、松たか子演じるとわ子と繰り広げられる会話劇が短編小説を読んでいるようでとても面白かった。また離婚や友人の死を悲劇的なストーリー展開にせず、日常の中でおこるできごととして描かれていてとても考えさせられた」(ゆり)

「松たか子さん演じるとわ子が3人の元夫たちと一緒にいるところが見どころだと感じました。どうして3人の元夫たちがとわ子と結婚したのか、とわ子に惹かれてしまった点などを考えながら観ていました。恋愛、結婚について前向きに考えることができる素晴らしい作品になっていました」(kinさん)

愛しくかわいらしい大人たちの会話劇。坂元脚本作品の新たな代表作になりました

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング2位:カルテット


引用: Hulu


第2位は「カルテット」。巻真紀(松たか子)、世吹すずめ(満島ひかり)、別府司(松田龍平)、家森愉高(高橋一生)のワケアリで個性的な4人が織り成すラブサスペンス。弦楽四重奏「カルテットドーナツホール」として冬の軽井沢で共同生活をしながら演奏活動する4人が抱える秘密や恋を描きました。

カルテット:ドラマ情報

TBSテレビ系 22:00-22:54
放送 2017年1月17日~3月21日
出演 松たか子 満島ひかり もたいまさこ 宮藤官九郎 高橋一生 松田龍平 イッセー尾形 吉岡里帆 菊池亜希子 富澤たけし
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「初回から独特の空気に魅了されました。登場人物のクセのあるキャラクターといい、冗長なセリフまわしといい、明るさと嫌な感じが合わさったストーリーといい、今まで見てきたドラマとは異なる世界観で、最後までにやにやどきどきしながら鑑賞しました」(わかこ)

「4人の会話劇がとにかく面白い。いろいろな名言が出てきて心にずっと残ります。まさかの展開があったり、すごく惹きつけられます。主演の4人が実力派俳優、周りを囲む俳優さんも実力派でキャスティングも素晴らしい。ドラマの世界に没頭できます」(aiko)

「キャスト・ストーリー・演出・セリフ・衣装など全てがツボです。1話の唐揚げにレモンのシーンが特に好きで、よく家で会話をマネしています(笑)それくらい大好きなドラマです。何度観返しても飽きません!」(miku)

めんどくさいけど憎めない坂元ドラマ独特のキャラクターたち。その個性が際立っていました

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング3位:Mother


引用: Hulu

第3位は「Mother」。小学校教師・鈴原奈緒(松雪泰子)が、虐待されていた子供・道木怜南(芦田愛菜)を救うため誘拐。継美と名付けて親子に成り済まし逃避行するヒューマンサスペンス。自分を捨てた母・望月葉菜(田中裕子)との再会や、継美との交流を通して“母性”に目覚めていく姿を描く。アジアやヨーロッパなど海外でも高く評価され、リメイクされています。

Mother:ドラマ情報

日本テレビ系 水 22:00 〜 22:54
放送 2010年4月14日~6月23日
キャスト  松雪泰子 山本耕史 酒井若菜 倉科カナ 芦田愛菜 尾野真千子 綾野剛 高畑淳子
田中裕子
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「タイトル通り何人も母親が出てきますが、複雑な事情が折り重なりつながり、回が進むに従って過去にさかのぼる深いストーリー構成が圧巻でした。母性とは何かと絶えず問いかけられた物語に胸がいっぱいになることが多々ありましたが、希望を感じるラストシーンに救われました。芦田愛菜のすごさを知った一作でもあります」(えり)

「正義とは何か、正しいとは何かを深く考えさせられるところです。そして芦田愛菜ちゃんの演技に毎回泣かされます。苦しいけど何度も観たくなる作品です」(nana)

「ストーリーとしては重い内容でしたが、松雪泰子、芦田愛菜などの演技やキャスティングもよくて、4人それぞれの母親の境遇がうまく描かれていて、女性の生き方のリアルさがあって引き込まれていくストーリー展開が好きです」(ゆー)

「東京ラブストーリー」のようなトレンディドラマとはまた違う人間の本質に迫るヒューマンドラマです

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング3位:最高の離婚


引用: FOD


同じく第3位は「最高の離婚」。東日本大震災発生時に出会って結婚したものの、ケンカが絶えない濱崎光生(瑛太)と結夏(尾野真千子)。衝撃的事実を隠し持つ、光生の元カノの上原灯里(真木よう子)、その夫・諒(綾野剛)の2組の夫婦を通して「結婚とは、夫婦とは、離婚とは」を問うラブ&ホームコメディー。

最高の離婚:ドラマ情報

フジテレビ 木 22:00~22:54
放送 2013年1月10日~3月21日
出演 瑛太 尾野真千子 真木よう子 綾野剛 八千草薫 市川実和子 松尾諭 窪田正孝 芹那
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「主演の2人の軽快でテンポの良い夫婦喧嘩が面白い。どこにでもありそうで、誰でも抱えていそうなことだけど、きらりと光るセリフがある」(yuko)

「離婚にまつわる2組の夫婦としての在り方の見方が独特で、共感する部分と共感できない部分があり、そこがとても面白くてはまりました。会話劇なので聞き漏らすまいと真剣にドラマに入り込んでしまい、ドラマ終了後はへとへとになっていました。見ごたえのある大好きなドラマです」(niko)

「まずキャストがこのドラマにぴったりで、主演に瑛太さんが出演しているところが良いです。また内容もタイトルから想像される「離婚」のドラマとは違く、コメディータッチなので、何度見ても笑わせてくれます」(えいちゃん)

ヘリクツばかりで細かい光生と強気で大雑把な結夏の口喧嘩シーンは絶品です

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング3位: 東京ラブストーリー


引用: FOD


同じく第3位は「東京ラブストーリー」。田舎から東京の会社にやってきた永尾完治(織田裕二)と同僚の赤名リカ(鈴木保奈美)、完治の幼なじみの関口さとみ(有森也実)、完治の同級生・三上健一(江口洋介)の4人の恋模様を描くラブストーリー。「月9」という言葉を生み出すきっかけとなったドラマ。またトレンディドラマブームの火付け役となった作品でもあります。

東京ラブストーリー:ドラマ情報

フジテレビ系 月21:00~21:54
放送 1991年1月7日~3月18日
出演  鈴木保奈美 織田裕二 江口洋介 有森也実 千堂あきほ 西岡徳馬
脚本 坂元裕二
原作 柴門ふみ

選んだ理由

「なんといっても、ドラマ史に残る後世に伝えたい作品のひとつであることは間違いありません。都会的なワードセンス、ヒリヒリハラハラする展開、誰もがみんなあんな恋をしてみたいと思っていました」(nina)

「恋愛ドラマの王道という感じ。恋の始まりのドキドキ感や、恋がうまくいっている時の幸福感、気持ちのすれ違いや別れの切なさなど、ドラマを通して疑似体験できるようなところが素晴らしいです。ストーリーもおもしろかったですし、俳優さんも役にぴったりでよかった」(くー)

「当時、かなり話題になっていたので見ていたが、リカの奔放さとカンチの振り回されっぷりが毎回釘づけだった。あとはタイプとしては多いであろう、さとみの立ち位置などもハラハラさせる要因だったかと思う。あとはなんといっても主題歌、小田和正のラブストーリーは突然にもはずせない。イントロやサビを聞くと一瞬で当時のことを思い出す。何十年経った今でも記憶に残るドラマだった」(pupu)

カンチとリカの切ない恋模様に日本中が夢中に!今でも語り継がれるラブストーリーの金字塔的作品です

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング6位:いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう

引用: FOD


第6位は「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」。育ての親のもと、北海道で暮らしていた杉原音(有村架純)と東京の運送会社で働く曽田練(高良健吾)が運命的に出会い上京。練の悪友の中條晴太(坂口健太郎)、錬の恋人・日向木穂子(高畑充希)ら、地方から都会に出た若者たちが懸命に生きる姿を描いた青春群像劇です。

いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう:ドラマ情報

フジテレビ系 月21:00 〜 21:54
放送 2016年1月18日~3月21日
キャスト  有村架純 高良健吾 高畑充希 西島隆弘 森川葵 坂口健太郎 芳根京子
永野芽郁 桜井ユキ 高橋一生 満島ひかり 松田美由紀 小日向文世 八千草薫
脚本 金子茂樹

選んだ理由

「生い立ち、家庭の様々な事情を抱える背景が描かれる重苦しいドラマですが、夢を抱いて東京に出てきた若者が思うようにならない現実や恋にもがきながらもひたむきに前を向いていく様子や道ばたにひっそりと咲く花を見つけ、ささやかな幸せを感じる純粋で優しい主人公たちの気持ちに心温かくなる。主題歌も切なくぴったり」(sana)

「男女6人が、それぞれの境遇で不器用ながらも幸せを求めて、日常を過ごしている姿に共感しました。印象的なセリフがたくさん出てきて、繰り返し観たくなる作品です」(さえちゃん)

世知辛い都会で生きる若者たちを淡々と描くドラマ。なにげないセリフ、ワンシーンが心に何度も何度も刺さります

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング7位:西遊記

第7位は「西遊記」。中国の古典小説「西遊記」をモチーフにした泰平をもたらす経典を求めて理想郷・天竺を目指す法師と妖怪一行の旅を描く物語。天竺に向けた道中で、三蔵法師(深津絵里)、孫悟空(香取慎吾)、沙悟浄(内村光良)、猪八戒(伊藤淳史)たちをさまざまな出会いが待ち受ける。ドラマ放送後には映画化もされて、大きな話題になりました。

西遊記:ドラマ情報

フジテレビ系 月21:00~21:54
放送 2006年1月9日~3月20日
キャスト  香取慎吾(SMAP) 内村光良(ウッチャンナンチャン) 伊藤淳史 深津絵里
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「全世代で楽しめるようなドラマで、少年漫画や特撮ヒーローのようなイメージの作品でした。だから、当時の月9としては異例な感じがしたけど、シンプルに正しいものが勝つ感じが観ていてスカッとして痛快なドラマで好きでしたね。あと、香取さんをはじめとして内村さんや伊藤さんなど、コミカルで表情豊かな演技をされる俳優さんがたくさん出演されていたので、とても華があるワクワク感が楽しめるドラマでした」(rena)

「このドラマを一言で表すと、笑いあり涙ありの友情ドラマ。私はそんなにドラマを見る方ではないが、西遊記は毎週楽しみにしていて、リアルタイムで見ていた。実際に放送されていたのは10年以上も前だが、今でもはっきり覚えている。ドラマを見る前から西遊記の内容を知っていたが、ドラマの内容は異なる部分が多かったため、新鮮な気持ちで楽しみにみることができた」(ゆうた)

おなじみの「西遊記」を坂元さんが脚色し、オリジナルのストーリーを制作。新しい「西遊記」の魅力を届けました

8位:それでも、生きてゆく

それでも、生きてゆく,動画

引用: FOD


第8位は「それでも、生きてゆく」。15年前に起こったとある悲しい事件の被害者の兄・深見洋貴(瑛太)と加害者の妹・遠山双葉(満島ひかり)が出会い、時が止まってしまった家族が希望を見出していく物語。重いテーマながら、坂元作品ファンの間では人気が高いドラマです。

それでも、生きてゆく:ドラマ情報

フジテレビ系 木22:00 〜22:54
放送 2011年7月7日~9月15日
キャスト  瑛太 満島ひかり 風間俊介 田中圭 安藤サクラ 段田安則 小野武彦 柄本明 風吹ジュン 時任三郎 大竹しのぶ 山本舞香
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「ある事件の被害者家族と加害者家族がそうと知らずに出会い、お互い小さな闇を抱えながら関係性を深めていく。難しいテーマだからこそ、坂元裕二さんが紡ぎ出すセリフが存分に活かされていたように感じます。重たいシーンもたくさんありましたがとても引きこまれるドラマで見応えがありました」(きりた)

「初めて観た時に、強い衝撃を受けた。好きとはまた違うと思うが、強烈な印象が残っている。
被害者の兄と、加害者の妹。絶対に交わることが許されない2人が惹かれあってしまう、お互いや家族の葛藤がひどく苦しかったことを覚えている」(rika)

第49回ギャラクシー賞、ザテレビジョンドラマアカデミー賞など多数の賞を総なめした作品です

「それでも、生きてゆく」は動画配信サイト FOD で視聴することができます!

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング9位:anone

anone,動画

引用: Hulu


第9位は「anone」。「Mother」(2010年)、「Woman」(2013年)に続く坂元脚本のヒューマンドラマ。家族を失い、社会からもはぐれた少女・辻沢ハリカ(広瀬)が、老齢の女性・林田亜乃音(田中裕子)、死に場所を探している青羽るい子(小林聡美)と持本舵(阿部サダヲ)らと出会い、真実の人間愛を見つけていく物語。

anone:ドラマ情報

日本テレビ系 水22:00 〜23:00
放送 2018年1月10日~3月21日
キャスト  広瀬すず 小林聡美 阿部サダヲ 瑛太 火野正平 田中裕子 清水尋也 江口のりこ
川瀬陽太 鈴木杏 蒔田彩珠
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「それぞれの主要人物が各々の悩みや問題を抱えているが、全く関係のなかった4人が家族の様に暮らしながらも犯罪の共犯に巻き込まれ、その中でもそれぞれがそれぞれを思いやる姿が心に染みるなと思う。特にハリカとあのねさんの親子のようになっていく様子がとても好きだった」(れい)

「広瀬すずさんの名演技に泣けました。脇をかためる俳優さんたちも本当に豪華でわくわくしました。ハズレと言われていたハリカちゃんの過去は胸が痛すぎますが、それでもちゃんと生きてきて、いろいろな感情を知ることができてよかったと思う反面、犯罪に手を染めていていたり信頼している人との別れがあったりでまだ痛めつけるかという残酷な場面が多すぎて深く考えさせられるドラマでした」(marika)

ハリカが憧れる彦星に清水尋也さん、るい子の前に現れるアオバを蒔田彩珠さんら若手実力派が出演しています

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング9位:モザイクジャパン

モザイクジャパン,動画

引用: Hulu


同じく第9位は「モザイクジャパン」。東京の証券会社をリストラされた主人公・常末理市(永山絢斗)が故郷で再就職した会社は九井良明(高橋一生)が社長を務めるAVメーカー。AV業界に乗っ取られた田舎町を舞台にした、新しい形の社会派エンターテインメントドラマ。

モザイクジャパン:ドラマ情報

WOWOW系 日23:00 〜23:30
放送 2014年5月18日~6月15日
キャスト  永山絢斗 高橋一生 ハマカワフミエ
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「町全体がアダルトの世界という設定や、アダルドビデオ会社として現実にありそうな感じがよかった」(よーこ)

「内容が過激だったけど面白い。高橋一生さんの不思議な社長が素敵すぎます」(rinako)

アダルト業界を描いたかなり攻めた内容のドラマで話題になりました

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング9位:問題のあるレストラン

問題のあるレストラン,動画

引用: FOD


同じく第9位は「問題のあるレストラン」。浮気夫、男尊女卑男、セクハラ上司、不倫男などに耐えてきた田中たま子(真木よう子)らさまざまな問題を抱えた女性たちが雑居ビルの屋上テラスにレストランをオープン。女たちをバカにしてきた男たちのレストランとのバトルを描く物語。

問題のあるレストラン:ドラマ情報

フジテレビ系 木22:00 〜22:54
放送 2015年1月15日~3月19日
キャスト  真木よう子 東出昌大 二階堂ふみ 高畑充希 松岡茉優 臼田あさ美 YOU 安田顕 菊池亜希子 風間俊介 菅田将暉 杉本哲太 吹越満
脚本 坂元裕二

選んだ理由

「真木よう子演じるたま子をはじめとする女性たちが、セクハラや男尊女卑の考え方をしている男性に対して立ち向かっていくところに勇気をもらいます。女性だからって働くことを諦める必要がないんだという気持ちになれます」(ライム)

「女性が社会で直面する壁や課題、葛藤を鋭い切り口で描いているところです。登場する女性達は性格も信念も価値観も多様ですが、置かれた立場でもがき精一杯に生きているところは誰もが同じで、彼女らを応援しながら、自分も勇気づけられたような気がします」(RORA)

レストランを出すメンバーを真木よう子さんのほか、二階堂ふみさん、高畑充希さん、 松岡茉優さん、臼田あさ美さん、YOUさんと豪華過ぎるキャストが演じます

坂元裕二脚本ドラマ人気ランキング12位~13位はこちら!

12位: 愛し君へ
13位: あなたの隣に誰かいる
13位: さよならぼくたちのようちえん
13位: スイッチ
13位: チェイス〜国税査察官〜
13位: トップキャスター
13位: リモート
13位: 二十歳の約束

坂元裕二脚本映画人気ランキング1位~6位はこちら!

1位: 世界の中心で、愛をさけぶ
2位: 花束みたいな恋をした
3位: 西遊記
4位: 就職戦線異状なし
5位: ユーリ ЮЛИИ
6位: TOKYO EYES
6位: ギミー・ヘブン

まとめ

どの作品も見返すたびに発見がある坂元作品。動画配信サービスでまだ見ていない作品やお気に入りの作品をチェックしてみてください。

※アンケートの調査方法:10~50代以上の男女(性別回答しないを含む)を対象に、公式Twitterアカウントや、他インターネットでリサーチしたアンケート結果を集計しております。

※ページの情報は2021年10月5日時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。


TVマガ編集部

「TVマガ(てぃびまが)」は日本最大級のドラマ口コミサイト「TVログ(てぃびろぐ)」が運営するWEBマガジンです。人気俳優のランキング、著名なライターによる定期コラム連載、ドラマを始め、アニメ、映画、原作漫画など幅広いエンターテインメント情報を発信しています。

よく読まれている記事